平昌冬季オリンピックの熱気を日本に! 江原道知事が東京で広報活動を実施

2017年04月18日

강원도_도쿄프로모션

来年2月9日から開催されるスポーツの祭典、平昌冬季オリンピック・パラリンピックの魅力を伝える「平昌五輪広報ゾーン」の除幕式が4月11日午後3時より東京・新宿のコリアセンターにて行われ、五輪開催地である江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事をはじめ、李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大使や古尾谷光男・全国知事会事務総長のほか、韓国文化院、農林水産物流協会など、日本国内の韓国関連機関の関係者および一般市民も参加しながら約300名が集まった。

除幕式にて崔文洵知事は2018年平昌から始まり、2020年東京、2022年北京と2年ごとにアジアでオリンピックが開催されることから、世界中からアジアに対して関心が高まると説明しながら、アジア時代の開幕を予測。また、今年2月に行われたテストイベントには、日本からもスター選手たちが参加し大会がたいへん盛り上がり、来年また平昌で日本の選手たちとの再開を楽しみにしていると語った。

その後、挨拶に立った李俊揆大使は、政治的には日韓関係があまり良好でないことから心配している人も多いが、過去日韓関係が一番よかった時期が日韓ワールドカップ開催当時だったとし、来年韓国で開催される平昌オリンピック、そして日本の東京オリンピック開催が続くことにより、より良好な日韓関係時代へとむかう契機だと力強くと語り、参加者たちから大きな拍手を受けた。

除幕式の後に崔文洵知事は2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会を訪問、森喜朗会長と面談を通じて、五輪開催地域間の経済協力フォーラムへの出席を要請したほか、平昌五輪と東京五輪が連携された共同広報など包括的な協力体制の構築について論議を行った。

その日の夜には韓国メディア特派員たちとの懇親会、そして翌日には日本のマスコミ関係者との懇親会の場にて平昌五輪の準備状況やテストイベントについての結果を報告しながら、開催まで300日余りに迫るなか、盛り上がる平昌五輪の雰囲気を伝え、日本からの訪問客誘致活動を行った。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

ハナツアー博覧会

2015ハナツアー旅行博覧会、6月5〜7日に開催を確定

2015ハナツアー旅行博覧会、6月5〜7日に開催を確定 高楊市KINTEX6〜8ホールに世界860以上のブース参加   韓国最大の旅行会社ハナツアーが主催する「2015ハナツアー旅行博覧会(HANATOUR International Travel Show 2015)…続きを読む

nothumbnail

BOYS AND MEN、江原道観光広報大使に

江原道は2月19日、平昌にある静江園(韓国の伝統料理文化体験館)にて日本の人気アイドルグループ「BOYS AND MEN」を江原道観光広報大使に委嘱した。今回の観光広報大使委嘱は2016年オリコン週間シングルチャートとビルボード・ジャパンホット100チャート1位を占めるなど、日本…続きを読む

チュサンオク広報大使

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に  財団法人韓国訪問委員会が9月2日、ソウル光化門KTオレスクエアドリームホールで「親切な大韓民国キャンペーン」の広報のために俳優チュ・サンウクを広報大使に選定し、広報大使委嘱式を開催した。  チュ・サンウクは、愉快な笑…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

Visitkorea

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン デザイン全面改編、個別観光客の利便機能拡充し、コンテンツをアップグレード  韓国観光公社が運営する韓国観光海外広報サイト(visitkorea.or.kr)の英語、日本語、中国語サイトがユーザー中心の便利なインターフェースと様々な便利な機…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

KATA九州応援団

KATA九州応援団、 地震の被害を受けた熊本を訪問し応援

 韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)が熊本大震災で被害を受けた九州地域を応援するために、8月26日から28日まで、200人余りの韓国内の旅行業界関係者を同伴して九州地域を訪問し、応援のメッセージを送った。韓国旅行業協会と九州観光推進機構が共同主催し、日本政府観光局(JNTO…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02