[新年の辞]韓国旅行業協会会長 吳敞熙

2020年02月14日

KATA_신년사

「韓日両国間の観光交流が絶えず続く年になりますように」

コリアトラベル新聞の読者の皆様、日本の旅行業界関係者の皆様、新年明けましておめでとうございます。

2020年は、多産と豊かさ、知恵を象徴するネズミの年、庚子年です。

旅行業界にとって、昨年の夏から日韓両国間は厳しい時期を過ごしてきましたが、寒い冬が過ぎれば暖かい春が来るように、この寒さを克服し、日韓両国間の観光交流が絶えず続く年になること願っています。

韓国を訪れる外国人観光客は、旅行業界の皆様の努力により安定して増加が見られています。特に、最近の韓流とK-POP文化のブームから、現地でこれらを楽しもうと韓国を訪問される個人の外国人観光客が増え、韓国旅行の傾向自体が自由旅行へと急速に転換されています。

私たち韓国旅行業協会(KATA)は、これらの訪韓外国人旅行者の傾向に、また様々な課題に沿った政策を実現していく予定です。

外国人観光客がより便利に韓国を旅行することができるように、より体系的かつ実践的な外国語観光案内サービスの提供の必要性を認識し、特に地域観光の活性化のために、高速バスと市内バス車両、ターミナルバス停路線表と鉄道情報などの多言語サービスの拡大に努める一方、韓国旅行業協会が運営する観光通訳案内所の質的成長を通じて、韓国を訪れる外国人観光客一人一人から信頼される施設となるより一層努力していきます。

韓国文化観光を日本にお知らせし、両国間の観光交流の拡大にも努力します。主要旅行博覧会に広報販促団を派遣して韓国を広くお知らせし、 韓日観光交流事業も拡大していきます。

韓国は今「地方観光の活性化」が注目されています。これまでソウルと首都圏に集中していた外国人観光客の需要が自由旅行により拡大され、江原、忠清、大邱、全羅、慶尚など、韓国の魅力的な地方旅行コンテンツに人気が集っています。

韓国旅行業協会は、これらの地方観光の魅力を含め、韓国を観光魅力と旅行インフラの改善に2020年の新年にはさらに努力してまいります。

最後に、今年もコリアトラベル新聞読者の皆様にとってより良い一年になることを希望し、また、韓日両国間の観光交流の増進、そして両国関係がさらに発展することを願っています。

Pocket

関連する記事はこちら

에어서울_다카마쓰요나고_증편

エアソウル、高松・米子路線増便へ

 エアソウルが今年10月28日から高松路線を週5回から7回、米子路線を週5回から6回に増便する。今回の増便により、高松路線は開設26年ぶりに日本の地方路線のうちでは初めての1日1便、毎日運航となった。 仁川‐高松路線はアシアナ航空が1992から運航しており、2016年から新たに発…続きを読む

방탄소년단_서울시홍보

ソウル市、名誉観光広報大使「防弾少年団」マーケティング始動

防弾少年団ラッピング・ソウルシティツアーバスなど運行  ソウル市が2019年度の国内外の観光客の誘致拡大を目的として、ソウル市の名誉観光広報大使である防弾少年団(BTS)と共に共同マーケティングを大々的に展開する。 まず、ソウル市を訪れる外国人観光客に人気の高いソウルシティツアー…続きを読む

부산광역투어패스

釜山・蔚山・慶南を一度に楽しむ「釜山広域ツアーパス」試験販売

 モバイルチケット一枚で釜山・蔚山・慶南の12ヵ所の観光地をお得に利用できる「釜山広域ツアーパス」が年末まで試験発売、運営される。 パス券の使用が可能な観光地は釜山5ヵ所(釜山シティツアーバス・釜山タワー・レッツランパーク釜山慶南イルミア・釜山映画体験博物館・トリックアイミュージ…続きを読む

청주국제공항_에어로K

清州国際空港、韓国観光の新関門に

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化    清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。 エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心…続きを読む

대한민국관광사진공모전

第47回大韓民国観光写真コンテスト開催

 文化体育観光部と韓国観光公社は、国内外の旅行者の心を捕らえる観光写真発掘のために「第47回大韓民国観光写真コンテスト」を開催する。 1973年から始まった大韓民国観光写真コンテストは、長い歴史を誇る国内観光写真の代表コンペで、半世紀にわたって優れた観光写真を発掘、韓国の美しい風…続きを読む

83fdeb2ef870c86f2e96ef61be385bc6-150x150

Kポップエキスポ音楽祭開催

Kポップエキスポ音楽祭開催  韓国Kポップの過去と現在、未来を一度に見ることができる「Kポップエキスポ」の大音楽祭が、第17回仁川アジア競技大会期間中の9月19日から10月5日まで17日間、仁川西区景西洞の京仁アラベッキル仁川港湾公社北仁川複合団地で開幕する。   イベントでは、…続きを読む

水陸両用バス

水陸両用バスに乗って京仁アラベッキルへ

  韓国初の観光水陸両用バスが運行された。アクア観光コリア(株)は、4月水陸両用バスの試験運行を終え、5月15日から水陸両用バス2台を正式に京仁アラベッキルに投入、商業運転を開始した。 仁川西区梧柳洞の西海とソウル江西区の漢江上流の14.2㎞区間をつなぐ人工水路、京仁アラベッキル…続きを読む

영천시_K트레블버스

永川市、外国人観光客対象「Kトラベルバス」3月から運行

 慶尚北道永川市が2019年に「外国人観光客誘致元年の年」と定め、外国人観光客誘致のためのKトラベルバスを本格的に運行する。 Kトラベルバスは、ソウル市が2017年から全国の地方自治団体との相互交流協力のために、外国人観光客を対象に運行する地方都市の有料バス自由旅行商品。今年3月…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02