清州国際空港、韓国観光の新関門に

2017年07月11日

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化

 

청주국제공항_에어로K 清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。

エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心空港で、半径60㎞以内に人口1千万人が密集し、産業基盤などが備わっているため、拠点として選択した。6月26日、国土交通省に航空運送免許を申請し、免許証を受領次第、ビジネスを本格化する」と明らかにした。エアロKは韓国内の10大グループであるハンファグループが22%を投資して最大株主であり、総450億ウォンの資本金で設立を準備中だ。

就航都市は、国内線の場合、済州路線を来年4月頃に就航し、残りはすべて国外路線を編成する計画であることが伝えられた。具体的には、初期に日本、台湾などに就航し、中国、ベトナム、香港などに路線を拡大していく計画だ。

今回、エアロKの就航が実現すれば、忠清北道所在清州国際空港の地位も大きく高まる見通しだ。清州国際空港は韓国の中央に位置し、ソウルなどの首都圏はもちろん、江原道、忠清南道など中部圏からのアクセスと交通インフラが完全に整っており、韓国地方観光活性化のもう一つの転機になるものと期待される。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

VR技術を利用して、実際にボブスレーの競技をしているような体験ができる

仁川空港に平昌冬季五輪広報のためのICTラウンジがオープン

聖火が仁川空港に到着して韓国内での聖火リレーがスタートした11月1日、仁川空港の空港鉄道入口前に仁川空港ICTラウンジがオープンした。ICTラウンジは、ICT(情報通信技術)を利用して、冬季オリンピックに関連したさまざまな体験ができる場所。VR(仮想現実)でオリンピックの種目を体…続きを読む

nothumbnail

釜山市、優秀観光商品公募展の結果、6つの商品選定

 釜山市は今年3月、地域のインバウンド旅行業者を対象に「優秀観光商品認定制度」の公募を実施し、その結果、旅行会社7社が参加し、最終審査を経て、3社からの6つの商品を選定したと発表した。  「優秀観光商品認定制度」は、低価格な観光商品を止揚し、品質のよい観光商品の発掘・開発を通じて…続きを読む

코레일패스

「コレールパス」リニューアル9月発売

 韓国鉄道コレールが8月1日から一定期間、コレールが運営する全ての列車を自由に利用できる外国人専用鉄道周遊券「コレールパス(Korail Pass)」を全面改編したと発表した。今まで入国期間に応じて区分販売してきた外国人対象パスの種類を一つに統合運営し、別途手続きなく購入後すぐに…続きを読む

shuttlebus

舎堂‐光明KTXシャトルバス1月11日から運行開始

 ソウル舎堂駅‐光明駅間を15~20分で運行するKTXシャトルバス(路線番号8507番)が本格的に運行に入り、ソウル江南地域とKTX光明駅間が非常に近くなった。 KTXシャトルバスは地下鉄2・4号線舎堂駅でKTX光明駅まで江南循環高速道路を利用して17㎞区間を中間停車なしにノンス…続きを読む

エア釜山

エアプサン、日オリコンチャートで「2016年LCC顧客満足度」1位

 一歩先立つエアプサンの顧客満足サービスが、日本人の心を捕らえた。釜山を基盤とする地域航空会社エアプサンは、日本の権威ある3大評価機関であるオリコンチャートが実施した「2016年LCC航空会社顧客満足度調査国際線部門」で総合1位に選定されたと9日明らかにした。オリコンチャートは音…続きを読む

스마트투어가이드_한국관광공사_정창수

韓国観光公社、平昌冬季五輪連携日本市場ブームアップ開始

韓国観光公社、平昌冬季五輪連携日本市場ブームアップ開始  韓国観光公社(社長・鄭昌洙/写真)は、5月18~24日、東京、大阪、福岡で「2017日本地域韓国文化観光大典」を開催する。 韓国観光公社は、江原道、平昌冬季オリンピック組織委員会、韓国旅行業協会と旅行業界の社長団、観光ベン…続きを読む

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02