日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

2015年04月07日

50周年記念行事

特別レポート

日韓民間交流の新しい転換点、
日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事

韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しようというアシアナ航空社長兼全国経済人連合会、観光産業特別委員会委員長である朴三求(パク・サムグ)会長の提案に二階俊博・日本自民党総務会長が肯定的に回答して成し遂げた超大型イベントだ。行事のために、日本政官界人事と観光従事者で構成された約1400人の大規模な日本人訪韓団が韓国を訪れ、韓国内の主要な政官界関係者が日本と向き合って、両国の肯定的な未来を語り、硬直した日韓観光交流の新しい契機を準備した。日韓国交正常化50周年を記念して、新たな日韓関係造成のための「日韓友好交流行事」の現場の様子を紹介する。
文/李相直記者

 

韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月14日(土)、韓日両国政官界の主要人物が参加した「日韓友好観光交流の夕べ」を最後に、盛況のうちに幕を閉じた。

ソウル蚕室ロッテホテルクリスタルボールルームで開かれた「日韓友好観光交流の夕べ」には、金鍾德(キム・ジョンドク)・文化体育観光部長官、卞秋錫(ビョン・チュソク)・韓国観光公社社長、徐淸源(ソ・チョンウォン)・韓日議員連盟会長と朴三求・錦湖アシアナグループ会長など、韓国側関係者と二階俊博・自民党議員、久保成人・観光庁長官、別所浩郎・在韓日本大使など、日本政官界関係者が出席し、約1千人の両国の観光業界関係者が一堂に会して日韓観光発展のための様々な方策を議論した。

挨拶に立った二階俊博・自民党総務会長兼日本全国旅行業協会長は、「世間では、日本と韓国が厳しい状況だというが、今日のこの場には、韓日両国の観光業界が一堂に会した。今回の『日韓友好交流行事』を通して、両国間の交流活性化には困難はまったくないと信じる」と述べた。

アシアナ航空社長兼全国経済人連合会、観光産業特別委員会委員長を務める朴三求会長も歓迎の言葉で「ここ数年、日韓両国で開催されたイベントの中で、官民を合わせて最も大規模に行われた今回のイベントの成功的な開催のために尽力した日韓の関係者の皆様に心から感謝する」とし、「このイベントが日韓両国の相互理解と友好増進のための貴重な契機となることを期待する」と述べた。

(左)二階俊博・自民党総務会長兼日本全国旅行業協会長、(中)朴三求・錦湖アシアナグループ会長、(右)金鍾德・文化体育観光部長官

(左)二階俊博・自民党総務会長兼日本全国旅行業協会長、(中)朴三求・錦湖アシアナグループ会長、(右)金鍾德・文化体育観光部長官

 

「日韓友好観光交流の夕べ」に先んじては韓国観光公社と日本全国旅行業協会(ANTA)が共同主催した「日韓観光交流拡大会議」が開催された。

ソウルロッテホテルで開かれたこの日の会議には、卞秋錫・韓国観光公社社長、金鍾德・文化体育観光部長官、梁武承(ヤン・ムスン)・韓国旅行業協会会長、二階俊博・日本全国旅行業協会会長、久保成人・日本観光庁長官、朴三求・錦湖アシアナグループ会長、松山良一・日本政府観光局理事長、見並陽一・日本観光振興協会理事長、菊間潤吾・日本旅行業協会副会長などが出席した。

記念撮影する主要来賓

記念撮影する主要来賓

 

卞秋錫・観光公社社長は開会の辞で「両国間は、複数の懸案事項のために以前ほど友好の雰囲気が熟していないのが現実」とし、「しかし、観光分野では近年、これまでよりも厚い協力関係を構築してきた」と述べ、「両国の人的交流700万人時代の早期実現のためには、2015年の日韓国交正常化50周年や2018平昌冬季オリンピック、2020年東京オリンピックなど、両国間の人的・物的交流を飛躍的に発展させることができる絶好の機会を積極的に活用する必要がある」と述べた。

