羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

2017年04月18日

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。

韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ月間、羽田空港国際線4階に韓国観光広報館を設置、運営する予定だ。

この業務協約を通じ、各機関は、▶広報館企画と運営総括(韓国観光公社)、▶平昌・江原観光コンテンツ提供(江原道)、▶羽田空港運営者業務協議と賃貸(韓国空港公社)、▶平昌冬季オリンピックのコンテンツ(VRなど)をサポート(平昌五輪組織委員会)、▶外来客誘致のための観光コンテンツをサポート(韓国訪問委員会)などの役割を担うことになる。

韓国観光広報館は、羽田空港を利用する日本人と外国人観光客に2018平昌冬季オリンピックと韓国文化コンテンツをテーマに様々な広報イベントや体験プログラムを提供することによって、韓国に対する関心を高め、訪韓需要を刺激する接点マーケティングを展開する計画だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

KTX_경강선

ソウル‐江陵を70分で走破、KTX‐京江線今年12月に開通

 仁川国際空港からソウルを経て江陵まで行くKTX‐京江線が来る12月に開通する。 KTX‐京江線は、2月に江原道で開催される平昌冬季オリンピックの鉄道交通インフラの拡大のために工事が行われ、12月に京江線が開通すると、仁川国際空港からソウル、原州を経て東海岸の江陵まで高速鉄道で一…続きを読む

녹색나라체험사진공모전

2014忠清圏緑の国体験写真コンテスト

9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団で受付  韓国観光公社忠清協力団は「緑の幸せに染まる」というテーマで、忠清圏の4つの市・道(大田市、忠清南道、忠清北道、世宗市)農村体験村を旅行・訪問する体験客を対象に体験写真コンテストを開催する。  公募展は、韓国内の農村体験学習のブームア…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

신라스테이_해운대

新羅ステイ海雲台オープン

 新羅ステイが釜山海雲台に18日にオープンする。新羅ステイ海雲台は「スマーターステイ(Smarter Stay)」をコンセプトに、新羅ホテルの商品やサービスの価値の上に新しい感性を加えたプレミアムビジネスホテルを志向する。地下3階、地上18階規模で407室の客室と132席のモダン…続きを読む

lotte_seasongreeting

ロッテ免税店、ブランド最大80%割引

 ロッテ免税店は、2月23日まで「ニューイヤーズグリーティング」イベントを実施する。今回のイベントは、海外の高級ブランドを最大80%割引した価格(一部のブランドを除く)での購入チャンスとなっており、最大20万ウォン割引となっている高級時計、ジュエリースペシャルセールも一緒に行われ…続きを読む

kguid-150x150

外国人対象の韓国安全ガイドブック発刊

 文化体育観光部と韓国観光公社は、外国人観光客が安全に韓国旅行を楽しむことができるよう、「韓国の安全ガイドブック(Safe Travel In Korea)」を英語・中国語(簡体字、繁体字)・日本語で出版した。 このリーフレットは、観光警察・観光苦情申告センター・119などの緊急…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

평창700_열차여행

平昌アルペンシア、「正東津日の出・ハッピー700平昌列車の旅」発売

電車やバスで行く正東津・江陵・アルペンシア・平昌一周コース    平昌アルペンシアリゾートとコレール江原本部は、列車とバスを結合したレールシティツアー商品「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」を発売した。 「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」は、1泊2…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02