韓国旅行チップ映像公募展開催

2018年11月08日

한국관광공사영상공모전 韓国観光公社が12月14日まで「韓国旅行チップ映像公募展」を開催する。公募展の応募は韓国を訪問する外国人観光客に役立つ独創的な映像を出品し、韓国人・外国人誰でも応募できる。

映像の主題は、△地下鉄1回券を購入および使用法、△仁川空港からソウル市内への行き方、△お勧め写真撮影ポイントなど、韓国旅行のチップ(ヒント)となる内容であれば、内容の制限なく応募することができる。

公募展を通じて、大賞(1人、賞金500万ウォン)、最優秀賞(5名、一人200万ウォン)など計56作品の映像を選定する。詳細については公募展のホームページ(http://vk2018contest.kr)を参照。選ばれた映像は、今後、韓国観光公社公式YouTubeチャンネル、SNSなどを通して外国人観光客の誘致に活用される予定だ。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

SM免税店

ハナツアー、「SM免税店仁川空港店」オープン

ハナツアー、「SM免税店仁川空港店」オープン    ハナツアーが11月1日、仁川国際空港に子会社SM免税店の第1号店となる「SM免税店仁川空港店」をオープンした。SM免税店は「スマートショッピング、グッドメモリーズ(Smart Shopping、Good Memorie…続きを読む

엑소_한국관광광고

2018年韓国観光海外広告、EXOが担当

「韓国でこれもやってみた?」がテーマ  文化体育観光部と韓国観光公社は、韓国観光の認知度向上を通じた外国人観光客の誘致拡大のために、外国人個別観光客が興味深く体験できる、それぞれの趣向に合わせたコンテンツを盛り込んだ6つのテーマ、21の広告を制作し、海外広報を行なう。 公社は、デ…続きを読む

ロッテワールドタワー

韓国最高ロッテワールドタワー、4月3日オープン確定

  韓国の新しいランドマークとして位置づけられるロッテワールドタワーが使用承認などの手続きを終えて、ロッテグループ創立50周年を迎える4月3日に正式オープンする。全体の延べ床面積は80万5872㎡とサッカー競技場(横105m×縦68m)115個分の大きさで、タワー123…続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州‐日本に新規路線

 済州と大阪を行き来する新規の空の道が開かれる。済州特別自治道は6月30日から、格安航空会社ティーウェイ航空が済州と大阪を行き来する直行便を就航する予定であると16日に明らかにした。 ティーウェイ航空は、済州‐大阪路線を毎日就航することに決定し、今月中にホームページに運賃を告知し…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

アベンジャーズ

ハリウッド大作「アベンジャーズ」 ロケ地を観光コースとして開発

 撮影当時から高い関心を集め、公開後にはその撮影地に国内外の観光客の訪問が増加している映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の背景となったソウル名所を、ソウル市が「ソウルの中のアベンジャーズ」コースとして開発する。 映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は、昨…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02