観光通訳案内士の資格証、セキュリティが強化された電子カードに全面交換

2016年07月11日

ICチップ内蔵、観光警察スマートフォンで真偽をすぐに確認

文化体育観光部(長官・金鍾徳)と韓国観光公社(社長・鄭昌洙)は、観光通訳案内士の資格証の偽造・変造防止のために、6月7日(火)から資格証をICチップが内蔵された電子カードに全面交換発給する。

セキュリティが脆弱な既存の資格証の偽造・変造行為を根絶するために、新型の資格証は、資格保有者の情報などが電子的に保存された集積回路(IC)チップが内蔵されており、偽造が難しい。併せて、無資格者の取り締まり実効性を高めるために、観光警察がスマートフォンに資格証の偽造・変造の有無をリアルタイムで確認できるシステムも開発した。

今回の資格証の交換は1962~2015年の観光通訳案内士の資格を取得した後、現在有効な資格証を保有している者を対象とする。再発行申請書、半名刺サイズ写真1枚、身分証明書のコピーなどの関連書類を持参して、韓国観光公社ソウルセンター2階に設けられた現場受付を訪問するか、関連する書類を同封して郵送でも申請することができる。また、今後、旧型の資格証を携行して観光客案内を行えば指導対象となり、発行手数料も今年末まで一時的に免除されるため、対象者は、年内に交換を完了しなければならない。

韓国観光公社の人材育成チームのイ・サンギチーム長は「資格証の携行ユーザーと無資格者に対する処罰規定が新設され、今年8月4日の施行を控えており、偽造防止用ICチップの資格の交換や観光警察の取り締まりシステムまで一括整備がなされた。これを契機に、もはや無資格者によって観光韓国のイメージが低下することがないよう、文化体育観光部、観光警察など関係機関との連携をさらに強化するようにしたい」と明らかにした。

一方、資格電子カードの詳細については、韓国観光公社の人材育成チーム(+ 82-33-738-3716)を介して案内を受けることができる。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

熊本地震寄付

韓国旅行業界、熊本地震に慰労寄付金を伝達

 韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)は、5月26日(木)に在韓日本大使館を訪問し、昨年4月に日本熊本一帯で発生した地震の被害に対して心からの慰労の意を表し、旅行業界と共同で募金した寄付金1億ウォンを伝達した。 韓国観光公社は、2011年に日本の…続きを読む

2터미널_한국전통문화센터

仁川国際空港第2ターミナル「韓国伝統文化センター」新規開館

 韓国政府文化体育観光部が仁川国際空港第2ターミナル内に韓国固有の伝統文化を展示して体験できる文化空間である韓国伝統文化センターを新たに開館した。 韓国伝統文化センターは、今年の初めに新たに開港した仁川国際空港第2ターミナルの出国場である3階両側の便宜空間(東館253番ゲート、西…続きを読む

대한항공_JAL_마일리지제휴

大韓航空・日本航空、マイレージ連携

 大韓航空と日本航空(JAL)がマイレージの提携を本格的に実施する。今回の提携により大韓航空スカイパス会員が日本航空の日韓国際線正規運航便と大韓航空が運航する日本航空の日韓国際線共同運航便搭乗の際にスカイパスマイレージ加算が可能となる。また、日本航空の「JALマイレージバンク」会…続きを読む

대전방문의해_선포식

「観光客500万人誘致」、大田訪問の年宣布式開催

大田ナイトマーケット、K‐POPコンサートなど楽しみ満載  韓国中部圏に位置する教育と科学の都市・大田広域市が12月10日、ソウル光化門広場一帯とフォーシーズンズホテルにて2019大田訪問の年の成功的な開催のための宣布式を開催した。 「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年…続きを読む

티웨이_제주취항

ティーウェイ航空、済州‐名古屋路線4月に新規就航、東京路線も増便

 ティーウェイ航空が済州‐名古屋(中部国際空港)の直行便で新規就航する。ティーウェイ航空は4月9日から済州‐名古屋路線に週4回(火・木・金・日)の日程で新規就航すると発表した。済州‐名古屋路線は2014年末、業績悪化によって運行が中断したことがあり、今回のティーウェイ航空の新規就…続きを読む

청주국제공항_간사이취항

チェジュ航空、清州‐関西に7月21日新規就航

 チェジュ航空が7月21日、韓半島の中央に位置する清州国際空港を拠点として大阪の関西国際空港路線に公式就航する。新規就航する予定の清州‐大阪路線は、毎日週7回の日程で、当該路線にボーイング737‐800(座席186・189席)機種を投入し、具体的なフライトスケジュールは6月末の協…続きを読む

スキー・コリア・フェスティバル

韓国観光公社、「スキー・コリア・フェスティバル」開催で平昌冬季オリンピック組成ブーム

来年3月初めまで、観光客4千人余りの参加を展望    韓国観光公社が韓国の冬の魅力と2018平昌冬季オリンピック広報のために「スキー・コリア・フェスティバル(Ski Korea Festival)」イベントを12月から来年3月まで計21回にわたって大々的に開催すると発表…続きを読む

입국장면세점

入国フロア免税店、仁川空港に5月オープン

 韓国政府が国民の旅行便宜を拡大するため、仁川空港で入国フロアの免税店を5月から運営する。これにより、韓国の空港に到着してからも免税品の購入が可能となる。これまでは、韓国からの出国時、または日本など海外の空港から出国時の免税店でのみ利用でき、飛行機の搭乗時に携帯するなどの煩わしさ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02