日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

2015年04月07日

50周年記念行事

特別レポート

日韓民間交流の新しい転換点、
日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事

韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しようというアシアナ航空社長兼全国経済人連合会、観光産業特別委員会委員長である朴三求(パク・サムグ)会長の提案に二階俊博・日本自民党総務会長が肯定的に回答して成し遂げた超大型イベントだ。行事のために、日本政官界人事と観光従事者で構成された約1400人の大規模な日本人訪韓団が韓国を訪れ、韓国内の主要な政官界関係者が日本と向き合って、両国の肯定的な未来を語り、硬直した日韓観光交流の新しい契機を準備した。日韓国交正常化50周年を記念して、新たな日韓関係造成のための「日韓友好交流行事」の現場の様子を紹介する。
文/李相直記者

 

韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月14日(土)、韓日両国政官界の主要人物が参加した「日韓友好観光交流の夕べ」を最後に、盛況のうちに幕を閉じた。

ソウル蚕室ロッテホテルクリスタルボールルームで開かれた「日韓友好観光交流の夕べ」には、金鍾德(キム・ジョンドク)・文化体育観光部長官、卞秋錫(ビョン・チュソク)・韓国観光公社社長、徐淸源(ソ・チョンウォン)・韓日議員連盟会長と朴三求・錦湖アシアナグループ会長など、韓国側関係者と二階俊博・自民党議員、久保成人・観光庁長官、別所浩郎・在韓日本大使など、日本政官界関係者が出席し、約1千人の両国の観光業界関係者が一堂に会して日韓観光発展のための様々な方策を議論した。

挨拶に立った二階俊博・自民党総務会長兼日本全国旅行業協会長は、「世間では、日本と韓国が厳しい状況だというが、今日のこの場には、韓日両国の観光業界が一堂に会した。今回の『日韓友好交流行事』を通して、両国間の交流活性化には困難はまったくないと信じる」と述べた。

アシアナ航空社長兼全国経済人連合会、観光産業特別委員会委員長を務める朴三求会長も歓迎の言葉で「ここ数年、日韓両国で開催されたイベントの中で、官民を合わせて最も大規模に行われた今回のイベントの成功的な開催のために尽力した日韓の関係者の皆様に心から感謝する」とし、「このイベントが日韓両国の相互理解と友好増進のための貴重な契機となることを期待する」と述べた。

(左)二階俊博・自民党総務会長兼日本全国旅行業協会長、(中)朴三求・錦湖アシアナグループ会長、(右)金鍾德・文化体育観光部長官

(左)二階俊博・自民党総務会長兼日本全国旅行業協会長、(中)朴三求・錦湖アシアナグループ会長、(右)金鍾德・文化体育観光部長官

 

「日韓友好観光交流の夕べ」に先んじては韓国観光公社と日本全国旅行業協会(ANTA)が共同主催した「日韓観光交流拡大会議」が開催された。

ソウルロッテホテルで開かれたこの日の会議には、卞秋錫・韓国観光公社社長、金鍾德・文化体育観光部長官、梁武承(ヤン・ムスン)・韓国旅行業協会会長、二階俊博・日本全国旅行業協会会長、久保成人・日本観光庁長官、朴三求・錦湖アシアナグループ会長、松山良一・日本政府観光局理事長、見並陽一・日本観光振興協会理事長、菊間潤吾・日本旅行業協会副会長などが出席した。

記念撮影する主要来賓

記念撮影する主要来賓

 

卞秋錫・観光公社社長は開会の辞で「両国間は、複数の懸案事項のために以前ほど友好の雰囲気が熟していないのが現実」とし、「しかし、観光分野では近年、これまでよりも厚い協力関係を構築してきた」と述べ、「両国の人的交流700万人時代の早期実現のためには、2015年の日韓国交正常化50周年や2018平昌冬季オリンピック、2020年東京オリンピックなど、両国間の人的・物的交流を飛躍的に発展させることができる絶好の機会を積極的に活用する必要がある」と述べた。

