空港鉄道、金浦空港駅トラベルセンター運営

2018年02月07日

김포공항_트래블센터 空港鉄道(AREX)は金浦空港を通じて入・出国する内・外国人を対象に、ワンストップのサービスを提供するために、新年1月1日に「金浦空港駅トラベルセンター」の運営を開始した。

空港鉄道側は「昨年、285万3700人の外国人が空港鉄道を利用しており、ソウルの都心と空港を結ぶ代表的な空港連携交通手段として、変化する外国人観光需要に柔軟に対応するため、金浦空港にトラベルセンターを開所することとなった」と述べた。

空港鉄道金浦空港駅の顧客案内センター(地下1階)にオープンしたトラベルセンターでは、英語・日本語・中国語などの外国語に堪能な専門ツアーマネージャーが常駐し、▲首都圏の公共交通機関の案内▲旅行商品や宿泊予約▲荷物保管・配送▲コート保管▲SIMカード販売▲ポケットWi‐Fiレンタルなどの様々なサービスを提供する。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

大田訪問の年ロゴ

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で 観光都市跳躍 大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業  韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市として…続きを読む

한국방문위원회_설문조사

外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

창원방문의해

「2018昌原訪問の年」開幕

 2018年「昌原訪問の年」が開かれた。慶南昌原市が1月2日、昌原訪問の年成功祈願塔除幕を皮切りに、観光客誘致拡大のための「2018昌原訪問の年」事業を始動した。 昌原市は今年、国内外の観光客1千500万人の訪問という目標を立てた。2016年の昌原市訪問者1千95万人より37%ほ…続きを読む

Kドラマフェスタ平昌

「平昌へお越しください!」冬季オリンピックブームアッププロモーション等相次ぎ開催

K‐ドラマフェスタin平昌など、 オリンピックマーケティングを本格化  文化体育観光部と韓国観光公社が江原道・京畿道・ソウル市と共同で、今年2月18日、龍平リゾートで2018平昌冬季オリンピックの国内外のブームアップを通した成功的な開催を祈願する「K‐ドラマフェスタ in 平昌」…続きを読む

ロッテワールドタワー

韓国最高ロッテワールドタワー、4月3日オープン確定

  韓国の新しいランドマークとして位置づけられるロッテワールドタワーが使用承認などの手続きを終えて、ロッテグループ創立50周年を迎える4月3日に正式オープンする。全体の延べ床面積は80万5872㎡とサッカー競技場(横105m×縦68m)115個分の大きさで、タワー123…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02