空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

2017年01月23日

空港鉄道

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、
駅員も韓服着用

 

仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを始めた。

空港鉄道側は、「1月1日から、駅のプラットフォームや列車内で放送される列車の到着音を伽椰琴(カヤグム)の音調と喇叭(ラッパ)音などが調和した国楽に変更し、外国人利用客には韓流文化、国内利用客には仁川国際空港とソウル都心を早く移動できる空港鉄道ならではの特色あるイメージを持ってもらえるようにすることにした」と明らかにした。

現在、空港鉄道駅のプラットフォームでは、列車到着時にコレールが首都圏内の電車で使うベル、喇叭音が放送されているが、これを淑明伽椰琴演奏団が伽椰琴で演奏した国楽風に替えた。列車内の到着音も財団法人国楽放送芸術団が、終着駅、中間駅などによってテーマを変えて、伽椰琴の音調など外国人が好む音律を取り入れた。

特に、ソウル駅の終着列車では、歓迎などの意味が込められた宮廷音楽「千年万歳」を編曲した 「リフレッシュ・コリア」が旅行に対する胸のときめきを抱かれてくれ、仁川空港駅終着列車では韓国に対する懐かしさを込め、また会うことを願う「一緒にする韓国」で別離の情を込めたと説明した。

空港鉄道は、これと共に外国人が多く訪れるソウル駅と仁川空港駅の顧客案内センターに勤める駅員のユニフォームを今年3月から改良韓服に替えるなど韓流イメージを強化させる計画だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

ロッテワールドアクアリウム

「ロッテワールドアクアリウム」再オープン

ソウル都心最大の水族館 「ロッテワールドアクアリウム」再オープン 新築中のロッテワールドタワー低層部の商業施設であるロッテワールドモールにある水族館「ロッテワールドアクアリウム」が5月12日から新たな姿で再オープンした。ロッテワールドアクアリウムは昨年10月16日にオープンしたも…続きを読む

全羅北道バス

全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。 「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

신라스테이_해운대

新羅ステイ海雲台オープン

 新羅ステイが釜山海雲台に18日にオープンする。新羅ステイ海雲台は「スマーターステイ(Smarter Stay)」をコンセプトに、新羅ホテルの商品やサービスの価値の上に新しい感性を加えたプレミアムビジネスホテルを志向する。地下3階、地上18階規模で407室の客室と132席のモダン…続きを読む

ロッテワールド「フライベンチャー」

ロッテワールドに「フライベンチャー」オープン

モーションライドシステム導入した超大型フライトシミュレーションアトラクション  スーパーマンのように空を飛びたいという夢、誰もが一度は想像したのではないだろうか。ソウルにある最大のテーマパークであるロッテワールドアドベンチャーが、12月23日、空を飛ぶ夢を実現してくれる超大型野心…続きを読む

한국방문위원회_설문조사

外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02