慶尚南道、アンチエイジング・ウェルネスプログラムで日本人観光客誘致

2017年07月11日

산청동의보감촌 慶尚南道がアンチエイジング・ウェルネス観光コンテンツをベースにした日本人観光客観光プログラムを通して、5月20日から23日まで日本人観光客の団体40人を誘致し、本格的なアンチエイジング・ウェルネス観光の活性化に乗り出す。

韓国旅行の専門家であり、日本の人気女優の黒田福美さんと40人の日本人観光客を対象に行われた今回のツアーでは、アンチエイジングの本拠地である山清郡東医宝鑑村に宿泊し、隣接する居昌(コチャン)と陜川(ハプチョン)を連携した観光と健康ヒーリングプログラムを中心として日程で行なわれ、専門家によるアンチエイジング・ウェルネスプログラムの紹介、健康測定、自己マッサージ、東医宝鑑村内ノルディックウォーキングで漢方医学博物館ツアー、居昌のリンゴの木で焼くバーベキュー、薬剤で作られた化粧品、高麗人参とパプリカで作ったサラダ料理、脳細胞を刺激するブラインドウォーキングなど、慶尚南道固有のアンチエイジング・ウェルネスプログラムを多彩に体験した。特に、参加者は、日程の初日と最終日に、それぞれの健康測定を行い、ツアー期間中、自分の健康にどのような変化が起こったのか、目で確認できるように企画して、健康に関心の高い日本人観光客に高い反応を導いたというのが慶尚南道側の説明だ。

慶尚南道は、アンチエイジング・ウェルネスプログラムツアーを韓方アンチエイジングやヒーリング、美容に関心が高い日本の中上流層を対象に広報を展開、今後、慶尚南道ならではのオリジナル定期観光商品として拡大する計画だ。

一方、慶尚南道は今年3月、慶尚南道の新規ウェルネス観光テーマ育成を目的に発足したウェルネス観光専門の公的企業である慶南アンチエイジング(株)を通じてウェルネス観光テーマを開発することに加え、慶尚南道の11の市・郡別にそれぞれ差別化されたウェルネスプログラムを運営して慶南がウェルネス観光の中心地となることができる足場を準備する計画だ。

慶尚南道側は「西北部圏につくられた山清・東医宝鑑村、咸陽・山参休養バレー、居昌・加祚温泉、陜川・海印寺ソリキルなどウェルネスプログラム特化施設に加え、他の地域でもアンチエイジングのテーマを観光で体験することができるインフラを拡大して慶尚南道を国内外ハイエンド観光客を対象とするアンチエイジング・ウェルネス観光の拠点として発展させたい」と付け加えた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

삐에로쑈핑_명동오픈

Eマートピエロショッピング明洞オープン、 外国人観光客攻略

 新世界Eマートがつくった「何でも屋」雑貨店「ピエロショッピング」が外国人観光客の「ショッピングのメッカ」明洞に進出した。 ピエロショッピング韓国国内6号店である明洞店は明洞芸術劇場の隣、新韓銀行明洞店の建物の1階から4階までで、売場面積は1025㎡。 明洞はソウルを訪問する外国…続きを読む

디스커버패스_서울플러스판

外国人観光客専用「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」発売

南怡島・エバーランド・松島セントラルパークなど 観光地96ヵ所をカード一枚で利用  ソウルを訪れた外国人観光客がカード一枚で京畿・仁川まで合計96ヵ所の観光地を利用できる外国人専用観光パス「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」が発売される。 「ディスカバーソウルパス…続きを読む

한국관광기념품

大韓民国観光記念品大賞に「景福宮丹青鉛筆」

 「第21回大韓民国観光記念品公募展」大賞(大統領賞)に「景福宮丹青鉛筆」が選ばれた。大賞作は韓国の伝統建築の丹青の美しさと木材の質感が反映されて装飾性と実用性に優れているという評価を受けた。金賞(国務総理賞)はハングルに対する外国人の関心の高さを反映して、ハングルを簡単に学ぶこ…続きを読む

영천시_K트레블버스

永川市、外国人観光客対象「Kトラベルバス」3月から運行

 慶尚北道永川市が2019年に「外国人観光客誘致元年の年」と定め、外国人観光客誘致のためのKトラベルバスを本格的に運行する。 Kトラベルバスは、ソウル市が2017年から全国の地方自治団体との相互交流協力のために、外国人観光客を対象に運行する地方都市の有料バス自由旅行商品。今年3月…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

vist

釜山観光公社、「釜山に行けば」・「VISIT BUSAN」新規BI発表

 釜山観光公社は、国内・外の観光客を対象に釜山観光ブランドイメージを向上するために、「釜山に行けば」、「VISIT BUSAN」を新規BI(Brand Identity)に選定したと発表した。 今回のBIは、国内外の旅行者に釜山観光公社という機関名の硬い広報イメージを脱皮し、旅行…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、 駅員も韓服着用   仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence