釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

2017年03月09日

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航

 

釜関フェリー 釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、毎月1~2回特別プログラムとして行う。この夜景ツアーは、釜関フェリー乗船客を対象に、釜山‐下関間の出港時に、釜山港周辺の夜景名所を巡り、カーフェリー旅客船上で素晴らしい釜山の海の夜景を眺める特別観光プログラムだ。

このコースは、釜山港国際旅客ターミナルを出港し、「光の四季」を主題として約2千個のLED照明が灯り美しい夜景を演出する「釜山港大橋」を経て、国内最大の海上複層橋梁として国内最初の芸術的造形美を兼ね備えた先端照明システムを構築した10万種類以上の盛りだくさんな色の演出を誇る「廣安大橋」へと進み、アメリカ・ニューヨークや香港の夜景に決して劣らない韓国最高の摩天楼ビューとして注目されている「海雲台マリンシティ」を順に回った後、下関へ向けて出航する。

船上夜景ツアープログラムは、毎月1~2回、事前告知をして限定販売する予定で、今年3月には3月25日(土)出港の時に運行を予定している。

釜関フェリー関係者は、「下関に向かう釜関フェリーならではの特別なロマン旅行の思い出になるだろう」と語った。

釜関フェリーは現在、旅客定員562人規模の「星希」と旅客定員460人規模の「はなゆう号」の2隻を使い、釜山‐下関間航路を毎日定期運航している。今年、創立48周年を迎えて、韓国側の釜関フェリー公式ホームページのリニューアル及び個人旅行客のためのオンライン前売りシステム(日本語対応)をオープンした。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

エアソウル

エアソウル、10月国際線就航「日本の7ヵ路線で運航」

 アシアナグループ初の格安航空会社であるエアソウルが今年10月から、アシアナ航空の国際線の日本路線の中から7路線に順次就航することを確定した。 エアソウル(代表:リュ・グァンヒ)は10月7日から、アシアナ航空から仁川発高松・静岡・長崎・広島・米子・富山・宇部など日本の7ヵ路線を引…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

한국관광공사_김재중_감사패

「音楽で韓国観光広報」韓国観光公社、キム・ジェジュンに感謝状

 韓流スター、キム・ジェジュンが韓日友好増進と韓国観光の発展に寄与した功労を認められ、韓国観光公社から感謝状を受けた。 韓国観光公社は6月25日、仁川永宗島にオープンした北東アジア初の複合リゾート・パラダイスシティのグランドボールルームで、韓流スターでありJYJメンバーのキム・ジ…続きを読む

エア釜山

エアプサン、日オリコンチャートで「2016年LCC顧客満足度」1位

 一歩先立つエアプサンの顧客満足サービスが、日本人の心を捕らえた。釜山を基盤とする地域航空会社エアプサンは、日本の権威ある3大評価機関であるオリコンチャートが実施した「2016年LCC航空会社顧客満足度調査国際線部門」で総合1位に選定されたと9日明らかにした。オリコンチャートは音…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州‐日本に新規路線

 済州と大阪を行き来する新規の空の道が開かれる。済州特別自治道は6月30日から、格安航空会社ティーウェイ航空が済州と大阪を行き来する直行便を就航する予定であると16日に明らかにした。 ティーウェイ航空は、済州‐大阪路線を毎日就航することに決定し、今月中にホームページに運賃を告知し…続きを読む

웰니스25_스파G

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成 韓方、ビューティー・スパ、ヒーリング・瞑想、 自然・森林治癒の4テーマを選定    韓国政府文化体育観光部と韓国観光公社が韓国観光新成長テーマであるウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として「ウェ…続きを読む

kguid-150x150

外国人対象の韓国安全ガイドブック発刊

 文化体育観光部と韓国観光公社は、外国人観光客が安全に韓国旅行を楽しむことができるよう、「韓国の安全ガイドブック(Safe Travel In Korea)」を英語・中国語(簡体字、繁体字)・日本語で出版した。 このリーフレットは、観光警察・観光苦情申告センター・119などの緊急…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02