日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

2015年04月06日

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行

韓国地方シャトルツアー 韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。
個人旅行でほとんどがソウルで過ごす日本人たちが地方を旅行しやすいように企画されたこのツアーは、2014年にも安東、全州に向けて運行し、日本人個人観光客500余名が参加するなど好評を博した。
韓国を訪れる日本人観光客は昨年約228万人となったが、その大部分がソウルにとどまっている。特に個人観光客は76%まで増加してソウルを自由に行き来している反面、地方には交通、言語、情報など受容体制が不足しているため、訪れにくい現状だ。これを解決するための方策として、専用バス、専用ガイド、食事、観光プログラムをすべて含めて、韓国ウォン基準で5万〜8万ウォンにてワンストップサービスを提供する地方シャトルツアーは、日本の大型旅行代理店であるJTB、HISなどを通して販売される。
今年は3月13日にソウルから聞慶(陶泉陶瓷美術館-聞慶セジェ)、扶餘(定林寺址などの百済遺跡)、そして21日から平昌・江陵(平昌オリンピック連携アルペンシア体験など)へ、3ヵ月間で合わせて100余台が運行する予定だ。
韓国現地で予約もでき、聞慶コースは大韓旅行社(02-778-0150)、扶餘コースはHISコリア(02-777-1151)、平昌・江陵コースはハンナラ観光(070-7017-6277)でそれぞれ予約できる。
韓国観光公社のイム・ヨンモク日本チーム長は「個人旅行、再訪問者、そして一人旅の比重が増加することによって、自然とソウル以外の地方に対する観光欲求が増加しているが、外国人の立場では地方へ行くためのアクセスなどがまだ不備な点が多い。このような需要を逃さないために、シャトルツアーという便利な交通手段と共に、良質の観光プロジェクト、日本語ガイド同乗という安心できる要素を加えた。上半期は3コースを運行し、問題点を補完などを経て、下半期に3コースを追加するなど、地方観光を画期的に発展させる契機を準備する計画だ」と述べた。
文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

慶尚北道プロモーション

「慶尚北道へようこそ」 東京で観光プロモーション開催

 慶尚北道観光公社(社長・金大祐)は、慶尚北道と共同で8月25日から4日間、日本人観光客誘致に向けた観光広報キャンペーンを実施し、注目を集めた。 今回の広報キャンペーンは、9月1日から始まったティーウェイ航空による成田空港・大邱空港間の定期路線就航を控えた日本人観光客の慶北誘致の…続きを読む

서울역_공항터미널

イースター航空、ソウル駅都心空港ターミナルに入居

 空港鉄道は、12月1日に韓国国籍の格安航空会社であるイースター航空とソウル駅都心空港ターミナルの搭乗手続きサービスを提供するための入居契約を締結したと発表した。 今回の契約により、チェックインシステムの構築が完了する12月20日からソウル駅都心空港ターミナルでイースター航空の搭…続きを読む

ITX-새마을

コレール、ITXでWi-Fi無料サービス

 これからはITX‐セマウルとITX‐青春でも列車利用中の無線インターネット(Wi‐Fi)が利用できるようになる。コレールは7月1日(土)から列車利用客の変化した生活パターンに合わせてITX‐セマウルとITX‐青春では、無線インターネットサービスを新たに実施すると発表した。 客室…続きを読む

熊本地震寄付

韓国旅行業界、熊本地震に慰労寄付金を伝達

 韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)は、5月26日(木)に在韓日本大使館を訪問し、昨年4月に日本熊本一帯で発生した地震の被害に対して心からの慰労の意を表し、旅行業界と共同で募金した寄付金1億ウォンを伝達した。 韓国観光公社は、2011年に日本の…続きを読む

2018관광도시_선포식

仁川江華郡・忠南公州市「2018今年の観光都市」共同宣布式開催

 「2018今年の観光都市」に選ばれた仁川江華郡と忠清南道公州市が3月4日、ソウルCOEXで開催された「私の国旅行博覧会」会場で共同宣布式を開催した。イベントには、イ・サンボク江華郡守、オ・シドク公州市長、韓国観光協会中央会キム・ホンジュ会長、観光業界や自治体関係者などが参加し、…続きを読む

2터미널_한국전통문화센터

仁川国際空港第2ターミナル「韓国伝統文化センター」新規開館

 韓国政府文化体育観光部が仁川国際空港第2ターミナル内に韓国固有の伝統文化を展示して体験できる文化空間である韓国伝統文化センターを新たに開館した。 韓国伝統文化センターは、今年の初めに新たに開港した仁川国際空港第2ターミナルの出国場である3階両側の便宜空間(東館253番ゲート、西…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02