百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

2015年08月04日
 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過

unesco公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、百済関連の文化遺産としては韓国初、韓国内の世界遺産としては、12番目の登載という栄光を手にした。

百済の歴史遺跡地区は▲公州・公山城▲公州・宋山里古墳群▲扶餘・官北里遺跡と扶蘇山城▲扶餘・陵山里古墳群▲扶餘・定林寺址▲扶餘・羅城▲益山・王宮里遺跡▲益山・弥勒寺址など8つの遺跡で構成されている。

この日の登載審査で百済の歴史遺跡地区は、世界遺産登録の10ヵ基準のうち▲ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの(ⅱ)、▲現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠(ⅲ)の2つの基準を満たしていた。

具体的には▲百済歴史遺跡地区の考古学遺跡と建築物は、韓国と中国、日本など古代東アジア王国の間で行われた建築技術と仏教の交流を示しており、▲熊津王都と泗沘都城の立地選定、仏教寺院と石塔、古墳、建築物などは、百済の独特の文化や宗教・芸術の卓越性を示している点で、世界遺産としての価値が認められた。

百済の歴史遺跡地区はこれと共に▲単位遺跡が適切によく保存されており、▲各遺跡は歴史的な機能および関係を示すことができる十分な規模を持っており、▲遺跡保護のための緩衝区域が設定されたうえ、▲専門機構を通して保存・管理されているという点も高い評価を受けた。

この日、登載審査の通過直後、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事はWHC会議場での公式演説で、「百済の歴史遺跡は、古代韓・中・日北東アジアの平和・交流・繁栄の結果」とし、「1400年前の古代王国・百済の歴史遺跡が世界遺産に登録されることで、全世界の市民が大韓民国をはじめとする北東アジアの過去・現在・未来をより深く理解し、愛することができるようになった」と登録に対するの感謝の意を伝えた。続いて「忠清南道は百済の歴史遺跡の保存と継承を通じ、百済歴史遺跡が人類の遺産として残ることができるよう、さらに努力する」と約束した。

忠清南道と共に登載の栄光を分かち合った全羅北道・宋河珍(ソン・ハジン)知事は、「世界遺産登録の成功要因は、益山の百済歴史遺跡の人類文化史における価値と各界各層の協力を通じた熱意によってなされた『団結した全羅北道の力、百済の力』」と所感を述べ、「百済歴史遺跡地区の体系的な管理と、文化・歴史が再評価されるように観光名所化を推進し、国内外の観光客の誘致に努力する」と付け加えた。

ユネスコ世界遺産は、人類の普遍的価値を持つ自然遺産と文化遺産を発掘・保護・保存するために、1972年の「世界文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」を採択して始まった。7月末現在、世界161ヵ国1007件が世界遺産に登録されており、韓国は1995年に石窟庵・仏国寺、海印寺大蔵経板殿、宗廟など3件が名を連ねてから、今回の百済歴史遺跡地区まで合計12件の世界遺産を保有することになった。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

청주국제공항_에어로K

清州国際空港、韓国観光の新関門に

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化    清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。 エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心…続きを読む

211838_159840_1428

2019私の国旅行博覧会開幕

 韓国政府文化体育観光部が主催し、韓国観光協会中央会及びCOEXが主管する韓国内のローカル旅行最大の博覧会である「2019私の国旅行博覧会」が4月4日(木)から7日(日)まで4日間、ソウルCOEX(3階ホールC)で開かれる。 今年で16回目を迎える今年のイベントは、夜間観光コンテ…続きを読む

vist

釜山観光公社、「釜山に行けば」・「VISIT BUSAN」新規BI発表

 釜山観光公社は、国内・外の観光客を対象に釜山観光ブランドイメージを向上するために、「釜山に行けば」、「VISIT BUSAN」を新規BI(Brand Identity)に選定したと発表した。 今回のBIは、国内外の旅行者に釜山観光公社という機関名の硬い広報イメージを脱皮し、旅行…続きを読む

コリアツアーカード

「韓国旅行をもっとやさしく快適に」外国人専用コリアツアーカード発売開始

交通カード機能にショッピング割引及び観光、 エンターテイメントのメリット加え  (財)韓国訪問委員会が韓国を訪れる個人観光客対象の外国人専用交通観光カードである「コリアツアーカード」(Korea Tour Card)を発売した。「コリアツアーカード」は韓国訪問委員会と(株)韓国ス…続きを読む

太陽の末裔列車

観光列車で「太陽の末裔」に会いにいこう!

コレール、「旌善アリラン列車に乗って行くアートレール」旅行商品発売  ソウル清涼里駅から旌善アリラン列車(A‐トレイン)に乗ってKBSの人気ドラマ「太陽の末裔」のロケ地である三炭アートマインなど江原道旌善の名所を巡る「アートレール旅『太陽の末裔に会う』」の商品をコレールが発表した…続きを読む

百済キャンペーン

百済の歴史遺跡地区世界遺産登録、九州特別キャンペーン実施

 韓国観光公社福岡支社が百済の歴史遺跡地区のユネスコ世界文化遺産登録を契機に、大々的な百済特別訪韓キャンペーンを展開、日本の九州地域内の韓国観光市場の回復を図る。 今回の九州地域百済の歴史遺跡地区世界遺産登録で行われる特別キャンペーンは、百済と歴史的に深い関係がある九州地域での友…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02