陜川映像テーマパーク、7月1日新たにオープン!

2016年07月07日

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパークが7月1日から、大統領府セット場の再開場と共に新しい姿でオープンする予定だ。

「陜川郡映像テーマパーク運営条例」の改正に伴い、青瓦台セット場が映像テーマパークの運営範囲に含まれて統合運営される。

入場料は大人3千ウォンから5千ウォンに引き上げられる。

青瓦台セット場は、工事期間中、大統領執務室、ブリーフィングルーム、写真展示館、会議室などの内部展示スペースを拡充した。

陜川郡の関係者は、「7080制服などの衣装体験、路地遊び体験、団成社建設、青瓦台セット場開場など、以前よりも見どころや体験がはるかに多様化して面白くなる」とし、「今後の継続的な管理と新しいコンテンツの開発などで、映像テーマパークを訪問される観覧客に最高の満足感を提供したい」と語った。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

korea-001-150x150

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」 8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催  最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウ…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

空港鉄道

AREX空港鉄道、直通列車に多言語無料Wi-Fi導入

 利用キャリアに関係なく国内外の観光客誰もが無線インターネットに接続できる無料Wi-Fiサービスが、首都圏の地下鉄では初めてAREX空港鉄道直通列車で提供される。 空港鉄道は、直通列車のサービス強化の一環として、誰でも利用できる多言語Wi-Fi設備を車内に構築し、3月18日から本…続きを読む

nothumbnail

BOYS AND MEN、江原道観光広報大使に

江原道は2月19日、平昌にある静江園(韓国の伝統料理文化体験館)にて日本の人気アイドルグループ「BOYS AND MEN」を江原道観光広報大使に委嘱した。今回の観光広報大使委嘱は2016年オリコン週間シングルチャートとビルボード・ジャパンホット100チャート1位を占めるなど、日本…続きを読む

Print

2018 江原道 PyeongChang Olympic Winter Games

  オリンピックまで あと1年となりました オリンピック(Olympic) 2018.2.9 – 2.25 (17days) パラリンピック (Paralympic) 2018.3.9 – 3.18 (10days) 実際に行われるオリンピック施…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02