[新年の辞]コリアトラベル新聞発行人 李漢錫

2020年02月14日

발행인_신년사

「韓国と日本両国の観光交流の架け橋として尽力させていただきたい」

韓国内の各自治体関係者の皆様、日本の旅行業界関係者の皆様、コリアトラベル新聞読者の皆様、2020年、新年あけましておめでとうございます。

韓国の地方都市の観光の魅力を日本現地に伝え、韓国地方観光の活性化に努めてきたコリアトラベル新聞は、日本現地で配布される韓国観光専門媒体として、より深く幅広い韓国の地方都市の観光情報を、日本にお知らせし、さらに韓国と日本両国の観光交流の拡大と相互友好交流に貢献するという目標の元、10年余りを走ってきました。

新年2020年には、これまで硬直してきた韓日関係が少しづつ和らぎ、新しい未来に向かって共に進む希望の年になるものと信じております。昨年の12月19日には、韓日両国の観光関係政策関係者が一同に集まり第34回韓日観光振興協議会をソウルで開催した一方、12月24日には第8回韓中日首脳会議にて文在寅大統領と安倍晋三首相が韓日首脳会談を開催し、「当分は不便な面があったとしても、決して離れることができない関係」だという文在寅大統領のメッセージを通じて、両国間の関係改善にむけ、動き出していくことが感じられました。

「雨降って地固まる」ということわざがあるように、両国間の葛藤はあったものの、このような歴史を振り返って両国間のより堅固な友好と、交流の枠組みが継続していく理由となり、原動力となるものと信じて疑いません。

コリアトラベル新聞はまた、これらの両国関係の中で、その使命を2020年にも変わらず続いていきたいと思います。

今年、韓国は外国人2千万人誘致を目標に、政府と民間とが心を一つにして、様々な観光キャンペーンと関連政策を推進する予定です。 コリアトラベル新聞もまた、これらの目標に一役できるように、地方観光の活性化という目標のために走りたいと思います。

コリアトラベル新聞のオンライン版であるコリアPR(www.koreapr.jp)を通じて、より手軽で迅速に、韓国観光関連ニュースを発信して、伝統文化と歴史が息づき、まだ知られていない観光スポットやその地域ならではの味、楽しみでいっぱいの地方都市の魅力を発掘しながら、韓国観光広報にさらに努力していきます。

行きたくなる韓国となるように、まだ知られていない魅力たっぷりの韓国地方都市の情報の発信にむけ、コリアトラベル新聞は2020年度、今まで以上に良いコンテンツをご紹介していくことを約束します。

Pocket

関連する記事はこちら

アベンジャーズ

ハリウッド大作「アベンジャーズ」 ロケ地を観光コースとして開発

 撮影当時から高い関心を集め、公開後にはその撮影地に国内外の観光客の訪問が増加している映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の背景となったソウル名所を、ソウル市が「ソウルの中のアベンジャーズ」コースとして開発する。 映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は、昨…続きを読む

로고_한국관광의별

高城非武装地帯・俳優パク・ソジュンなど「2018韓国観光の星」受賞

 文化体育観光部(長官:都鍾煥)と韓国観光公社(社長:安榮培)が共同で12月11日、仁川慶源齎アンバサダーアリランホールで「2018韓国観光の星授賞式」を開催した。 今年で8回目を迎えた「韓国観光の星」は、一年の間に韓国観光の発展に寄与した、優れた観光資源と貢献を発掘し、広く知ら…続きを読む

ソウル市タルンイ

ソウル市自転車「タルンイ」、「外国人観光客もすぐご利用ください」

 ソウル市が運営している公共自転車「タルンイ」の利用がこれまで韓国国籍者の会員制から外国人観光客を含む非会員制に拡大された。 今回の利用条件の簡素化により、これまで利用が不可能だった外国人観光客も、本人認証や会員登録などの複雑な手続きなく、オンライン決済(携帯電話小額決済、カード…続きを読む

대전방문의해_선포식

「観光客500万人誘致」、大田訪問の年宣布式開催

大田ナイトマーケット、K‐POPコンサートなど楽しみ満載  韓国中部圏に位置する教育と科学の都市・大田広域市が12月10日、ソウル光化門広場一帯とフォーシーズンズホテルにて2019大田訪問の年の成功的な開催のための宣布式を開催した。 「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02