清州国際空港、韓国観光の新関門に

2017年07月11日

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化

 

청주국제공항_에어로K 清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。

エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心空港で、半径60㎞以内に人口1千万人が密集し、産業基盤などが備わっているため、拠点として選択した。6月26日、国土交通省に航空運送免許を申請し、免許証を受領次第、ビジネスを本格化する」と明らかにした。エアロKは韓国内の10大グループであるハンファグループが22%を投資して最大株主であり、総450億ウォンの資本金で設立を準備中だ。

就航都市は、国内線の場合、済州路線を来年4月頃に就航し、残りはすべて国外路線を編成する計画であることが伝えられた。具体的には、初期に日本、台湾などに就航し、中国、ベトナム、香港などに路線を拡大していく計画だ。

今回、エアロKの就航が実現すれば、忠清北道所在清州国際空港の地位も大きく高まる見通しだ。清州国際空港は韓国の中央に位置し、ソウルなどの首都圏はもちろん、江原道、忠清南道など中部圏からのアクセスと交通インフラが完全に整っており、韓国地方観光活性化のもう一つの転機になるものと期待される。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

nothumbnail

釜山市、優秀観光商品公募展の結果、6つの商品選定

 釜山市は今年3月、地域のインバウンド旅行業者を対象に「優秀観光商品認定制度」の公募を実施し、その結果、旅行会社7社が参加し、最終審査を経て、3社からの6つの商品を選定したと発表した。  「優秀観光商品認定制度」は、低価格な観光商品を止揚し、品質のよい観光商品の発掘・開発を通じて…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

東横イン大邱

ビジネスホテルチェーン「東横イン」、大邱に2店オープン

 日本のビジネスホテルチェーンである東横インが、大邱に2つの支店を設立する。東横インが380億ウォンをかけて大邱最大の繁華街である中区東城路と東大邱駅の近くに支店を建てる。215室規模の東城路店(写真)はヤングスクエアの建物を賃借して来年オープンし、東大邱駅複合乗換センターの近く…続きを読む

그랜드세일_해외홍보

コリアグランドセール、グローバル広告スタート

 韓国訪問委員会が来年1月に開催される外国人対象のショッピング・文化観光祭であるコリアグランドセール(2019年1月17日~2月28日)を海外に知らせるためのグローバル広告キャンペーンを実施する。 コリアグランドセールのブランドを知らせ、外国人観光客の韓国訪問を誘導するために進行…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

청송문화재단_민예촌

青松文化観光財団、韓屋体験宿泊施設「民芸村」を試験運営

  慶尚北道青松郡傘下の青松文化観光財団が運営するプレミアム韓屋体験宿泊施設「民芸村」が6月から8月まで3ヵ月間の試験運用に入ると明らかにした。特に試験運用期間中に宿泊した場合、通常価格から30〜50%の割引を受けられる。  宿泊施設は絶景の自然で人気の高い周王山の観光地(249…続きを読む

경기관광공사_EG셔틀

京畿道、外国人専用のEGシャトルバス新規コース運行

 京畿道と京畿観光公社が外国人観光客向けのシャトルバスの「EGシャトル」の新規コースを3月15日から運行開始した。EGシャトルは、ソウルに約80%以上集中している訪韓外国人の個人自由旅行を京畿道に誘致するために、昨年から道と公社がローンチした外国人観光客向けのシャトルバス。 正式…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02