忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

2015年07月02日

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、
物産&旅行需要の創出

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広報専門企業である(株)インターナショナルコミュニケーション(代表​​理事:李漢錫)は、6月17日、舒川郡庁で盧博來郡守を訪問、素麹酒ブランドのグローバル化の志を同じくして今年の後半期からソウル圏を中心とする国内外の広報活動を開始すると明らかにした。

具体的には、素麹酒の試飲と体験、購入が可能な「素麹酒ソウル広報館(仮称)」をソウルの中心地である光化門圏に設けて、ソウル市民とソウルを訪れる外国人観光客を対象に素麹酒のB2C広報を展開し、舒川郡内の46ヵ素麹酒醸造所を紹介する素麹酒ガイドブック(リーフレット)も韓国語と日本語でそれぞれ製作して素麹酒をテーマにした観光産業化も推進する予定だ。

特に韓国の主力外来客市場である日本市場に向けて、素麹酒をテーマにした伝統酒ツアーなどの現地旅行商品企画も並行して行い、舒川郡と忠清南道での日本人観光客誘致にも貢献する計画である。

舒川郡素麹酒ブランドのプロモーションを進行する(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事は「素麹酒は、忠清南道はもちろん、韓国を代表する銘酒に数えられる製品であり、観光をテーマとしてもこれ以上ない魅力的な素材」とし、「盧博來・舒川郡守と素麹酒広報に対する共感帯を形成しただけに、素麹酒を韓国旅行の名特産品として育成に力を入れたい」と語った。

日韓地域広報専門企業である(株)インターナショナルコミュニケーションは、20年間、日韓観光業界の第一線で旅行商品の企画などの専門広報業務に加え、現在、日本人を対象に韓国観光を紹介する月刊媒体である「コリアトラベル新聞」を発行しており、当社の媒体を通して素麹酒関連メディア広報にも積極的に取り組む予定である。

Pocket

関連する記事はこちら

全羅北道バス

全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。 「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村…続きを読む

83fdeb2ef870c86f2e96ef61be385bc6-150x150

Kポップエキスポ音楽祭開催

Kポップエキスポ音楽祭開催  韓国Kポップの過去と現在、未来を一度に見ることができる「Kポップエキスポ」の大音楽祭が、第17回仁川アジア競技大会期間中の9月19日から10月5日まで17日間、仁川西区景西洞の京仁アラベッキル仁川港湾公社北仁川複合団地で開幕する。   イベントでは、…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

空港鉄道

AREX空港鉄道、直通列車に多言語無料Wi-Fi導入

 利用キャリアに関係なく国内外の観光客誰もが無線インターネットに接続できる無料Wi-Fiサービスが、首都圏の地下鉄では初めてAREX空港鉄道直通列車で提供される。 空港鉄道は、直通列車のサービス強化の一環として、誰でも利用できる多言語Wi-Fi設備を車内に構築し、3月18日から本…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

ロッテワールドタワー

韓国最高ロッテワールドタワー、4月3日オープン確定

  韓国の新しいランドマークとして位置づけられるロッテワールドタワーが使用承認などの手続きを終えて、ロッテグループ創立50周年を迎える4月3日に正式オープンする。全体の延べ床面積は80万5872㎡とサッカー競技場(横105m×縦68m)115個分の大きさで、タワー123…続きを読む

KTX_경강선

ソウル‐江陵を70分で走破、KTX‐京江線今年12月に開通

 仁川国際空港からソウルを経て江陵まで行くKTX‐京江線が来る12月に開通する。 KTX‐京江線は、2月に江原道で開催される平昌冬季オリンピックの鉄道交通インフラの拡大のために工事が行われ、12月に京江線が開通すると、仁川国際空港からソウル、原州を経て東海岸の江陵まで高速鉄道で一…続きを読む

スキー・コリア・フェスティバル

韓国観光公社、「スキー・コリア・フェスティバル」開催で平昌冬季オリンピック組成ブーム

来年3月初めまで、観光客4千人余りの参加を展望    韓国観光公社が韓国の冬の魅力と2018平昌冬季オリンピック広報のために「スキー・コリア・フェスティバル(Ski Korea Festival)」イベントを12月から来年3月まで計21回にわたって大々的に開催すると発表…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02