青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

2014年06月13日

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成
韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営

청와대사랑채
 韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。
 昨年、韓国人27万人、外国人83万人、約​​111万人が訪れた青瓦台サランチェは、これまで韓国の多様な伝統文化と韓国の歴史を広報する場として活用されてきた。毎年、外国人観光客が増加し、観光客を対象にした高品質の韓国文化コンテンツを提供することが必要となったため、今までソウル市が運営していた青瓦台サランチェを、今年3月から韓国観光公社が総合的な韓国文化観光広報館として運営することとなり、韓国を代表する高品質の観光名所へと発展させる計画である。
 2ヵ月間にわたる改造工事を経て生まれ変わった青瓦台サランチェは、観光客を対象にした韓国料理体験イベントを新たに追加、韓国の野生の花の展示などの企画展示を常設化し、観光客の関心を誘導することで、今年1年で120万人の訪問者誘致を目標にしている。
 青瓦台サランチェは、地上2階・地下1階の4416㎡規模で、韓国文化展示室、企画展示室、記念品店、避難所などで構成されている。「韓国文化展示室」では、各時代の特徴を盛り込んだ韓国人の衣生活と休暇、現代人の日常·アリランなど、韓国人の生活を映像でみることができる。特に改装により新しく作られた「韓食広報館」では、来場者を対象に韓国料理のデモンストレーションプログラムが運営される予定だ。訪問者は簡単な韓国料理をつくることができ、料理をその場で食べてみることで、五感で韓国を感じることができるようになる。また、「企画展示室」では、定期的に変わる特別展を鑑賞することができる。工事は9月まで、山林庁、国立樹木園と野生の花の展示会を開催し、別棟の前庭と1階企画展示室を、韓国の野生の花で美しく彩る予定だ。特に野生の花の展示会は、150点以上の野生の花と40点以上の植物細密画、押し花などで多彩に構成され、観覧客たちの目を楽しませる予定。
 リニューアルした青瓦台サランチェは、景福宮、国立民俗博物館、国立現代美術館ソウル館、大韓民国歴史博物館などの周辺スポットと共に、増加する外国人観光客の需要に対応し、世界的な文化観光の拠点として飛躍することが期待されている。韓国観光公社オ・ヒョンジェ観光サービス改善チーム長は「サランチェを単に施設観覧のための空間から体験観光ができる空間に変貌させ、外国人観光客がぜひ行ってみたいと思うような観光名所とするために努力する」と述べた。
 韓国観光公社が運営する青瓦台サランチェは、ソウル地下鉄3号線景福宮駅の3番または4番出口から徒歩15分、孝子洞のバス停留所まで徒歩約5分の距離にある。
文/李相直記者
Pocket

関連する記事はこちら

airbusan

エアプサン、大邱‐大阪・札幌に新規就航

 韓国アシアナ航空系列の低コスト航空会社で、釜山を拠点に路線を運営しているエアプサンが、慶尚北道圏の中心都市、大邱広域市にある大邱空港から大阪関西国際空港と北海道新千歳空港間の定期便を昨年12月23日に就航した。 就航スケジュールは大邱‐関西国際空港が週7回デイリー就航で、出国便…続きを読む

慶尚北道プロモーション

「慶尚北道へようこそ」 東京で観光プロモーション開催

 慶尚北道観光公社(社長・金大祐)は、慶尚北道と共同で8月25日から4日間、日本人観光客誘致に向けた観光広報キャンペーンを実施し、注目を集めた。 今回の広報キャンペーンは、9月1日から始まったティーウェイ航空による成田空港・大邱空港間の定期路線就航を控えた日本人観光客の慶北誘致の…続きを読む

jal

日本航空‐大韓航空、特典航空券の相互交換を開始

 日本と韓国で最大の航空会社である日本航空と大韓航空が12月1日を期して、日韓路線においてマイレージプログラム提携を開始した。今回の提携により、両社のマイレージ会員は特典航空券の相互搭乗が可能となり、マイレージの使用と特典航空券の利便性が拡大する。 特典航空券の相互交換によって、…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、 駅員も韓服着用   仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを…続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

nothumbnail

韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。 今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02