韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

2015年06月29日

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。
今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓国観光に対する不安の解消と、事態終息後の観光需要再創出のための先制的対応が含まれた。
最も力を入れている部分は、外国人観光客のMERS関連の不安解消だ。文化体育観光部は、旅行に対する不安解消を焦点に、外国人観光客(就労ビザを除く)を対象として、韓国滞在中のMERS感染時の治療費全額と旅行費用およびその他の補償金を支援する「MERS安心保険」を発表した。
MERS安心保険は6月22日から1年間適用される外国人観光客限定の保険で、韓国に入国するすべての観光客を対象とする。MERS感染時の治療費と旅費に加えて3千ドル(約330万円)を補償する内容で、MERSにより死亡した場合には、最大1億ウォンまでの補償を受ける。
文化体育観光部のキム・ジョン次官は「MERSの拡散により情報が歪曲され伝播されている状況で、外国人観光客の動揺を防ぐための対策」と説明し、「MERSは空気感染しないことが伝えられており、MERSに感染している観光客がほとんどないものと判断される。しかし安心して韓国旅行を楽しんでいただくことを目的としている」と、MERS安心保険導入の背景を説明した。ほかにも、現地業界や機関の要望に応じて韓国政府名義での「韓国観光安心書簡」も支援し、安全に対する信頼性を高めていく計画だ。外国人観光客患者発生時を想定した対応マニュアルも運営する。ホテルなどの観光接点にて外国人観光客が疑われる患者が発生した場合、現場ですぐに申告を受け、最も近い選別診療所の緊急治療室に案内する案内電話(番号1330、24時間/4ヵ国語)を運営し、特にMERSに関する問い合わせ対応と情報提供などの関連機関とのリアルタイム3者通訳サービスも提供する。
MERSが停滞する時点に備え、国内外観光需要再創出対策も準備した。まず、MERS終息後に、中華圏と東南アジアの主要な訪韓国を対象に、韓流スターを活用した安全な韓国観光CFと韓国の美しさを盛り込んだ広告映像を活用した口コミマーケティング等を推進し、韓国観光のイメージ回復を早める計画だ。
また、訪韓需要の早期回復のために、日本市場を対象としては▲韓日国交正常化50周年を契機としたメガイベントの開催▲民間企業の共同イベントなどを実施し、主力市場である日本と中華圏の観光客の回復を重点的に推進すると強調した。
文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

jal

日本航空‐大韓航空、特典航空券の相互交換を開始

 日本と韓国で最大の航空会社である日本航空と大韓航空が12月1日を期して、日韓路線においてマイレージプログラム提携を開始した。今回の提携により、両社のマイレージ会員は特典航空券の相互搭乗が可能となり、マイレージの使用と特典航空券の利便性が拡大する。 特典航空券の相互交換によって、…続きを読む

nothumbnail

「片道5万ウォン」仁川空港発定額型タクシー検討中

韓国政府が輸送事業法の改正を通じて、メーターに出た料金に依存せず、運行区間と時間に応じて定額料金で利用できるタクシーの運行を検討中だ。 改正された輸送事業法に基づいて、これまでメーターの基準でのみ運営することができたタクシーの運行を、特定区間と時間定額運賃による運営が可能となり、…続きを読む

DDP_ディオール展

ディオール、「エスプリDIOR」展をDDPでオープン

 フランスの高級ブランドであるディオールの「エスプリ・ディオール‐ディオール精神」展が8月25日まで東大門デザインプラザ(DDP)で開催される。今回の展示会では、ディオールのドレス・香水・アクセサリー・写真・記録等が展示され、世界的なブランドのディオールならではの独歩的なブランド…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

korea-001-150x150

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」 8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催  最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウ…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

비투비_홍보대사A

アイドルグループ「BTOB」、韓国観光広報大使に委嘱

 韓国観光公社が海外で高い認知度と人気を得ている男性グループ「BTOB」を韓国観光広報大使に委嘱した。BTOB(Born To Beat)は、キューブエンターテイメント所属の7人組男性グループで、2012年のデビュー以来、音楽、ドラマ、ミュージカルなど様々な分野で活動し、国内・外…続きを読む

エアソウル

エアソウル、10月国際線就航「日本の7ヵ路線で運航」

 アシアナグループ初の格安航空会社であるエアソウルが今年10月から、アシアナ航空の国際線の日本路線の中から7路線に順次就航することを確定した。 エアソウル(代表:リュ・グァンヒ)は10月7日から、アシアナ航空から仁川発高松・静岡・長崎・広島・米子・富山・宇部など日本の7ヵ路線を引…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02