卞社長は続いて「観光は平和産業だ」とし、「韓国と日本の文化、芸術、スポーツ、自然、体験、祭りなど、様々な内容の観光コンテンツを発掘して広報し、相互の観光交流を促進し、共同商品開発と販売を拡大していかなければならない」と強調した。

日韓両国の参加者一同は、この日の会議を終えて、両国の人的交流の拡大・促進のための「日韓観光交流拡大宣言文」を採択・発表した。宣言文は、▲相互観光交流の拡大促進、▲地方交流活性化事業の積極的推進▲2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピックおよび2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功のための協力強化などの内容を盛り込んだ。

(左)乾杯する日韓政官界人士、(右)日韓観光交流の拡大宣言文を発表する二階俊博・日本全国旅行業協会長と卞秋錫・韓国観光公社社長

(左)乾杯する日韓政官界人士、(右)日韓観光交流の拡大宣言文を発表する二階俊博・日本全国旅行業協会長と卞秋錫・韓国観光公社社長

 

この日の会議に先立ち、午後2時には、日韓両国の自治体80団体が参加した中、相互観光商品化方案を模索する「日韓友好交流ツアー旅行商談会」が開かれた。

韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」は、昨年2月に朴三求・錦湖アシアナグループ会長と二階俊博・自民党総務会長が2015年の日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催することで合意して成就したものであり、行事のために日本政官界人士と観光従事者で構成された約1400人の大規模な日本人訪韓団が12日から14日まで韓国を訪問した。

この日の「日韓友好交流行事」では「コリアトラベル」新聞が公式配布された。

50周年記念行事

Pocket

関連する記事はこちら

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、 駅員も韓服着用   仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを…続きを読む

디스커버_서울패스(모델컷)

ディスカバー・ソウルパスに「地下鉄フリーパス」を追加検討

 ソウル市が外国人の自由旅行者の観光の便宜ために、観光地無料入場の特典を提供する「ディスカバー・ソウルパス」に地下鉄の割引定額券の機能を導入し、別途の地下鉄定額パスの市販も検討していることが分かった。 ソウル市によると、外国人専用観光地統合利用券である「ディスカバー・ソウルパス」…続きを読む

スキー・コリア・フェスティバル

韓国観光公社、「スキー・コリア・フェスティバル」開催で平昌冬季オリンピック組成ブーム

来年3月初めまで、観光客4千人余りの参加を展望    韓国観光公社が韓国の冬の魅力と2018平昌冬季オリンピック広報のために「スキー・コリア・フェスティバル(Ski Korea Festival)」イベントを12月から来年3月まで計21回にわたって大々的に開催すると発表…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、地下鉄搭乗券とセットで統合乗車券発売

乗車券一枚で直通列車、地下鉄すべて利用、4月1日発売    空港鉄道(AREX)は、ソウル駅‐仁川空港駅区間を運行する直通列車と首都圏電車の乗り換えが可能な統合乗車券を独自開発し、4月1日より発売を開始した。 統合乗車券は直通列車の運賃(ソウル駅‐仁川空港駅)に地下鉄の…続きを読む

空港鉄道

AREX空港鉄道、直通列車に多言語無料Wi-Fi導入

 利用キャリアに関係なく国内外の観光客誰もが無線インターネットに接続できる無料Wi-Fiサービスが、首都圏の地下鉄では初めてAREX空港鉄道直通列車で提供される。 空港鉄道は、直通列車のサービス強化の一環として、誰でも利用できる多言語Wi-Fi設備を車内に構築し、3月18日から本…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

熊本地震寄付

韓国旅行業界、熊本地震に慰労寄付金を伝達

 韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)は、5月26日(木)に在韓日本大使館を訪問し、昨年4月に日本熊本一帯で発生した地震の被害に対して心からの慰労の意を表し、旅行業界と共同で募金した寄付金1億ウォンを伝達した。 韓国観光公社は、2011年に日本の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02