江華郡・公州市「今年の観光都市」選定

2018年02月07日

江華郡500万人誘致目標、公州市は世界遺産の都市ブランド強化

올해의관광도시2018_BI 文化体育観光部が推進する「2018年今年の観光都市」に選定された江華郡と公州市が今年1年間、韓国観光の中核として浮上する見通しだ。「今年の観光都市」事業は、観光の可能性が大きい中小都市を毎年選定し、観光コンテンツの開発と環境の改善、広報・マーケティングなど、3年間最大国費25億ウォンを支援して、その都市を魅力的な観光地として育成する事業である。

韓国の玄関口である仁川空港が位置する仁川広域市に属している江華郡は2年の準備期間を経て、「2018年の観光都市」として本格的に観光客を迎える事業を開始する。国内外の観光客のためのコミュニケーションセンターである江華観光プラットフォームが11月3日に開館し、韓屋体験館、旧都心ストーリーウォーク、江華ストーリー劇場、メディアファサードコンテンツなどが今月1月から順次運営中だ。この他にも造形物と自然環境が調和した文化芸術フォトゾーンの設置、江華の様々なグルメがある青年モールと江華星の夜通りも造成された。

特に、江華観光シティツアーである「タシギョ(「乗ってください」の江華方言)バス」は2月から運営に入り、4月と5月には摩尼山ハンギョレ体験公園小川広場、昇天浦圏域の安全保障観光コース、世界文化遺産であるドルメン生態テーマ観光地が相次いでオープンする。江華総合リゾート、18ホール正式規格の席毛島ゴルフ場も正式運営される。

江華郡は今年、観光都市の観光客誘致目標を2016年比で40%増加した500万人としている。李相福・江華郡守は「2018年今年の観光都市は江華が首都圏で最高の観光都市に成長するためのターニングポイントになるだろう」と述べた。

百済歴史遺跡によってユネスコ世界遺産を保有する忠清南道公州市も2018今年の観光都市に選ばれ、旧石器時代から近代まで韓国の歴史文化観光都市として成長を準備中だ。

公州は、旧石器遺跡、百済の王都として、さまざまな歴史性が強調されている歴史テーマの17の事業を推進する。

代表的な事業としては、▲2018武寧王が目覚めた▲王道ミッションツアー▲「百済ミマジ仮面が来る」公演▲噂の7人の王女などがある。住民自らが語り手とツアーコーディネーターとして登場し、参加客に興味深い話を聞かせてくれる、週末の常設公演も準備した。

公州市は市民と共に「2018今年の観光都市」を成功させるために、持続可能な事業を発掘し、文化都市・観光都市・公州のイメージを強化することで、単発的な1年だけのイベントではなく、韓国の代表観光都市として跳躍する元年とすることができるように協力して準備中だ。

吳施德・公州市長は「公州市は武寧王陵と公山城が世界遺産に登録され、公州麻谷寺などの伝統的な寺院7ヵ所が世界遺産暫定リストに登載され、名実共に『世界遺産都市』として位置づけられた。世界中の観光客を魅了する歴史的な観光都市・公州に来てほしい」と説明した。

2018年の観光都市に選定された二つの都市の詳細な観光情報やイベント情報は、江華郡(ghtour.kr)と公州市(2018tour.gongju.go.kr)観光公式サイトで確認することができる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

롯데면세점_월드터워_확장오픈

「ロッテ免税店ワールドタワー」韓国最大規模で誕生

 ロッテ免税店がソウル蚕室ワールドタワー店を大々的に拡充、オープンしてグローバル1位の免税店としての跳躍に乗り出した。ロッテ免税店は、面積を拡大した蚕室ロッテワールドタワー内のタワー棟とアベニュエルド棟など蚕室ワールドタワー店全体の店舗を6月30日にグランドオープンし、営業に入っ…続きを読む

부여연꽃축제

扶余「薯童蓮祭り」7月6日〜15日開催

 忠清南道扶余郡の代表的な夏祭りとして定着した第16回薯童蓮祭りが7月6日から15日まで宮南池で開催される。 今年は「世界を抱いた宮南池、夜も輝く!」というテーマで、伝説の蓮と知られる「大賀ハス」や、夜明けにのみ花を咲かせるスイレン、ピンク色の紅蓮など、1千万輪の蓮の饗宴と薯童蓮…続きを読む

현대백회점면세점_오픈

現代デパートDUTYFREE、貿易センター店公式オープン

 現代百貨店グループが免税店事業に第一歩を踏み出した。現代百貨店グループは11月1日、ソウル江南区三成洞現代デパート貿易センター店に現代デパートDUTY FREE(www.hddfs.com)をオープンした。2016年末に免税店事業権を受けて約2年ぶりだ。 免税店の店舗は、現代百…続きを読む

チュサンオク広報大使

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に  財団法人韓国訪問委員会が9月2日、ソウル光化門KTオレスクエアドリームホールで「親切な大韓民国キャンペーン」の広報のために俳優チュ・サンウクを広報大使に選定し、広報大使委嘱式を開催した。  チュ・サンウクは、愉快な笑…続きを読む

tway

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航 大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶ…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道直通列車、グループ割引を3人以上にまで拡大

自動券売機発券割引と直通列車、地下鉄乗り換え利便性も改善  コレール空港鉄道が外国人個別旅行客の小グループ化に合わせ、ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ運行する直通列車のグループ割引を今までの4人以上から3人以上へと変更する直通列車の運賃割引制度を改編した。 現在、直通列車割引制…続きを読む

Visitkorea

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン デザイン全面改編、個別観光客の利便機能拡充し、コンテンツをアップグレード  韓国観光公社が運営する韓国観光海外広報サイト(visitkorea.or.kr)の英語、日本語、中国語サイトがユーザー中心の便利なインターフェースと様々な便利な機…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02