百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

2015年08月04日
 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過

unesco公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、百済関連の文化遺産としては韓国初、韓国内の世界遺産としては、12番目の登載という栄光を手にした。

百済の歴史遺跡地区は▲公州・公山城▲公州・宋山里古墳群▲扶餘・官北里遺跡と扶蘇山城▲扶餘・陵山里古墳群▲扶餘・定林寺址▲扶餘・羅城▲益山・王宮里遺跡▲益山・弥勒寺址など8つの遺跡で構成されている。

この日の登載審査で百済の歴史遺跡地区は、世界遺産登録の10ヵ基準のうち▲ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの(ⅱ)、▲現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠(ⅲ)の2つの基準を満たしていた。

具体的には▲百済歴史遺跡地区の考古学遺跡と建築物は、韓国と中国、日本など古代東アジア王国の間で行われた建築技術と仏教の交流を示しており、▲熊津王都と泗沘都城の立地選定、仏教寺院と石塔、古墳、建築物などは、百済の独特の文化や宗教・芸術の卓越性を示している点で、世界遺産としての価値が認められた。

百済の歴史遺跡地区はこれと共に▲単位遺跡が適切によく保存されており、▲各遺跡は歴史的な機能および関係を示すことができる十分な規模を持っており、▲遺跡保護のための緩衝区域が設定されたうえ、▲専門機構を通して保存・管理されているという点も高い評価を受けた。

この日、登載審査の通過直後、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事はWHC会議場での公式演説で、「百済の歴史遺跡は、古代韓・中・日北東アジアの平和・交流・繁栄の結果」とし、「1400年前の古代王国・百済の歴史遺跡が世界遺産に登録されることで、全世界の市民が大韓民国をはじめとする北東アジアの過去・現在・未来をより深く理解し、愛することができるようになった」と登録に対するの感謝の意を伝えた。続いて「忠清南道は百済の歴史遺跡の保存と継承を通じ、百済歴史遺跡が人類の遺産として残ることができるよう、さらに努力する」と約束した。

忠清南道と共に登載の栄光を分かち合った全羅北道・宋河珍(ソン・ハジン)知事は、「世界遺産登録の成功要因は、益山の百済歴史遺跡の人類文化史における価値と各界各層の協力を通じた熱意によってなされた『団結した全羅北道の力、百済の力』」と所感を述べ、「百済歴史遺跡地区の体系的な管理と、文化・歴史が再評価されるように観光名所化を推進し、国内外の観光客の誘致に努力する」と付け加えた。

ユネスコ世界遺産は、人類の普遍的価値を持つ自然遺産と文化遺産を発掘・保護・保存するために、1972年の「世界文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」を採択して始まった。7月末現在、世界161ヵ国1007件が世界遺産に登録されており、韓国は1995年に石窟庵・仏国寺、海印寺大蔵経板殿、宗廟など3件が名を連ねてから、今回の百済歴史遺跡地区まで合計12件の世界遺産を保有することになった。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

korea-001-150x150

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」 8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催  最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウ…続きを読む

강원도_도쿄프로모션

平昌冬季オリンピックの熱気を日本に! 江原道知事が東京で広報活動を実施

来年2月9日から開催されるスポーツの祭典、平昌冬季オリンピック・パラリンピックの魅力を伝える「平昌五輪広報ゾーン」の除幕式が4月11日午後3時より東京・新宿のコリアセンターにて行われ、五輪開催地である江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事をはじめ、李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大…続きを読む

江原道名誉外信記者団

2016年江原道公式日本語ブログ 「名誉外信記者団」が発足

 2018年冬季オリンピックの舞台として、世界中から注目を集める平昌(ピョンチャン)がある江原道(カンウォンド)。韓国国内では、避暑地として、また大自然が楽しめるヒーリング旅行地として良く知られているものの、日本ではソウルや釜山に比べ知名度が低いのが実情だった。そこで、昨年の下半…続きを読む

tway

「東京・福岡から大邱へ直行!」、ティーウェイが9月新規路線を就航

 今年9月から大邱~東京(成田空港)と大邱~福岡空港間の空の道が開かれる。大邱国際空港の開港以来、東京の直行定期路線が就航れるのは今回が初めてだ。 大邱‐成田路線は週7回、毎日往復運航する。大邱を午前11時に出発して午後1時10分に成田に到着。また成田からは午後2時10分に出発し…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

lovelybuyeo

扶余観光「4色シティツアー」運行

 世界文化遺産百済遺跡地区の中心都市である忠南扶余郡が4つのテーマの2017年度の新規シティツアーバス商品である「4色シティツアー」の正式運行に入った。 シティツアーは、文化観光解説士の深みのある解説と共にユネスコ世界遺産である百済歴史遺跡地区と扶余の観光名所を体験する4つのコー…続きを読む

チュサンオク広報大使

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に  財団法人韓国訪問委員会が9月2日、ソウル光化門KTオレスクエアドリームホールで「親切な大韓民国キャンペーン」の広報のために俳優チュ・サンウクを広報大使に選定し、広報大使委嘱式を開催した。  チュ・サンウクは、愉快な笑…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02