襄陽・清州・仁川拠点格安航空会社3社誕生、「地方観光の活力に期待」

2019年03月25日

신규거점항공사_선정(에어로케이) 韓国政府国土交通部が昨年11月に新規航空免許を申請した5つの事業者に対する免許諮問会議の結果、フライ江原(襄陽空港)、エアロケイ航空(清州空港)、エアプレミア(仁川空港)にそれぞれ3月5日付で国際航空運送事業免許を発行した。

今回、国土交通部からの航空輸送免許の新規発行によって、江原道・襄陽と忠清北道・清州、仁川広域市を拠点とする新規航空会社3社が誕生し、地方空港活性化及び地方観光の拡大への期待が高まる見通しだ。

まず、フライ江原は2022年までに航空機9台を導入し、襄陽空港を基盤として中国、日本、フィリピンなど25路線就航を目指す。また、就航初年度の今年の9万人を皮切りに、来年110万人、2021年168万人、2022年204万人の輸送客を目標に事業を展開する予定だ。

清州空港を拠点とするエアロケイは、中国、日本、台湾、ベトナムの4ヵ国11路線の運航を準備中だ。このため、2022年までに180席規模のA320機6台を購入する計画であり、今後3年間で140万人の乗客誘致を目指し、清州空港と忠清圏一帯の観光活性化を図る予定だ。公式就航は今年の年末頃か来年初めになされる。

仁川を拠点とするエアプレミアは、中・長距離国際路線を目指して事業を展開する。2020年9月頃の初就航を目指し、ベトナムのハノイとホーチミン、日本の大阪と成田、香港などに就航して、翌年から米国とカナダなどに路線を拡大する予定だ。特にエアプレミアは、中・長距離国際路線に差別化した戦略で、エコノミー席の座席間の距離は約89㎝を提供するフルキャリア以上のプレミアムサービスに集中する計画だ。このため、ボーイングのB787‐9(ドリームライナー)機種を2022年までに7台、2024年までに10台を導入すると付け加えた。

新規の3ヵ航空会社の発足により、2020年以降、日本人観光客の韓国地方観光旅行の選択肢もより一層豊富になる見通しだ。首都圏と隣接した清州空港は、仁川空港と金浦空港の代替空港として、首都圏と忠清圏域の旅行の玄関口としての高い競争力を持っており、平昌冬季オリンピック開催都市である江原道の襄陽空港も、江原道の関門に位置するだけに、日本人観光客の江原道旅行がさらに容易になる見通しだ。

今回の3つの地方拠点の新規航空会社の免許発行によって、その空港が位置する自治体では外国人観光客の誘致拡大への期待も高まっている。特に、訪韓外国人観光客の主力市場である日本と中国での新規航空会社の定期便が集中就航しているだけに、襄陽空港が位置する江原道と清州空港が位置する忠清北道は、新規就航に合わせて、日本と中国市場での集中プロモーションとインバウンド商品強化などを企画する方針だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

코리아그랜드세일2019

外国人対象「コリアグランドセール」来年1月17日に開催決定

2月28日まで開催、航空・宿泊などの観光プロモーション実施  (財)韓国訪問委員会は、来年1月17日から2月28日まで「2019コリアグランドセール(Korea Grand Sale)」を開催すると発表した。コリアグランドセールは、ショッピング、観光、韓流など韓国の魅力的なコンテ…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

디스커버패스_서울플러스판

外国人観光客専用「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」発売

南怡島・エバーランド・松島セントラルパークなど 観光地96ヵ所をカード一枚で利用  ソウルを訪れた外国人観光客がカード一枚で京畿・仁川まで合計96ヵ所の観光地を利用できる外国人専用観光パス「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」が発売される。 「ディスカバーソウルパス…続きを読む

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外…続きを読む

東横イン大邱

ビジネスホテルチェーン「東横イン」、大邱に2店オープン

 日本のビジネスホテルチェーンである東横インが、大邱に2つの支店を設立する。東横インが380億ウォンをかけて大邱最大の繁華街である中区東城路と東大邱駅の近くに支店を建てる。215室規模の東城路店(写真)はヤングスクエアの建物を賃借して来年オープンし、東大邱駅複合乗換センターの近く…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

입국장면세점

入国フロア免税店、仁川空港に5月オープン

 韓国政府が国民の旅行便宜を拡大するため、仁川空港で入国フロアの免税店を5月から運営する。これにより、韓国の空港に到着してからも免税品の購入が可能となる。これまでは、韓国からの出国時、または日本など海外の空港から出国時の免税店でのみ利用でき、飛行機の搭乗時に携帯するなどの煩わしさ…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02