江華郡・公州市「今年の観光都市」選定

2018年02月07日

江華郡500万人誘致目標、公州市は世界遺産の都市ブランド強化

올해의관광도시2018_BI 文化体育観光部が推進する「2018年今年の観光都市」に選定された江華郡と公州市が今年1年間、韓国観光の中核として浮上する見通しだ。「今年の観光都市」事業は、観光の可能性が大きい中小都市を毎年選定し、観光コンテンツの開発と環境の改善、広報・マーケティングなど、3年間最大国費25億ウォンを支援して、その都市を魅力的な観光地として育成する事業である。

韓国の玄関口である仁川空港が位置する仁川広域市に属している江華郡は2年の準備期間を経て、「2018年の観光都市」として本格的に観光客を迎える事業を開始する。国内外の観光客のためのコミュニケーションセンターである江華観光プラットフォームが11月3日に開館し、韓屋体験館、旧都心ストーリーウォーク、江華ストーリー劇場、メディアファサードコンテンツなどが今月1月から順次運営中だ。この他にも造形物と自然環境が調和した文化芸術フォトゾーンの設置、江華の様々なグルメがある青年モールと江華星の夜通りも造成された。

特に、江華観光シティツアーである「タシギョ(「乗ってください」の江華方言)バス」は2月から運営に入り、4月と5月には摩尼山ハンギョレ体験公園小川広場、昇天浦圏域の安全保障観光コース、世界文化遺産であるドルメン生態テーマ観光地が相次いでオープンする。江華総合リゾート、18ホール正式規格の席毛島ゴルフ場も正式運営される。

江華郡は今年、観光都市の観光客誘致目標を2016年比で40%増加した500万人としている。李相福・江華郡守は「2018年今年の観光都市は江華が首都圏で最高の観光都市に成長するためのターニングポイントになるだろう」と述べた。

百済歴史遺跡によってユネスコ世界遺産を保有する忠清南道公州市も2018今年の観光都市に選ばれ、旧石器時代から近代まで韓国の歴史文化観光都市として成長を準備中だ。

公州は、旧石器遺跡、百済の王都として、さまざまな歴史性が強調されている歴史テーマの17の事業を推進する。

代表的な事業としては、▲2018武寧王が目覚めた▲王道ミッションツアー▲「百済ミマジ仮面が来る」公演▲噂の7人の王女などがある。住民自らが語り手とツアーコーディネーターとして登場し、参加客に興味深い話を聞かせてくれる、週末の常設公演も準備した。

公州市は市民と共に「2018今年の観光都市」を成功させるために、持続可能な事業を発掘し、文化都市・観光都市・公州のイメージを強化することで、単発的な1年だけのイベントではなく、韓国の代表観光都市として跳躍する元年とすることができるように協力して準備中だ。

吳施德・公州市長は「公州市は武寧王陵と公山城が世界遺産に登録され、公州麻谷寺などの伝統的な寺院7ヵ所が世界遺産暫定リストに登載され、名実共に『世界遺産都市』として位置づけられた。世界中の観光客を魅了する歴史的な観光都市・公州に来てほしい」と説明した。

2018年の観光都市に選定された二つの都市の詳細な観光情報やイベント情報は、江華郡(ghtour.kr)と公州市(2018tour.gongju.go.kr)観光公式サイトで確認することができる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

korea-001-150x150

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」 8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催  最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウ…続きを読む

大邱タヨバス

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で 大邱都心を楽しもう 大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題  大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博し…続きを読む

KATA九州応援団

KATA九州応援団、 地震の被害を受けた熊本を訪問し応援

 韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)が熊本大震災で被害を受けた九州地域を応援するために、8月26日から28日まで、200人余りの韓国内の旅行業界関係者を同伴して九州地域を訪問し、応援のメッセージを送った。韓国旅行業協会と九州観光推進機構が共同主催し、日本政府観光局(JNTO…続きを読む

エアソウル

エアソウル、10月国際線就航「日本の7ヵ路線で運航」

 アシアナグループ初の格安航空会社であるエアソウルが今年10月から、アシアナ航空の国際線の日本路線の中から7路線に順次就航することを確定した。 エアソウル(代表:リュ・グァンヒ)は10月7日から、アシアナ航空から仁川発高松・静岡・長崎・広島・米子・富山・宇部など日本の7ヵ路線を引…続きを読む

2018관광도시_선포식

仁川江華郡・忠南公州市「2018今年の観光都市」共同宣布式開催

 「2018今年の観光都市」に選ばれた仁川江華郡と忠清南道公州市が3月4日、ソウルCOEXで開催された「私の国旅行博覧会」会場で共同宣布式を開催した。イベントには、イ・サンボク江華郡守、オ・シドク公州市長、韓国観光協会中央会キム・ホンジュ会長、観光業界や自治体関係者などが参加し、…続きを読む

慶州さくらマラソン

「第24回慶州さくらマラソン」開催

「第24回慶州さくらマラソン」開催  新羅の息遣いと桜が調和した美しい慶州にて「第24回慶州桜マラソン大会」が2015年4月4日午前8時、慶州世界文化エキスポ広場の前からスタートする。慶州市と読売新聞西部本社が共同で主催し、慶州市体育会が主管する今大会には、1万3千人余りの国内マ…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

인천공항_제2여객터미널

仁川空港第2ターミナル、来年1月18日にオープン

 仁川国際空港第2旅客ターミナルが1月18日にオープンする。韓国政府国土交通省と仁川国際空港公社は「平昌冬季オリンピックを約3週間後に控えた来年1月18日、仁川空港第2旅客ターミナルを公式オープンすることを決定した」と明らかにした。 平昌冬季オリンピックは2018年2月9日に開幕…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02