[新年の辞]コリアトラベル新聞発行人 李漢錫

2020年02月14日

발행인_신년사

「韓国と日本両国の観光交流の架け橋として尽力させていただきたい」

韓国内の各自治体関係者の皆様、日本の旅行業界関係者の皆様、コリアトラベル新聞読者の皆様、2020年、新年あけましておめでとうございます。

韓国の地方都市の観光の魅力を日本現地に伝え、韓国地方観光の活性化に努めてきたコリアトラベル新聞は、日本現地で配布される韓国観光専門媒体として、より深く幅広い韓国の地方都市の観光情報を、日本にお知らせし、さらに韓国と日本両国の観光交流の拡大と相互友好交流に貢献するという目標の元、10年余りを走ってきました。

新年2020年には、これまで硬直してきた韓日関係が少しづつ和らぎ、新しい未来に向かって共に進む希望の年になるものと信じております。昨年の12月19日には、韓日両国の観光関係政策関係者が一同に集まり第34回韓日観光振興協議会をソウルで開催した一方、12月24日には第8回韓中日首脳会議にて文在寅大統領と安倍晋三首相が韓日首脳会談を開催し、「当分は不便な面があったとしても、決して離れることができない関係」だという文在寅大統領のメッセージを通じて、両国間の関係改善にむけ、動き出していくことが感じられました。

「雨降って地固まる」ということわざがあるように、両国間の葛藤はあったものの、このような歴史を振り返って両国間のより堅固な友好と、交流の枠組みが継続していく理由となり、原動力となるものと信じて疑いません。

コリアトラベル新聞はまた、これらの両国関係の中で、その使命を2020年にも変わらず続いていきたいと思います。

今年、韓国は外国人2千万人誘致を目標に、政府と民間とが心を一つにして、様々な観光キャンペーンと関連政策を推進する予定です。 コリアトラベル新聞もまた、これらの目標に一役できるように、地方観光の活性化という目標のために走りたいと思います。

コリアトラベル新聞のオンライン版であるコリアPR(www.koreapr.jp)を通じて、より手軽で迅速に、韓国観光関連ニュースを発信して、伝統文化と歴史が息づき、まだ知られていない観光スポットやその地域ならではの味、楽しみでいっぱいの地方都市の魅力を発掘しながら、韓国観光広報にさらに努力していきます。

行きたくなる韓国となるように、まだ知られていない魅力たっぷりの韓国地方都市の情報の発信にむけ、コリアトラベル新聞は2020年度、今まで以上に良いコンテンツをご紹介していくことを約束します。

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

コレール、ソウル駅乗り換え通路に荷物コンベアベルト設置

鉄道‐地下鉄間の乗り換え通路に韓国初導入   コレールがソウル駅の「鉄道‐地下鉄(1・4号線)の間の乗り換え通路」に荷物専用の電動コンベアベルトを設置し、乗客の荷物を楽に移動することができるように改善したと発表した。 列車利用客乗り換え通路に荷物を運ぶコンベアが設置され…続きを読む

강원도_장근석_홍보대사

チャン・グンソク、平昌オリンピック・江原道広報大使委嘱

オリンピックと江原観光広報特別CF撮影、 聖火リレー走者としても参加  俳優チャン・グンソクが「2018平昌冬季オリンピック」・「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使に抜擢された。委嘱式は12月8日に江原道庁で行われた。 広報大使に抜擢された彼は、委嘱式を皮…続きを読む

산청동의보감촌

慶尚南道、アンチエイジング・ウェルネスプログラムで日本人観光客誘致

 慶尚南道がアンチエイジング・ウェルネス観光コンテンツをベースにした日本人観光客観光プログラムを通して、5月20日から23日まで日本人観光客の団体40人を誘致し、本格的なアンチエイジング・ウェルネス観光の活性化に乗り出す。 韓国旅行の専門家であり、日本の人気女優の黒田福美さんと4…続きを読む

2

ソウルパスでより手軽に韓国を旅行してみよう

韓国を訪問する外国人自由旅行客に様々なチケット、ツアー、アクティビティなど単品旅行商品を中継するOTAプラットフォーム「ソウルパス」を運営しているトラボールリューションが、インバウンド旅行サービスとしては初めてギフトカードを発売した。 「ソウルパス旅行ギフトカード」は1万ウォンと…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

水陸両用バス

水陸両用バスに乗って京仁アラベッキルへ

  韓国初の観光水陸両用バスが運行された。アクア観光コリア(株)は、4月水陸両用バスの試験運行を終え、5月15日から水陸両用バス2台を正式に京仁アラベッキルに投入、商業運転を開始した。 仁川西区梧柳洞の西海とソウル江西区の漢江上流の14.2㎞区間をつなぐ人工水路、京仁アラベッキル…続きを読む

555

電動キックボードに乗って済州旅行…空港内にレンタルセンターを開所

韓国空港公社済州地域本部が済州観光公社と共に済州国際空港内の「スマートモビリティゾーン」を9月25日から正式運営を行っている。 空港1階にある到着待合室1番ゲート横にあるスマートモビリティゾーンは、空港利用客を対象に、電動自転車や電動キックボードを貸し出しする空間となっている。空…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02