日本航空‐大韓航空、特典航空券の相互交換を開始

2016年12月20日

jal 日本と韓国で最大の航空会社である日本航空と大韓航空が12月1日を期して、日韓路線においてマイレージプログラム提携を開始した。今回の提携により、両社のマイレージ会員は特典航空券の相互搭乗が可能となり、マイレージの使用と特典航空券の利便性が拡大する。

特典航空券の相互交換によって、日本航空のマイレージ会員のJMB会員は、日本航空で獲得したマイルを使って大韓航空の特典航空券の予約が可能となる。対象路線は大韓航空運航便(KE便名)のソウル(仁川) – 東京(羽田、成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・札幌・青森・新潟・小松・岡山・福岡・大分・鹿児島と、ソウル(金浦) – 東京(羽田)・大阪(関西)、釜山 – 東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・札幌・福岡、済州 – 東京(成田)・大阪(関西)路線など。ただし、ソウル(仁川) – 沖縄(那覇)路線は除外される。

大韓航空マイレージクラブのスカイパス会員も同様に相互特典航空券の予約が可能だ。日本航空運航便(JAL便名)のソウル(仁川) – 東京(成田)、ソウル(金浦) – 東京(羽田)、釜山 – 東京(成田)路線などでの航空会社のマイレージを使用できる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

KATA_회장s

〈インタビュー〉韓国旅行業協会会長・梁武承

日韓相互交流人口 1000万人に向けて 韓国旅行業協会会長・梁武承   昨年、日韓交流人口は700万人を突破した。その裏では両国政府のみならず、旅行業界の努力があったことは確かだ。そんな韓国旅行業の立役者の一人である韓国旅行業協会(KATA)の梁武承(ヤン・ムスン)会長…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

麗水「ロマンチックバスキングツアーバス」

麗水「ロマンチックバスキングツアーバス」出発

 文化体育観光部の2017年度の地方自治体を対象とした「シティツアー」育成支援事業に、全羅南道麗水(ヨス)市の「ロマンチックバスキングツアーバス」事業が選定された。 今回選ばれた「ロマンチックバスキングツアーバス」は、麗水市が既存のシティツアーに新たに導入して推進している事業で、…続きを読む

코리아그랜드세일

韓国のショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」1月18日に開幕2018平昌冬季オリンピックと連携、42日間、様々な破格のメリットを提供

 韓国訪問委員会(委員長:朴三求)は1月18日(木)から2月28日(水)まで、外国人対象のショッピング文化観光祭り「2018コリアグランドセール(Korea Grand Sale | www.koreagrandsale.co.kr) 」を開催する。 ショッピングを媒介にして、韓…続きを読む

空港鉄道

AREX空港鉄道、直通列車に多言語無料Wi-Fi導入

 利用キャリアに関係なく国内外の観光客誰もが無線インターネットに接続できる無料Wi-Fiサービスが、首都圏の地下鉄では初めてAREX空港鉄道直通列車で提供される。 空港鉄道は、直通列車のサービス強化の一環として、誰でも利用できる多言語Wi-Fi設備を車内に構築し、3月18日から本…続きを読む

청송문화재단_민예촌

青松文化観光財団、韓屋体験宿泊施設「民芸村」を試験運営

  慶尚北道青松郡傘下の青松文化観光財団が運営するプレミアム韓屋体験宿泊施設「民芸村」が6月から8月まで3ヵ月間の試験運用に入ると明らかにした。特に試験運用期間中に宿泊した場合、通常価格から30〜50%の割引を受けられる。  宿泊施設は絶景の自然で人気の高い周王山の観光地(249…続きを読む

211838_159840_1428

2019私の国旅行博覧会開幕

 韓国政府文化体育観光部が主催し、韓国観光協会中央会及びCOEXが主管する韓国内のローカル旅行最大の博覧会である「2019私の国旅行博覧会」が4月4日(木)から7日(日)まで4日間、ソウルCOEX(3階ホールC)で開かれる。 今年で16回目を迎える今年のイベントは、夜間観光コンテ…続きを読む

大田訪問の年ロゴ

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で 観光都市跳躍 大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業  韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市として…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02