空港鉄道直通列車、グループ割引を3人以上にまで拡大

2016年07月07日

自動券売機発券割引と直通列車、地下鉄乗り換え利便性も改善

空港鉄道 コレール空港鉄道が外国人個別旅行客の小グループ化に合わせ、ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ運行する直通列車のグループ割引を今までの4人以上から3人以上へと変更する直通列車の運賃割引制度を改編した。

現在、直通列車割引制度の割引幅が最も大きいのがグループ割引で、4人以上が利用すると1人当たり8千ウォンの料金が6千ウォンになるが、今回の割引制度改編によって、3人以上でもグループ割引が適用されるようになる。

今回のグループ割引改編について空港鉄道側は「最近の外国人個人旅行のトレンドが、1人に続いて3人単位での入国が最も多い傾向がみられ、韓国人も、4人より3人の家族単位が多いことから、グループ割引を3人以上へと拡大することにした」と明らかにした。

券売窓口での待ち時間の短縮のために、自動券売機利用割引(8000→7500ウォン)も導入される。これにより、券売窓口ではなく、自動券売機利用時に誰でも割引を受けることができる。

これと共に、仁川空港駅から直通列車を利用してソウル駅に到着する乗客の地下鉄乗り換えによる不便さも大幅に解消される。これまで仁川空港駅から直通列車を利用してソウル駅に到着した乗客は、直通列車ゲートの外にいったん出てから1回用交通カードを購入しなければならなかったが、6月1日からは、仁川空港駅から直通列車の乗車券と1回用交通カードを同時に購入して、ソウル駅下車後、一般列車の利用客と同じように地下鉄の乗り換えゲートをそのまま利用できるように改善され、より手軽に地下鉄利用が可能となった。

コレール空港鉄道は、ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ43分で走破する直通列車と、すべての駅に停車する一般列車が運行している。直通列車はKTXと同じように、客室内に個別の座席とトイレがあり、乗務員案内サービスが提供されることが特徴だ。

今年1月から4月までの直通列車の一日平均利用客は、前年同期比25%増の2934人となり、立席のない指定席と広々とした快適な室内空間等により入国外国人の利用率が徐々に増加傾向を見せている。

一方、コレール空港鉄道は増加する外国人観光客に対応して直通列車内の無料Wi‐Fiサービスを開始した。これまでの空港鉄道に設置されたWi‐Fiの場合、韓国内の一部通信社(SKT、KT)に登録した顧客のみ利用できたが、完全オープンWi‐Fiサービスに改善し、外国人乗客も制限なく無線インターネットアクセスを利用できるようになった。

また、Wi‐Fi接続時に韓/英/中/日の4つの言語がサポートされ、直通列車を利用する外国人が一層簡単で便利なWi‐Fi利用が可能となった。Wi‐Fiを利用するためには、モバイル機器では、「AREX Free Wi-Fi」を選択すればよく、別途加入および認証手続きは必要ない。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

서브02_함양휴양밸리(모노레일)

ヒーリング旅行の目的地、咸陽大鳳山休養バレー

慶尚南道(キョンサンナムド)に位置する咸陽(ハミャン)郡は全体面積のうち78%が山からなっている。そんな地形を生かし、山で楽しむヒーリング旅行先として注目されているのが、咸陽大鳳山休養バレーだ。 大鳳山(テボンサン)の地形を生かし、大自然の中で楽しむ宿泊施設やキャンプ場、そして健…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、 駅員も韓服着用   仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

이스타항공_취항

イースター航空、鹿児島と宮崎の定期便新規就航

 韓国国籍格安航空会社であるイースター航空が九州地域の鹿児島空港と宮崎空港にそれぞれ定期便を就航する。 仁川‐鹿児島路線は11月1日から12月20日まで週3回(水、金、日)運航し、12月21日から2018年2月28日までは週7回に毎日運航数を増やして、冬のピーク時の顧客の需要に合…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

대한항공_엠버서더(슈퍼M)

大韓航空、「スーパーエム」グローバルアンバサダー委嘱

大韓航空が韓国を代表する韓流の先頭走者と手を結び、より高く飛び立つ。 大韓航空は11月6日(水)、ソウル江西区空港洞所在の大韓航空本社にて、SMエンターテイメント所属アーティストのスーパーエム(SuperM)をグローバルアンバサダー(Global Ambassador)に任命した…続きを読む

コリアツアーカード

「韓国旅行をもっとやさしく快適に」外国人専用コリアツアーカード発売開始

交通カード機能にショッピング割引及び観光、 エンターテイメントのメリット加え  (財)韓国訪問委員会が韓国を訪れる個人観光客対象の外国人専用交通観光カードである「コリアツアーカード」(Korea Tour Card)を発売した。「コリアツアーカード」は韓国訪問委員会と(株)韓国ス…続きを読む

白羊寺

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」 全羅南道長城郡に位置する白羊寺双溪楼の紅葉の絶景。内蔵山国立公園にある白岩山白羊寺は、屏風のような白鶴峰と境内のあちこちにあるもみじが調和し、韓国最高のもみじの名所として知られる。特に双溪楼を背景にした紅葉の絶景が白眉とされて…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence