韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

2015年06月29日

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。
今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓国観光に対する不安の解消と、事態終息後の観光需要再創出のための先制的対応が含まれた。
最も力を入れている部分は、外国人観光客のMERS関連の不安解消だ。文化体育観光部は、旅行に対する不安解消を焦点に、外国人観光客(就労ビザを除く)を対象として、韓国滞在中のMERS感染時の治療費全額と旅行費用およびその他の補償金を支援する「MERS安心保険」を発表した。
MERS安心保険は6月22日から1年間適用される外国人観光客限定の保険で、韓国に入国するすべての観光客を対象とする。MERS感染時の治療費と旅費に加えて3千ドル(約330万円)を補償する内容で、MERSにより死亡した場合には、最大1億ウォンまでの補償を受ける。
文化体育観光部のキム・ジョン次官は「MERSの拡散により情報が歪曲され伝播されている状況で、外国人観光客の動揺を防ぐための対策」と説明し、「MERSは空気感染しないことが伝えられており、MERSに感染している観光客がほとんどないものと判断される。しかし安心して韓国旅行を楽しんでいただくことを目的としている」と、MERS安心保険導入の背景を説明した。ほかにも、現地業界や機関の要望に応じて韓国政府名義での「韓国観光安心書簡」も支援し、安全に対する信頼性を高めていく計画だ。外国人観光客患者発生時を想定した対応マニュアルも運営する。ホテルなどの観光接点にて外国人観光客が疑われる患者が発生した場合、現場ですぐに申告を受け、最も近い選別診療所の緊急治療室に案内する案内電話(番号1330、24時間/4ヵ国語)を運営し、特にMERSに関する問い合わせ対応と情報提供などの関連機関とのリアルタイム3者通訳サービスも提供する。
MERSが停滞する時点に備え、国内外観光需要再創出対策も準備した。まず、MERS終息後に、中華圏と東南アジアの主要な訪韓国を対象に、韓流スターを活用した安全な韓国観光CFと韓国の美しさを盛り込んだ広告映像を活用した口コミマーケティング等を推進し、韓国観光のイメージ回復を早める計画だ。
また、訪韓需要の早期回復のために、日本市場を対象としては▲韓日国交正常化50周年を契機としたメガイベントの開催▲民間企業の共同イベントなどを実施し、主力市場である日本と中華圏の観光客の回復を重点的に推進すると強調した。
文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

서브01_전철여행3선(인천개항장)

1,150ウォンの切符1枚で行く地下鉄・電車の旅3選

1,150ウォンの切符1枚で行く地下鉄・電車の旅3選 韓国にも「灯台もと暗し」ということわざがある。探しているものが目の前にあるのに、遠くばかりを探す愚を諭した言葉だ。これは韓国旅行にも当てはまる。本当に価値ある旅行地に安くて便利な地下鉄や電車に乗って訪ねることができるのに、ぶ厚…続きを読む

IMG_7220

聖火が仁川空港に到着し、聖火リレーがスタート

2018平昌冬季オリンピックを照らす聖歌が、開幕を100日後に控えた11月1日、韓国・仁川国際空港に到着した。10月24日にギリシャで採火された聖火はチャーター機で韓国に到着。この日の11時から行なわれた聖火歓迎行事でイ・ナギョン国務総理とオリンピック金メダリストのキム・ヨナさん…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

717411_307799_1831

「オリンピック入場券を購入し、多彩な特典を」

 平昌オリンピックの入場券の販売率が50%を突破して順調な販売を続ける中で、組織委員会がオリンピックの入場券で享受することができるさまざまなメリットを公開した。 入場券所持者の主な恵沢としては、オリンピック文化イベントの観覧はもちろん、KTX早期前売り・割引、高速道路通行料の免除…続きを読む

コリアグランドセール

2015コリアグランドセール終了、参加業者の売り上げが102%増加

 昨年12月1日から始まった2015コリアグランドセールが135業者2万6914ヵ業者が参加して2015年2月22日まで84日間にわたる大事業を終えた。 今年で5回目を迎えたコリアグランドセールは、2011年に始まって以来、業者の参加規模が57ヵ業者1万4053ヵ店舗から135業…続きを読む

今年の-光都市

2019年の観光都市「康津郡・安山市・蔚山市中区へようこそ」

 韓国政府文化体育観光部を通して2019年度の「今年の観光都市」に選ばれた康津(カンジン)郡・安山(アンサン)市・蔚山(ウルサン)市中区の3ヵ自治体が本格的な国内外の観光客の歓迎に入る。 全羅南道康津郡は駕牛島(カウド)、美港・馬良(マリャン)港などの海洋観光と朝鮮時代の丁若鏞(…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02