卞社長は続いて「観光は平和産業だ」とし、「韓国と日本の文化、芸術、スポーツ、自然、体験、祭りなど、様々な内容の観光コンテンツを発掘して広報し、相互の観光交流を促進し、共同商品開発と販売を拡大していかなければならない」と強調した。

日韓両国の参加者一同は、この日の会議を終えて、両国の人的交流の拡大・促進のための「日韓観光交流拡大宣言文」を採択・発表した。宣言文は、▲相互観光交流の拡大促進、▲地方交流活性化事業の積極的推進▲2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピックおよび2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功のための協力強化などの内容を盛り込んだ。

(左)乾杯する日韓政官界人士、(右)日韓観光交流の拡大宣言文を発表する二階俊博・日本全国旅行業協会長と卞秋錫・韓国観光公社社長

(左)乾杯する日韓政官界人士、(右)日韓観光交流の拡大宣言文を発表する二階俊博・日本全国旅行業協会長と卞秋錫・韓国観光公社社長

 

この日の会議に先立ち、午後2時には、日韓両国の自治体80団体が参加した中、相互観光商品化方案を模索する「日韓友好交流ツアー旅行商談会」が開かれた。

韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」は、昨年2月に朴三求・錦湖アシアナグループ会長と二階俊博・自民党総務会長が2015年の日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催することで合意して成就したものであり、行事のために日本政官界人士と観光従事者で構成された約1400人の大規模な日本人訪韓団が12日から14日まで韓国を訪問した。

この日の「日韓友好交流行事」では「コリアトラベル」新聞が公式配布された。

50周年記念行事

Pocket

関連する記事はこちら

今年の観光都市

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」 韓国政府「今年の観光都市」共同宣言式開催、事業突入  韓国観光公社が昨年12月2日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで「2016今年の観光都市堤川・茂朱・統営共同宣言式」を開催し、本格的な事業に突入した。 「今年の観光都市」は広…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

airbusan

エアプサン、大邱‐大阪・札幌に新規就航

 韓国アシアナ航空系列の低コスト航空会社で、釜山を拠点に路線を運営しているエアプサンが、慶尚北道圏の中心都市、大邱広域市にある大邱空港から大阪関西国際空港と北海道新千歳空港間の定期便を昨年12月23日に就航した。 就航スケジュールは大邱‐関西国際空港が週7回デイリー就航で、出国便…続きを読む

nothumbnail

釜山市、優秀観光商品公募展の結果、6つの商品選定

 釜山市は今年3月、地域のインバウンド旅行業者を対象に「優秀観光商品認定制度」の公募を実施し、その結果、旅行会社7社が参加し、最終審査を経て、3社からの6つの商品を選定したと発表した。  「優秀観光商品認定制度」は、低価格な観光商品を止揚し、品質のよい観光商品の発掘・開発を通じて…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

光化門旅行社代表

〈韓国インバウンド旅行社特集2〉光化門旅行社

DMとサイトを活用して種まき 光化門旅行社 ㈱光化門旅行社代表理事 李光錫(イ・グァンソク)  光化門旅行社は、1994年に設立し、22年間、日本と深い関係を維持しながら旅行業を営んできたインバウンド旅行社だ。かつては東京、大阪、福岡に事務所を置いていたが、通信手段の発達によって…続きを読む

tway

「東京・福岡から大邱へ直行!」、ティーウェイが9月新規路線を就航

 今年9月から大邱~東京(成田空港)と大邱~福岡空港間の空の道が開かれる。大邱国際空港の開港以来、東京の直行定期路線が就航れるのは今回が初めてだ。 大邱‐成田路線は週7回、毎日往復運航する。大邱を午前11時に出発して午後1時10分に成田に到着。また成田からは午後2時10分に出発し…続きを読む

仁川空港ガイド

仁川空港、外国人旅客に合わせた「空港ガイド」 アプリをリリース

 仁川国際空港公社が、多国語道案内、空港での会話など、外国人旅客のためのオーダーメイドサービスをさらに強化したモバイルアプリ「仁川空港ガイド」の新バージョンを発表した。今回のバージョンは、デジタル地図と連携して、仁川空港から全国各地へ、全国から空港までの両方向の道案内サービスを、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02