[新年の辞]韓国旅行業協会会長 吳敞熙

2020年02月14日

KATA_신년사

「韓日両国間の観光交流が絶えず続く年になりますように」

コリアトラベル新聞の読者の皆様、日本の旅行業界関係者の皆様、新年明けましておめでとうございます。

2020年は、多産と豊かさ、知恵を象徴するネズミの年、庚子年です。

旅行業界にとって、昨年の夏から日韓両国間は厳しい時期を過ごしてきましたが、寒い冬が過ぎれば暖かい春が来るように、この寒さを克服し、日韓両国間の観光交流が絶えず続く年になること願っています。

韓国を訪れる外国人観光客は、旅行業界の皆様の努力により安定して増加が見られています。特に、最近の韓流とK-POP文化のブームから、現地でこれらを楽しもうと韓国を訪問される個人の外国人観光客が増え、韓国旅行の傾向自体が自由旅行へと急速に転換されています。

私たち韓国旅行業協会(KATA)は、これらの訪韓外国人旅行者の傾向に、また様々な課題に沿った政策を実現していく予定です。

外国人観光客がより便利に韓国を旅行することができるように、より体系的かつ実践的な外国語観光案内サービスの提供の必要性を認識し、特に地域観光の活性化のために、高速バスと市内バス車両、ターミナルバス停路線表と鉄道情報などの多言語サービスの拡大に努める一方、韓国旅行業協会が運営する観光通訳案内所の質的成長を通じて、韓国を訪れる外国人観光客一人一人から信頼される施設となるより一層努力していきます。

韓国文化観光を日本にお知らせし、両国間の観光交流の拡大にも努力します。主要旅行博覧会に広報販促団を派遣して韓国を広くお知らせし、 韓日観光交流事業も拡大していきます。

韓国は今「地方観光の活性化」が注目されています。これまでソウルと首都圏に集中していた外国人観光客の需要が自由旅行により拡大され、江原、忠清、大邱、全羅、慶尚など、韓国の魅力的な地方旅行コンテンツに人気が集っています。

韓国旅行業協会は、これらの地方観光の魅力を含め、韓国を観光魅力と旅行インフラの改善に2020年の新年にはさらに努力してまいります。

最後に、今年もコリアトラベル新聞読者の皆様にとってより良い一年になることを希望し、また、韓日両国間の観光交流の増進、そして両国関係がさらに発展することを願っています。

Pocket

関連する記事はこちら

인천시티투어_개편

仁川観光公社、仁川シティツアーを改編、「日本語案内に無料Wi‐Fiもサービス」

仁川空港第2旅客ターミナル、沿岸埠頭バス停の新設などリニューアル    本格的な春を迎え、仁川観光公社が今月からシティツアー路線を全面改編、仁川を訪れる国内外の観光客の利便性と満足度を一層高める。 仁川観光公社によると、既存の松島〜月尾・開港場を循環する「島ライン」コー…続きを読む

디스커버_서울패스(모델컷)

ディスカバー・ソウルパスに「地下鉄フリーパス」を追加検討

 ソウル市が外国人の自由旅行者の観光の便宜ために、観光地無料入場の特典を提供する「ディスカバー・ソウルパス」に地下鉄の割引定額券の機能を導入し、別途の地下鉄定額パスの市販も検討していることが分かった。 ソウル市によると、外国人専用観光地統合利用券である「ディスカバー・ソウルパス」…続きを読む

DMZ_평화관광

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売 6月から春川駅発、華川、楊口一帯DMZ循環シャトルツアー運営    韓国観光公社が江原道、春川市、華川、楊口、第7師団と共同で江原地域経済の活性化とDMZ観光客訪問の増大のために「DMZ平和観光商品」を新規リ…続きを読む

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

공항철도_홍보대사

空港鉄道広報大使にファン・チヨル

 仁川空港とソウルを最短43分で接続するコレール空港鉄道(AREX)がアジアを中心に人気の高い歌手ファン・チヨルを広報大使に委嘱した。 広報大使に委嘱された歌手ファン・チヨルは空港鉄道広報大使として広報映像制作や各種空港鉄道広報媒体にモデルとして参加する。また、空港鉄道と共に各種…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02