江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

2016年12月20日

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能

 

烏竹軒韓屋村 2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入った。

1万4千㎡の敷地に80億ウォンが投入された烏竹軒韓屋村は、19棟(32室)の規模で、伝統韓屋の欠点である断熱と騒音の問題を改善した「新韓屋」スタイルで、国費35億ウォンの支援を受け、全客室インターネットとルームカードシステムなど先端技術を導入して、暖房はクヌギの薪で伝統のオンドルを炊く方式を適用し、普通の韓国旅行ではなかなか会えない伝統韓屋ステイを楽しむことができる特化宿泊施設だ。部屋の内部だけでなく、外部にも、大庁(板の間)やテッマル(縁側)、楼マル(床が高い部屋)、八作(入母屋)屋根など韓屋固有の空間特性も活かし、建築美も提供する。

烏竹軒韓屋村は11月30日から江陵市観光開発公社が委託運営し、インターネットと現場の予約を通して利用できる。烏竹軒韓屋村のオープンに続き、来年10月までに51億ウォンをかけて周辺に14棟(20室)規模の韓屋村が追加で造成される予定で、韓国最大規模の韓屋宿泊施設として完成する見込みだ。

江陵市庁側は「烏竹軒の近くに33棟規模の韓屋村がすべて完成すれば、オリンピックの時に江陵を訪れた国内外の観光客に、韓国の文化を知らせる良い観光資源となるだろう」と述べた。

烏竹軒韓屋村が位置する江陵市烏竹軒一帯は、韓国紙幣5万ウォン札の人物である申師任堂(シンサイムダン)が5千ウォン札の人物である栗谷李珥(ユルゴクイイ)先生を産んだ所で、世界で初めて母子で紙幣幣に肖像画が入った人物のゆかりの地であり、江原道を代表する歴史的な観光地としての地位を確立している。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

s-IMG_1516

世界文化遺産「百済歴史遺跡地区」日本メディア・ブロガー・考古学関係者招聘

    2015年ユネスコ世界遺産に登録されてから、日本人観光客への関心を浴びている忠清南道・全羅北道の「百済歴史遺跡地区」。今回、更なる日本人観光客誘致を目指し、コリアトラベル新聞は、日本全国からメディア・ブロガー・考古学関係者を招聘し、10月26日から3泊…続きを読む

이스타항공_취항

イースター航空、鹿児島と宮崎の定期便新規就航

 韓国国籍格安航空会社であるイースター航空が九州地域の鹿児島空港と宮崎空港にそれぞれ定期便を就航する。 仁川‐鹿児島路線は11月1日から12月20日まで週3回(水、金、日)運航し、12月21日から2018年2月28日までは週7回に毎日運航数を増やして、冬のピーク時の顧客の需要に合…続きを読む

모바일코리아투어패스

スマートフォン一つで韓国旅行!「モバイルコリアツアーカード」

外国人観光客の恵沢、便利なサービス拡大  外国人観光客の韓国観光の必須アイテム「コリアツアーカード」が利便性とメリットを最大化して「モバイル」として新たに生まれ変わる。アンドロイドOSプラットフォームの「モバイルコリアツアーカード」は、Tマネーを基盤にした交通カード機能と外国人が…続きを読む

녹색나라체험사진공모전

2014忠清圏緑の国体験写真コンテスト

9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団で受付  韓国観光公社忠清協力団は「緑の幸せに染まる」というテーマで、忠清圏の4つの市・道(大田市、忠清南道、忠清北道、世宗市)農村体験村を旅行・訪問する体験客を対象に体験写真コンテストを開催する。  公募展は、韓国内の農村体験学習のブームア…続きを読む

tway

「東京・福岡から大邱へ直行!」、ティーウェイが9月新規路線を就航

 今年9月から大邱~東京(成田空港)と大邱~福岡空港間の空の道が開かれる。大邱国際空港の開港以来、東京の直行定期路線が就航れるのは今回が初めてだ。 大邱‐成田路線は週7回、毎日往復運航する。大邱を午前11時に出発して午後1時10分に成田に到着。また成田からは午後2時10分に出発し…続きを読む

今年の-光都市

2019年の観光都市「康津郡・安山市・蔚山市中区へようこそ」

 韓国政府文化体育観光部を通して2019年度の「今年の観光都市」に選ばれた康津(カンジン)郡・安山(アンサン)市・蔚山(ウルサン)市中区の3ヵ自治体が本格的な国内外の観光客の歓迎に入る。 全羅南道康津郡は駕牛島(カウド)、美港・馬良(マリャン)港などの海洋観光と朝鮮時代の丁若鏞(…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道ソウル駅と1、4号線の乗り換え通路が開通

空港鉄道ソウル駅と地下鉄1、4号線を接続する乗り換え通路が3月28日に開通した。これにより、空港鉄道と地下鉄1、4号線との乗り換え時間が大幅に短縮されるなど、地下鉄1、4号線を利用した空港アクセスが強化された。 乗り換え通路が開通することによって、空港鉄道ソウル駅から地下鉄4号線…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02