韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

2015年06月29日

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。
今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓国観光に対する不安の解消と、事態終息後の観光需要再創出のための先制的対応が含まれた。
最も力を入れている部分は、外国人観光客のMERS関連の不安解消だ。文化体育観光部は、旅行に対する不安解消を焦点に、外国人観光客(就労ビザを除く)を対象として、韓国滞在中のMERS感染時の治療費全額と旅行費用およびその他の補償金を支援する「MERS安心保険」を発表した。
MERS安心保険は6月22日から1年間適用される外国人観光客限定の保険で、韓国に入国するすべての観光客を対象とする。MERS感染時の治療費と旅費に加えて3千ドル(約330万円)を補償する内容で、MERSにより死亡した場合には、最大1億ウォンまでの補償を受ける。
文化体育観光部のキム・ジョン次官は「MERSの拡散により情報が歪曲され伝播されている状況で、外国人観光客の動揺を防ぐための対策」と説明し、「MERSは空気感染しないことが伝えられており、MERSに感染している観光客がほとんどないものと判断される。しかし安心して韓国旅行を楽しんでいただくことを目的としている」と、MERS安心保険導入の背景を説明した。ほかにも、現地業界や機関の要望に応じて韓国政府名義での「韓国観光安心書簡」も支援し、安全に対する信頼性を高めていく計画だ。外国人観光客患者発生時を想定した対応マニュアルも運営する。ホテルなどの観光接点にて外国人観光客が疑われる患者が発生した場合、現場ですぐに申告を受け、最も近い選別診療所の緊急治療室に案内する案内電話(番号1330、24時間/4ヵ国語)を運営し、特にMERSに関する問い合わせ対応と情報提供などの関連機関とのリアルタイム3者通訳サービスも提供する。
MERSが停滞する時点に備え、国内外観光需要再創出対策も準備した。まず、MERS終息後に、中華圏と東南アジアの主要な訪韓国を対象に、韓流スターを活用した安全な韓国観光CFと韓国の美しさを盛り込んだ広告映像を活用した口コミマーケティング等を推進し、韓国観光のイメージ回復を早める計画だ。
また、訪韓需要の早期回復のために、日本市場を対象としては▲韓日国交正常化50周年を契機としたメガイベントの開催▲民間企業の共同イベントなどを実施し、主力市場である日本と中華圏の観光客の回復を重点的に推進すると強調した。
文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

エア釜山

エアプサン、日オリコンチャートで「2016年LCC顧客満足度」1位

 一歩先立つエアプサンの顧客満足サービスが、日本人の心を捕らえた。釜山を基盤とする地域航空会社エアプサンは、日本の権威ある3大評価機関であるオリコンチャートが実施した「2016年LCC航空会社顧客満足度調査国際線部門」で総合1位に選定されたと9日明らかにした。オリコンチャートは音…続きを読む

全国互換交通カード

「Tマネー全国互換交通カード」来年から光州・江原でも使用

 来年2016年から「Tマネー(T-money)全国互換交通カード」1枚で全国どこへでも旅行できるようになる。ソウル市は14日に締結した地域の交通カード事業者間の互換性協約に基づき、これまでTマネー全国互換交通カードが使えなかった光州でも来年1月30日から利用できるようになると明…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

熊本地震寄付

韓国旅行業界、熊本地震に慰労寄付金を伝達

 韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)は、5月26日(木)に在韓日本大使館を訪問し、昨年4月に日本熊本一帯で発生した地震の被害に対して心からの慰労の意を表し、旅行業界と共同で募金した寄付金1億ウォンを伝達した。 韓国観光公社は、2011年に日本の…続きを読む

airbusan

エアプサン、大邱‐大阪・札幌に新規就航

 韓国アシアナ航空系列の低コスト航空会社で、釜山を拠点に路線を運営しているエアプサンが、慶尚北道圏の中心都市、大邱広域市にある大邱空港から大阪関西国際空港と北海道新千歳空港間の定期便を昨年12月23日に就航した。 就航スケジュールは大邱‐関西国際空港が週7回デイリー就航で、出国便…続きを読む

スキー・コリア・フェスティバル

韓国観光公社、「スキー・コリア・フェスティバル」開催で平昌冬季オリンピック組成ブーム

来年3月初めまで、観光客4千人余りの参加を展望    韓国観光公社が韓国の冬の魅力と2018平昌冬季オリンピック広報のために「スキー・コリア・フェスティバル(Ski Korea Festival)」イベントを12月から来年3月まで計21回にわたって大々的に開催すると発表…続きを読む

발행인_이한석-s

〈발행인 신년사〉 2017년은 일본인관광객 유치 확대의 원년

발행인 신년사   “2017년은 일본인관광객 유치 확대의 원년, 한국여행의 새로운 즐거움 지면 통해 전하고파”   코리아트래블 신문 발행인 이한석   한국여행의 새로운 매력을 발견하고 방한 일본인관광객의 관광패턴을 전국의 지…続きを読む

大邱タヨバス

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で 大邱都心を楽しもう 大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題  大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博し…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02