忠清南道、百済歴史テーマで日本からの観光客4万人誘致に総力

2017年03月09日

百済テーマプロモーション 忠清南道が今年、日本人観光客4万人誘致を目標に百済歴史の旅コースと、ホームステイコースを開発し、修学旅行団体や個人観光客の誘致を推進する。これは2015年に百済歴史遺跡地区がユネスコ世界遺産に登録されてから百済時代の歴史遺跡が集中している公州・扶余と天安、牙山、泰安地域を中心に日本人観光客が増加する中、より積極的に百済歴史テーマプロモーションを進行することにしたもの。具体的には、従来の百済歴史遺跡地区中心部の広報マーケティングからさらに一歩進んだ百済歴史ツアーコースを開発し、日本の修学旅行団体の誘致に集中していく計画だ。

忠清南道は日本の中高学校の歴史検定教科書に百済歴史の記載が多いことに着目し、今年度に歴史教科書ツアー商品を2〜3種類開発、販売する方針だ。これに向けて来月3月末までに忠清南道の歴史文化研究院に基礎資料調査を依頼して資料調査を実施する一方、開発されたツアーは、道・市・郡の共同誘致団である「百済夜(ペクチェヤ)!」を通じて日本に伝えられる。

特に共同誘致団は修学旅行の誘致だけでなく、日本のシルバー世代たちが過去、学生時代に公州・扶余地域に修学旅行で行った思い出を刺激し、再訪問を希望するように広報していく計画だ。

これと共に、日本個人旅行客誘致のために、パッケージと個人観光が混合した旅行商品を開発する一方、参加者たちから好評な「ホームステイ観光」を活性化させるため、3月までに日本人多文化家庭や外国人観光客のホームステイを希望する家庭20ヵ所を選抜して、別途広報物に記入して配布するという方針だ。この他にも道は、9〜10月に日本で開かれる「ツーリズムエキスポジャパン2017」に参加し、道内の隠れた観光地と韓国人の「情」を広報する予定だ。

これに伴い、韓国観光公社と協力して、地元メディアに百済関連観光商品を知らせ、日本国内韓国語学校で韓国語を学ぶ30〜40代の日本女性を対象に、現地広報マーケティングを行っていく予定だ。

道の関係者は、「今回準備する百済歴史教科書ツアーは、過去の思い出の場所を訪れたい日本のシルバー世代と共に、その子供・孫たちも地域を訪ねてくれるきっかけになるだろう」とし、「今年の修学旅行団誘致活動を15の市・郡と共に推進し、日本観光客誘致の相乗効果を作り出していく予定」だと語った。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

大田市、外国人観光客の誘致インセンティブ支援を拡大

大田市が「2019大田訪問の年」に備え、大田市の観光資源広報や観光産業の活性化を目的として、外国人旅行者誘致のためのインセンティブを拡大支援する。 市は、滞在型観光の活性化のために、外国人団体観光客10人以上が大田で1日以上の宿泊施設、飲食店などの観光施設2ヵ所以上訪問した場合、…続きを読む

0002088295_001_20190418095500855

韓・中・日の国際eスポーツオムニポテント発足、第1回大会10月22日、ソウルで開催

IEOC(International e-Sports Omnipotent Committee)が主催し、IEOC Korea、IEOC Japan、IEOC Chinaが共同主管する「第1回国際eスポーツオムニポテント大会組織委員会」の発足式が4月18日、ソウル新羅ホテルで開…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

nothumbnail

観光通訳案内士の資格証、セキュリティが強化された電子カードに全面交換

ICチップ内蔵、観光警察スマートフォンで真偽をすぐに確認 文化体育観光部(長官・金鍾徳)と韓国観光公社(社長・鄭昌洙)は、観光通訳案内士の資格証の偽造・変造防止のために、6月7日(火)から資格証をICチップが内蔵された電子カードに全面交換発給する。 セキュリティが脆弱な既存の資格…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

코레일_여행플랫폼

コレール、「列車の旅で外国人自由旅行客をキャッチ」

 コレールは鉄道・宿泊・観光地を一度に予約することができる総合旅行プラットフォームである「自分だけの列車の旅づくり」の外国語版である「Explore Korea with your own rail travel plan」の開発を完了し、本格的な外国人観光客の誘致を開始する。 …続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州‐日本に新規路線

 済州と大阪を行き来する新規の空の道が開かれる。済州特別自治道は6月30日から、格安航空会社ティーウェイ航空が済州と大阪を行き来する直行便を就航する予定であると16日に明らかにした。 ティーウェイ航空は、済州‐大阪路線を毎日就航することに決定し、今月中にホームページに運賃を告知し…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence