襄陽・清州・仁川拠点格安航空会社3社誕生、「地方観光の活力に期待」

2019年03月25日

신규거점항공사_선정(에어로케이) 韓国政府国土交通部が昨年11月に新規航空免許を申請した5つの事業者に対する免許諮問会議の結果、フライ江原(襄陽空港)、エアロケイ航空(清州空港)、エアプレミア(仁川空港)にそれぞれ3月5日付で国際航空運送事業免許を発行した。

今回、国土交通部からの航空輸送免許の新規発行によって、江原道・襄陽と忠清北道・清州、仁川広域市を拠点とする新規航空会社3社が誕生し、地方空港活性化及び地方観光の拡大への期待が高まる見通しだ。

まず、フライ江原は2022年までに航空機9台を導入し、襄陽空港を基盤として中国、日本、フィリピンなど25路線就航を目指す。また、就航初年度の今年の9万人を皮切りに、来年110万人、2021年168万人、2022年204万人の輸送客を目標に事業を展開する予定だ。

清州空港を拠点とするエアロケイは、中国、日本、台湾、ベトナムの4ヵ国11路線の運航を準備中だ。このため、2022年までに180席規模のA320機6台を購入する計画であり、今後3年間で140万人の乗客誘致を目指し、清州空港と忠清圏一帯の観光活性化を図る予定だ。公式就航は今年の年末頃か来年初めになされる。

仁川を拠点とするエアプレミアは、中・長距離国際路線を目指して事業を展開する。2020年9月頃の初就航を目指し、ベトナムのハノイとホーチミン、日本の大阪と成田、香港などに就航して、翌年から米国とカナダなどに路線を拡大する予定だ。特にエアプレミアは、中・長距離国際路線に差別化した戦略で、エコノミー席の座席間の距離は約89㎝を提供するフルキャリア以上のプレミアムサービスに集中する計画だ。このため、ボーイングのB787‐9(ドリームライナー)機種を2022年までに7台、2024年までに10台を導入すると付け加えた。

新規の3ヵ航空会社の発足により、2020年以降、日本人観光客の韓国地方観光旅行の選択肢もより一層豊富になる見通しだ。首都圏と隣接した清州空港は、仁川空港と金浦空港の代替空港として、首都圏と忠清圏域の旅行の玄関口としての高い競争力を持っており、平昌冬季オリンピック開催都市である江原道の襄陽空港も、江原道の関門に位置するだけに、日本人観光客の江原道旅行がさらに容易になる見通しだ。

今回の3つの地方拠点の新規航空会社の免許発行によって、その空港が位置する自治体では外国人観光客の誘致拡大への期待も高まっている。特に、訪韓外国人観光客の主力市場である日本と中国での新規航空会社の定期便が集中就航しているだけに、襄陽空港が位置する江原道と清州空港が位置する忠清北道は、新規就航に合わせて、日本と中国市場での集中プロモーションとインバウンド商品強化などを企画する方針だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

코레일_여행플랫폼

コレール、「列車の旅で外国人自由旅行客をキャッチ」

 コレールは鉄道・宿泊・観光地を一度に予約することができる総合旅行プラットフォームである「自分だけの列車の旅づくり」の外国語版である「Explore Korea with your own rail travel plan」の開発を完了し、本格的な外国人観光客の誘致を開始する。 …続きを読む

欲張り釜山キャンペーン

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で 九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施    韓国観光公社福岡支社は、福岡‐釜山間の航路路線の活性化と訪韓観光誘致拡大のために、代表的な定期路線であるJR九州の「ビートル」、「ニューかめりあ」と共同で、12月27日まで「欲張り釜山キ…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパーク、7月1日新たにオープン!

陜川映像テーマパークが7月1日から、大統領府セット場の再開場と共に新しい姿でオープンする予定だ。 「陜川郡映像テーマパーク運営条例」の改正に伴い、青瓦台セット場が映像テーマパークの運営範囲に含まれて統合運営される。 入場料は大人3千ウォンから5千ウォンに引き上げられる。 青瓦台セ…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道直通列車、グループ割引を3人以上にまで拡大

自動券売機発券割引と直通列車、地下鉄乗り換え利便性も改善  コレール空港鉄道が外国人個別旅行客の小グループ化に合わせ、ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ運行する直通列車のグループ割引を今までの4人以上から3人以上へと変更する直通列車の運賃割引制度を改編した。 現在、直通列車割引制…続きを読む

티웨이_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州 – 大阪路線就航、日本人観光客呼ぶ

 韓国格安航空会社で日韓路線に多数就航しているティーウェイ航空が済州‐大阪間の定期路線を6月30日に開設し、正式運航に入った。済州を訪れる日本人観光客が大幅に減少して低迷局面が続く中で、格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が済州‐大阪路線に就航し、日本市場の攻略に再び活力を吹き…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02