空港鉄道、地下鉄搭乗券とセットで統合乗車券発売

2017年04月18日

乗車券一枚で直通列車、地下鉄すべて利用、4月1日発売

 

空港鉄道 空港鉄道(AREX)は、ソウル駅‐仁川空港駅区間を運行する直通列車と首都圏電車の乗り換えが可能な統合乗車券を独自開発し、4月1日より発売を開始した。

統合乗車券は直通列車の運賃(ソウル駅‐仁川空港駅)に地下鉄の運賃(ソウル駅‐該当区間)一つにした一種の1回用交通カードで、地下鉄の1回用乗車券のように保証金500ウォンを別途に払い、保証金は、最終目的地の地下鉄駅にある保証金払い戻し機で払い戻す。

これによって、仁川空港駅から直通列車を利用する場合、ソウル駅に到着後、地下鉄乗車券を購入する必要なく、統合乗車券で乗り換えゲートを通過してそのまま地下鉄1・4号線に乗り換えることができる。

ただし、首都圏の地下鉄では、統合乗車券を販売しておらず、1・4号線の利用客が空港鉄道ソウル駅から仁川空港行きの直通列車を利用するには、既存の方法で乗り換え通路内の顧客案内センターで直通列車乗車券を別途購入する必要がある。

これまで空港鉄道直通列車利用客は、乗車券がソウル駅‐仁川空港駅区間でのみ使用が可能で、地下鉄を利用するには、ゲートの外に出て、別途に地下鉄乗車券を購入しなければならなかった。

空港鉄道側は「毎年300万人にのぼる外国人利用客は指定席制の直通列車を好むが、ソウル駅から地下鉄への乗り換えが複雑で困難が多かった」とし、「直通列車の座席番号は領収書に表記されるため、ソウル駅到着時まで統合乗車券と領収書を持って乗ることが必要」と付け加えた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道ソウル駅と1、4号線の乗り換え通路が開通

空港鉄道ソウル駅と地下鉄1、4号線を接続する乗り換え通路が3月28日に開通した。これにより、空港鉄道と地下鉄1、4号線との乗り換え時間が大幅に短縮されるなど、地下鉄1、4号線を利用した空港アクセスが強化された。 乗り換え通路が開通することによって、空港鉄道ソウル駅から地下鉄4号線…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

1330_무료화

韓国代表観光通訳案内電話1330、全世界どこからでも無料

 韓国観光公社が今月3月19日より、全世界のどこからでも電話料金の負担なく利用できる1330観光通訳案内電話無料通話サービスを実施する。 1330は年中無休、24時間、8ヵ国の言語にて韓国観光案内サービスを提供している名実共なる韓国代表観光通訳案内電話だ。しかし、今まではユーザー…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

청와대사랑채

青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成 韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営  韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。  昨年、韓国人27万人、外…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

강원도_SNS기자단

江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。 今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイ…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence