日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

2015年04月06日

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行

韓国地方シャトルツアー 韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。
個人旅行でほとんどがソウルで過ごす日本人たちが地方を旅行しやすいように企画されたこのツアーは、2014年にも安東、全州に向けて運行し、日本人個人観光客500余名が参加するなど好評を博した。
韓国を訪れる日本人観光客は昨年約228万人となったが、その大部分がソウルにとどまっている。特に個人観光客は76%まで増加してソウルを自由に行き来している反面、地方には交通、言語、情報など受容体制が不足しているため、訪れにくい現状だ。これを解決するための方策として、専用バス、専用ガイド、食事、観光プログラムをすべて含めて、韓国ウォン基準で5万〜8万ウォンにてワンストップサービスを提供する地方シャトルツアーは、日本の大型旅行代理店であるJTB、HISなどを通して販売される。
今年は3月13日にソウルから聞慶(陶泉陶瓷美術館-聞慶セジェ)、扶餘(定林寺址などの百済遺跡)、そして21日から平昌・江陵(平昌オリンピック連携アルペンシア体験など)へ、3ヵ月間で合わせて100余台が運行する予定だ。
韓国現地で予約もでき、聞慶コースは大韓旅行社(02-778-0150)、扶餘コースはHISコリア(02-777-1151)、平昌・江陵コースはハンナラ観光(070-7017-6277)でそれぞれ予約できる。
韓国観光公社のイム・ヨンモク日本チーム長は「個人旅行、再訪問者、そして一人旅の比重が増加することによって、自然とソウル以外の地方に対する観光欲求が増加しているが、外国人の立場では地方へ行くためのアクセスなどがまだ不備な点が多い。このような需要を逃さないために、シャトルツアーという便利な交通手段と共に、良質の観光プロジェクト、日本語ガイド同乗という安心できる要素を加えた。上半期は3コースを運行し、問題点を補完などを経て、下半期に3コースを追加するなど、地方観光を画期的に発展させる契機を準備する計画だ」と述べた。
文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

2019_한국관광의별(A)

2019韓国観光の星、楽安邑城・光のバンカー・EXO等が選ばれる

文化体育観光部と韓国観光公社が韓国を輝かせた競争力のある観光資源を選定・受賞する「韓国観光のの星」授賞式2019年度行事が昨年12月10日、ソウル新羅ホテルで開催され、楽安邑城(ナグァンウプソン)など計7つの観光資源が栄光に選ばれた。 授賞式は、本賞と特別賞に分かれ、本賞には△楽…続きを読む

p_PPAAAA01_20200728_2

「旌善フォーラム2020」、8月20日から3日間、江原道旌善で開幕

-UN、NGO、政府など多数の専門家が参加、自然と社会、経済の連携を考察 持続可能な地球と、バランスの取れた人類の未来を議論するため、全世界の専門家たちが一堂に集まる「チョンソン(旌善) フォーラム2020」が今月20日から22日までの3日間、カンウォンド(江原道)旌善郡ハイワン…続きを読む

대한민국관광사진공모전

第47回大韓民国観光写真コンテスト開催

 文化体育観光部と韓国観光公社は、国内外の旅行者の心を捕らえる観光写真発掘のために「第47回大韓民国観光写真コンテスト」を開催する。 1973年から始まった大韓民国観光写真コンテストは、長い歴史を誇る国内観光写真の代表コンペで、半世紀にわたって優れた観光写真を発掘、韓国の美しい風…続きを読む

청송문화재단_민예촌

青松文化観光財団、韓屋体験宿泊施設「民芸村」を試験運営

  慶尚北道青松郡傘下の青松文化観光財団が運営するプレミアム韓屋体験宿泊施設「民芸村」が6月から8月まで3ヵ月間の試験運用に入ると明らかにした。特に試験運用期間中に宿泊した場合、通常価格から30〜50%の割引を受けられる。  宿泊施設は絶景の自然で人気の高い周王山の観光地(249…続きを読む

웰니스25_스파G

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成 韓方、ビューティー・スパ、ヒーリング・瞑想、 自然・森林治癒の4テーマを選定    韓国政府文化体育観光部と韓国観光公社が韓国観光新成長テーマであるウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として「ウェ…続きを読む

コリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏

江原道、コリアン・フード・コラムニスト八田靖史氏を招待し、江原道グルメ紹介

江原道の8ヵ都市を探訪、代表グルメをSNS・ユーチューブで発信 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック開催都市として名を知らしめた韓国を代表する観光都市・江原道が日本人観光客に対する江原道観光広報のためにコリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏を招待し、7月…続きを読む

안전디딤돌_앱

「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。 韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害の…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、地下鉄搭乗券とセットで統合乗車券発売

乗車券一枚で直通列車、地下鉄すべて利用、4月1日発売    空港鉄道(AREX)は、ソウル駅‐仁川空港駅区間を運行する直通列車と首都圏電車の乗り換えが可能な統合乗車券を独自開発し、4月1日より発売を開始した。 統合乗車券は直通列車の運賃(ソウル駅‐仁川空港駅)に地下鉄の…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence