襄陽・清州・仁川拠点格安航空会社3社誕生、「地方観光の活力に期待」

2019年03月25日

신규거점항공사_선정(에어로케이) 韓国政府国土交通部が昨年11月に新規航空免許を申請した5つの事業者に対する免許諮問会議の結果、フライ江原(襄陽空港)、エアロケイ航空(清州空港)、エアプレミア(仁川空港)にそれぞれ3月5日付で国際航空運送事業免許を発行した。

今回、国土交通部からの航空輸送免許の新規発行によって、江原道・襄陽と忠清北道・清州、仁川広域市を拠点とする新規航空会社3社が誕生し、地方空港活性化及び地方観光の拡大への期待が高まる見通しだ。

まず、フライ江原は2022年までに航空機9台を導入し、襄陽空港を基盤として中国、日本、フィリピンなど25路線就航を目指す。また、就航初年度の今年の9万人を皮切りに、来年110万人、2021年168万人、2022年204万人の輸送客を目標に事業を展開する予定だ。

清州空港を拠点とするエアロケイは、中国、日本、台湾、ベトナムの4ヵ国11路線の運航を準備中だ。このため、2022年までに180席規模のA320機6台を購入する計画であり、今後3年間で140万人の乗客誘致を目指し、清州空港と忠清圏一帯の観光活性化を図る予定だ。公式就航は今年の年末頃か来年初めになされる。

仁川を拠点とするエアプレミアは、中・長距離国際路線を目指して事業を展開する。2020年9月頃の初就航を目指し、ベトナムのハノイとホーチミン、日本の大阪と成田、香港などに就航して、翌年から米国とカナダなどに路線を拡大する予定だ。特にエアプレミアは、中・長距離国際路線に差別化した戦略で、エコノミー席の座席間の距離は約89㎝を提供するフルキャリア以上のプレミアムサービスに集中する計画だ。このため、ボーイングのB787‐9(ドリームライナー)機種を2022年までに7台、2024年までに10台を導入すると付け加えた。

新規の3ヵ航空会社の発足により、2020年以降、日本人観光客の韓国地方観光旅行の選択肢もより一層豊富になる見通しだ。首都圏と隣接した清州空港は、仁川空港と金浦空港の代替空港として、首都圏と忠清圏域の旅行の玄関口としての高い競争力を持っており、平昌冬季オリンピック開催都市である江原道の襄陽空港も、江原道の関門に位置するだけに、日本人観光客の江原道旅行がさらに容易になる見通しだ。

今回の3つの地方拠点の新規航空会社の免許発行によって、その空港が位置する自治体では外国人観光客の誘致拡大への期待も高まっている。特に、訪韓外国人観光客の主力市場である日本と中国での新規航空会社の定期便が集中就航しているだけに、襄陽空港が位置する江原道と清州空港が位置する忠清北道は、新規就航に合わせて、日本と中国市場での集中プロモーションとインバウンド商品強化などを企画する方針だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

ソウル市タルンイ

ソウル市自転車「タルンイ」、「外国人観光客もすぐご利用ください」

 ソウル市が運営している公共自転車「タルンイ」の利用がこれまで韓国国籍者の会員制から外国人観光客を含む非会員制に拡大された。 今回の利用条件の簡素化により、これまで利用が不可能だった外国人観光客も、本人認証や会員登録などの複雑な手続きなく、オンライン決済(携帯電話小額決済、カード…続きを読む

입국장면세점

入国フロア免税店、仁川空港に5月オープン

 韓国政府が国民の旅行便宜を拡大するため、仁川空港で入国フロアの免税店を5月から運営する。これにより、韓国の空港に到着してからも免税品の購入が可能となる。これまでは、韓国からの出国時、または日本など海外の空港から出国時の免税店でのみ利用でき、飛行機の搭乗時に携帯するなどの煩わしさ…続きを読む

欲張り釜山キャンペーン

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で 九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施    韓国観光公社福岡支社は、福岡‐釜山間の航路路線の活性化と訪韓観光誘致拡大のために、代表的な定期路線であるJR九州の「ビートル」、「ニューかめりあ」と共同で、12月27日まで「欲張り釜山キ…続きを読む

kguid-150x150

外国人対象の韓国安全ガイドブック発刊

 文化体育観光部と韓国観光公社は、外国人観光客が安全に韓国旅行を楽しむことができるよう、「韓国の安全ガイドブック(Safe Travel In Korea)」を英語・中国語(簡体字、繁体字)・日本語で出版した。 このリーフレットは、観光警察・観光苦情申告センター・119などの緊急…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

getImage

文化体育観光部、国立文化芸術施設4月19日まで休館を延長

文化体育観光部と文化財庁は、新型コロナの拡散を防ぐために「強化された社会的距離の確保」期間に国立文化芸術施設や屋内文化財観覧施設の休館を4月19日まで延長することとした。 当該施設は国立中央博物館と地方博物館13カ所(慶州・光州・全州・大邱・扶余・公州・晋州・清州・金海・済州・春…続きを読む

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence