平昌冬季オリンピックの熱気を日本に! 江原道知事が東京で広報活動を実施

2017年04月18日

강원도_도쿄프로모션

来年2月9日から開催されるスポーツの祭典、平昌冬季オリンピック・パラリンピックの魅力を伝える「平昌五輪広報ゾーン」の除幕式が4月11日午後3時より東京・新宿のコリアセンターにて行われ、五輪開催地である江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事をはじめ、李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大使や古尾谷光男・全国知事会事務総長のほか、韓国文化院、農林水産物流協会など、日本国内の韓国関連機関の関係者および一般市民も参加しながら約300名が集まった。

除幕式にて崔文洵知事は2018年平昌から始まり、2020年東京、2022年北京と2年ごとにアジアでオリンピックが開催されることから、世界中からアジアに対して関心が高まると説明しながら、アジア時代の開幕を予測。また、今年2月に行われたテストイベントには、日本からもスター選手たちが参加し大会がたいへん盛り上がり、来年また平昌で日本の選手たちとの再開を楽しみにしていると語った。

その後、挨拶に立った李俊揆大使は、政治的には日韓関係があまり良好でないことから心配している人も多いが、過去日韓関係が一番よかった時期が日韓ワールドカップ開催当時だったとし、来年韓国で開催される平昌オリンピック、そして日本の東京オリンピック開催が続くことにより、より良好な日韓関係時代へとむかう契機だと力強くと語り、参加者たちから大きな拍手を受けた。

除幕式の後に崔文洵知事は2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会を訪問、森喜朗会長と面談を通じて、五輪開催地域間の経済協力フォーラムへの出席を要請したほか、平昌五輪と東京五輪が連携された共同広報など包括的な協力体制の構築について論議を行った。

その日の夜には韓国メディア特派員たちとの懇親会、そして翌日には日本のマスコミ関係者との懇親会の場にて平昌五輪の準備状況やテストイベントについての結果を報告しながら、開催まで300日余りに迫るなか、盛り上がる平昌五輪の雰囲気を伝え、日本からの訪問客誘致活動を行った。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

강원도 열차1

美しい江原道にご招待します!

江原道の観光 1. Beauty of Gangwon 美しい江原道に、皆様をご招待します。 2. 韓国の国民が選んだ最高の休養地 3. 韓流の元祖 – イ・ミノ/パク・シネ主演 「相続者たち」 – ぺ・ヨンジュン/チェ・ジウ主演「冬のソナタ」 &#821…続きを読む

스마트투어가이드_한국관광공사_정창수

韓国観光公社、平昌冬季五輪連携日本市場ブームアップ開始

韓国観光公社、平昌冬季五輪連携日本市場ブームアップ開始  韓国観光公社(社長・鄭昌洙/写真)は、5月18~24日、東京、大阪、福岡で「2017日本地域韓国文化観光大典」を開催する。 韓国観光公社は、江原道、平昌冬季オリンピック組織委員会、韓国旅行業協会と旅行業界の社長団、観光ベン…続きを読む

강화읍_가이드북

江華郡、日本の観光客対象の観光パンフレット発刊

 仁川江華郡と仁川観光公社が日本の観光客を対象にした江華グルメ観光パンフレット(写真)を発刊した。仁川江華郡は2018年度の「今年の観光都市」を控え、最近、日本人個別観光客の増加に従って、日本語のグルメパンフレットを2千部発刊したと明らかにした。 今回の観光パンフレットには、日本…続きを読む

DDP_ディオール展

ディオール、「エスプリDIOR」展をDDPでオープン

 フランスの高級ブランドであるディオールの「エスプリ・ディオール‐ディオール精神」展が8月25日まで東大門デザインプラザ(DDP)で開催される。今回の展示会では、ディオールのドレス・香水・アクセサリー・写真・記録等が展示され、世界的なブランドのディオールならではの独歩的なブランド…続きを読む

KTX_便宜改善

「KTXで手軽にデジタル機器の充電を」

 韓国鉄道公社(コレール)が現在運行中のKTXの全客席にコンセント設置作業を終えたと明らかにした。コンセントはコレールが保有するKTX車両の1020両全てに充電用電源コンセント1口とUSBポート2口を一つにした「混合型コンセント」を設置した。 KTX-1車両には、客室壁の窓と窓の…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

청와대사랑채

青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成 韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営  韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。  昨年、韓国人27万人、外…続きを読む

nothumbnail

「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売

日本人観光客シャトルバスで全州へ 日本人の個人旅行者対象「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売  韓国観光公社と全州市が共同で、11月9日までの毎週金・土・日曜日にソウル‐全州を往復する有料シャトルバス商品を運行する。   全州シャトルバスは、ソウルに集中している日本人観…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02