青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

2014年06月13日

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成
韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営

청와대사랑채
 韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。
 昨年、韓国人27万人、外国人83万人、約​​111万人が訪れた青瓦台サランチェは、これまで韓国の多様な伝統文化と韓国の歴史を広報する場として活用されてきた。毎年、外国人観光客が増加し、観光客を対象にした高品質の韓国文化コンテンツを提供することが必要となったため、今までソウル市が運営していた青瓦台サランチェを、今年3月から韓国観光公社が総合的な韓国文化観光広報館として運営することとなり、韓国を代表する高品質の観光名所へと発展させる計画である。
 2ヵ月間にわたる改造工事を経て生まれ変わった青瓦台サランチェは、観光客を対象にした韓国料理体験イベントを新たに追加、韓国の野生の花の展示などの企画展示を常設化し、観光客の関心を誘導することで、今年1年で120万人の訪問者誘致を目標にしている。
 青瓦台サランチェは、地上2階・地下1階の4416㎡規模で、韓国文化展示室、企画展示室、記念品店、避難所などで構成されている。「韓国文化展示室」では、各時代の特徴を盛り込んだ韓国人の衣生活と休暇、現代人の日常·アリランなど、韓国人の生活を映像でみることができる。特に改装により新しく作られた「韓食広報館」では、来場者を対象に韓国料理のデモンストレーションプログラムが運営される予定だ。訪問者は簡単な韓国料理をつくることができ、料理をその場で食べてみることで、五感で韓国を感じることができるようになる。また、「企画展示室」では、定期的に変わる特別展を鑑賞することができる。工事は9月まで、山林庁、国立樹木園と野生の花の展示会を開催し、別棟の前庭と1階企画展示室を、韓国の野生の花で美しく彩る予定だ。特に野生の花の展示会は、150点以上の野生の花と40点以上の植物細密画、押し花などで多彩に構成され、観覧客たちの目を楽しませる予定。
 リニューアルした青瓦台サランチェは、景福宮、国立民俗博物館、国立現代美術館ソウル館、大韓民国歴史博物館などの周辺スポットと共に、増加する外国人観光客の需要に対応し、世界的な文化観光の拠点として飛躍することが期待されている。韓国観光公社オ・ヒョンジェ観光サービス改善チーム長は「サランチェを単に施設観覧のための空間から体験観光ができる空間に変貌させ、外国人観光客がぜひ行ってみたいと思うような観光名所とするために努力する」と述べた。
 韓国観光公社が運営する青瓦台サランチェは、ソウル地下鉄3号線景福宮駅の3番または4番出口から徒歩15分、孝子洞のバス停留所まで徒歩約5分の距離にある。
文/李相直記者
Pocket

関連する記事はこちら

티웨이항공_제주_도쿄_A

ティーウェイ、済州‐成田9月2日就航

 韓国籍の格安航空会社ティーウェイ航空が、済州‐成田路線を9月2日から新規就航した。就航スケジュールは週4回(火、木、土、日)で、済州国際空港の出発時間は火曜日の午後2時30分、木曜日の午後4時、土曜日の午後1時30分、日曜日の午後4時30分で、成田国際空港まで1時間55分で到着…続きを読む

白羊寺

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」 全羅南道長城郡に位置する白羊寺双溪楼の紅葉の絶景。内蔵山国立公園にある白岩山白羊寺は、屏風のような白鶴峰と境内のあちこちにあるもみじが調和し、韓国最高のもみじの名所として知られる。特に双溪楼を背景にした紅葉の絶景が白眉とされて…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

水陸両用バス

水陸両用バスに乗って京仁アラベッキルへ

  韓国初の観光水陸両用バスが運行された。アクア観光コリア(株)は、4月水陸両用バスの試験運行を終え、5月15日から水陸両用バス2台を正式に京仁アラベッキルに投入、商業運転を開始した。 仁川西区梧柳洞の西海とソウル江西区の漢江上流の14.2㎞区間をつなぐ人工水路、京仁アラベッキル…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

全北訪問の年宣布式

「2017全北訪問の年」宣布

全北ツアーパス発売、国内外の3500万の観光客誘致始動 全羅北道は「2017年全羅北道訪問の年」を宣言し、国内・外の観光客3500万人誘致に乗り出した。全羅北道(知事・宋河珍/写真中央)と14の市・郡は、2月28日、ソウルフォーシーズンズホテルで「韓国体験1番地、全羅北道」という…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02