日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

2017年01月23日

toyokoin 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホテル」の共同開発社である(株)スンヒョンと昨年4月からホテル建設のための実務協議を行ってきた。

昌原市はリーズナブル宿泊施設を好む団体観光客及び個別自由旅行客が増加する趨勢により、宿泊専門外国系ブランドである「東横インホテル」が昌原に建設されれば、滞在型観光に対するマーケティングが容易になり、観光客誘致に大きく役に立つことと期待している。

ホテルは現在設計が進行中で、今年5月に建設許可が下りれば、今年2017年7月に着工し、2019年7月頃に完工する計画であり、ホテル運営は東横インコリア(株)が担当するようになる。客室規模は400室を予定している。

日本の東京に本社を置き、日本全国に248ヵ所にホテル運営をしている東横インホテルは、韓国内にソウルと大田にそれぞれ1ヵ所、釜山に5ヵ所を運営中である。

文/小峰明記者

Pocket

関連する記事はこちら

百済キャンペーン

百済の歴史遺跡地区世界遺産登録、九州特別キャンペーン実施

 韓国観光公社福岡支社が百済の歴史遺跡地区のユネスコ世界文化遺産登録を契機に、大々的な百済特別訪韓キャンペーンを展開、日本の九州地域内の韓国観光市場の回復を図る。 今回の九州地域百済の歴史遺跡地区世界遺産登録で行われる特別キャンペーンは、百済と歴史的に深い関係がある九州地域での友…続きを読む

s-IMG_1516

世界文化遺産「百済歴史遺跡地区」日本メディア・ブロガー・考古学関係者招聘

    2015年ユネスコ世界遺産に登録されてから、日本人観光客への関心を浴びている忠清南道・全羅北道の「百済歴史遺跡地区」。今回、更なる日本人観光客誘致を目指し、コリアトラベル新聞は、日本全国からメディア・ブロガー・考古学関係者を招聘し、10月26日から3泊…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

韓国B級グルメ

日本人が好きな韓国の大衆グルメの1位は「キムパプ」

日本人が好きな韓国の大衆グルメの1位は「キムパプ」 日本人対象「B級グルメSNSコンテスト」開催、トップ10発表    韓国観光公社は8万人に達するSNS(フェイスブック)日本人会員を対象に、韓国のB級グルメコンテストを2月3日から3月8日まで開催し、会員の投票によって…続きを読む

ディスカバーソウルパス

「ソウル16ヵ所の観光地が1枚で」ディスカバーソウルパス発売

故宮・韓流体験館など有料観光地70%割引  ソウル市とソウル観光マーケティング(株)が、ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地の入場も可能で、交通カードとしても使える外国人観光客向け1日観光パス「ディスカバーソウルパス(Discover Seoul Pass…続きを読む

チュサンオク広報大使

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に  財団法人韓国訪問委員会が9月2日、ソウル光化門KTオレスクエアドリームホールで「親切な大韓民国キャンペーン」の広報のために俳優チュ・サンウクを広報大使に選定し、広報大使委嘱式を開催した。  チュ・サンウクは、愉快な笑…続きを読む

장근석_감사패

チャン・グンソク、「外国人観光客誘致への功労」感謝牌を受賞

 韓流スターのチャン・グンソクが、外国人観光客の誘致に対する功労で、韓国観光公社から感謝状を受けた。韓国観光公社は5月26日、ソウルKBSアリーナで開かれたチャン・グンソクのファンミーティング(I will promise you)の場において、韓国観光公社社長名義の感謝状を授与…続きを読む

スキー・コリア・フェスティバル

韓国観光公社、「スキー・コリア・フェスティバル」開催で平昌冬季オリンピック組成ブーム

来年3月初めまで、観光客4千人余りの参加を展望    韓国観光公社が韓国の冬の魅力と2018平昌冬季オリンピック広報のために「スキー・コリア・フェスティバル(Ski Korea Festival)」イベントを12月から来年3月まで計21回にわたって大々的に開催すると発表…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02