平昌アルペンシア、「正東津日の出・ハッピー700平昌列車の旅」発売

2017年05月17日

電車やバスで行く正東津・江陵・アルペンシア・平昌一周コース

 

평창700_열차여행 平昌アルペンシアリゾートとコレール江原本部は、列車とバスを結合したレールシティツアー商品「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」を発売した。

「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」は、1泊2日の日程で清涼里駅から出発して正東津(チョンドンジン)‐江陵(カンヌン) – アルペンシア‐平昌(ピョンチャン)を巡る。今回の商品は、江陵と平昌、アルペンシアリゾートが持つ優れた観光資源と電車やバスの旅が与えるロマンが一つになって、さらに魅力的な商品になると思われる。特に韓国人と外国人の両方の利用が可能となり、これまでの移動手段が不便だった外国人個別観光客にも冬季オリンピックの開催地である平昌と江陵、東海(トンヘ)をより手軽に訪れることができる機会となるだろう。

パッケージのプログラムは、正東津行きの夜行列車に乗って日の出を見た後、江陵の安木カフェ通り、烏竹軒(オジュッコン)、中央市場、アルペンスキージャンプタワー、大関嶺三養牧場、五台山(オデサン)月精寺(ウォルチョンサ)、珍富(チンブ)伝統市場、ハーブの国など江陵と平昌の主な観光地を巡る日程で構成されている。宿泊は平昌アルペンシアリゾート内の5つ星ホテルであるホリデイインリゾート。

11月23日まで販売される「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅(1泊2日)」に関する詳細な問合せおよび予約はコレールのホームページ(www.letskorail.com)または(資)モア観光(033-531-5115)を通して可能だ。価格は平日大人基準19万8千ウォン。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

慶州さくらマラソン

「第24回慶州さくらマラソン」開催

「第24回慶州さくらマラソン」開催  新羅の息遣いと桜が調和した美しい慶州にて「第24回慶州桜マラソン大会」が2015年4月4日午前8時、慶州世界文化エキスポ広場の前からスタートする。慶州市と読売新聞西部本社が共同で主催し、慶州市体育会が主管する今大会には、1万3千人余りの国内マ…続きを読む

全羅北道バス

全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。 「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

白羊寺

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」 全羅南道長城郡に位置する白羊寺双溪楼の紅葉の絶景。内蔵山国立公園にある白岩山白羊寺は、屏風のような白鶴峰と境内のあちこちにあるもみじが調和し、韓国最高のもみじの名所として知られる。特に双溪楼を背景にした紅葉の絶景が白眉とされて…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

慶尚北道プロモーション

「慶尚北道へようこそ」 東京で観光プロモーション開催

 慶尚北道観光公社(社長・金大祐)は、慶尚北道と共同で8月25日から4日間、日本人観光客誘致に向けた観光広報キャンペーンを実施し、注目を集めた。 今回の広報キャンペーンは、9月1日から始まったティーウェイ航空による成田空港・大邱空港間の定期路線就航を控えた日本人観光客の慶北誘致の…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02