江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

2019年05月31日

강원도_SNS기자단 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。

今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイウォーク、旧都心から青年商人特化通りに変貌した育林コゲ、春川市内を眺望する九峰山展望台カフェ通り、各種ドラマや映画撮影地として脚光を浴びているジェイドガーデン樹木園などを巡った。

記者団として参加した岩本絵利奈さんは、「ドラマ『冬のソナタ』ロケ地として有名な春川が、このように新しく多様な見どころが豊富な所だとは今まで知らなかった。直接感じた春川の新しい魅力をSNSを通じて広く知らせたい」と述べた。

江原道庁日本人SNS記者団の取材支援行事は4月の行事に続き、夏休みシーズンに合わせた7月に第2次の行事を開催する。詳細については江原道庁日本語公式ブログ(https://ameblo.jp/yokosogangwondo)を通して確認することができる。

文/池淑記者

Pocket

関連する記事はこちら

2019_올해의관광도시

今年の観光都市選定3都市、国内外の観光客誘致始動

「2019年韓国旅行、康津・安山・蔚山市中区に来てください!」  「2019年度今年の観光都市」に選定された全羅南道・康津郡、京畿道・安山市、蔚山広域市中区の3都市が、本格的な国内外の観光客を迎える準備に入った。 「今年の観光都市」事業は、韓国政府が毎年、観光の可能性がある基礎自…続きを読む

한국관광공사_김재중_감사패

「音楽で韓国観光広報」韓国観光公社、キム・ジェジュンに感謝状

 韓流スター、キム・ジェジュンが韓日友好増進と韓国観光の発展に寄与した功労を認められ、韓国観光公社から感謝状を受けた。 韓国観光公社は6月25日、仁川永宗島にオープンした北東アジア初の複合リゾート・パラダイスシティのグランドボールルームで、韓流スターでありJYJメンバーのキム・ジ…続きを読む

디스커버_서울패스(모델컷)

ディスカバー・ソウルパスに「地下鉄フリーパス」を追加検討

 ソウル市が外国人の自由旅行者の観光の便宜ために、観光地無料入場の特典を提供する「ディスカバー・ソウルパス」に地下鉄の割引定額券の機能を導入し、別途の地下鉄定額パスの市販も検討していることが分かった。 ソウル市によると、外国人専用観光地統合利用券である「ディスカバー・ソウルパス」…続きを読む

에어서울_다카마쓰요나고_증편

エアソウル、高松・米子路線増便へ

 エアソウルが今年10月28日から高松路線を週5回から7回、米子路線を週5回から6回に増便する。今回の増便により、高松路線は開設26年ぶりに日本の地方路線のうちでは初めての1日1便、毎日運航となった。 仁川‐高松路線はアシアナ航空が1992から運航しており、2016年から新たに発…続きを読む

롯데호텔월드_카카오룸

ロッテホテルワールド、カカオフレンズのキャラクタールームオープン

 ロッテホテルワールドがカカオのキャラクターブランド「カカオフレンズ」とのコラボレーションを通し、業界で初の「カカオフレンズ・キャラクタールーム」をオープン、これを記念した「ロッテホテルワールド×カカオフレンズ(Lotte Hotel World×KAKAOFRIENDS)」パッ…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

555

電動キックボードに乗って済州旅行…空港内にレンタルセンターを開所

韓国空港公社済州地域本部が済州観光公社と共に済州国際空港内の「スマートモビリティゾーン」を9月25日から正式運営を行っている。 空港1階にある到着待合室1番ゲート横にあるスマートモビリティゾーンは、空港利用客を対象に、電動自転車や電動キックボードを貸し出しする空間となっている。空…続きを読む

法念院

仏教文化事業団、 東京・関西でテンプルステイを広報

 韓国仏教文化事業団は、2月7日から10日、東京・大阪・京都各地の観光・文化関係者や主要寺院を訪問、韓国仏教テーマツアーを広報した。 東京では、韓国観光公社東京支社、駐日韓国大使館韓国文化院、三進トラベル(旅行社)、クラブツーリズム(旅行社)、仏教タイムス(新聞社)を訪問した。特…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02