韓国旅行業界、熊本地震に慰労寄付金を伝達

2016年07月11日

熊本地震寄付 韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)は、5月26日(木)に在韓日本大使館を訪問し、昨年4月に日本熊本一帯で発生した地震の被害に対して心からの慰労の意を表し、旅行業界と共同で募金した寄付金1億ウォンを伝達した。

韓国観光公社は、2011年に日本の東北大震災の際にも、旅行業界と共に募金を行うと共に日本の現地への慰労訪問をし、日本の観光業界からも、昨年にMERSの発生により韓国旅行業界が深刻な打撃を受けた時に100人の団体を構成して応援訪問するなど、災害による観光危機時の相互支援する事例を続けている。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

KATA_신년사

[新年の辞]韓国旅行業協会会長 吳敞熙

「韓日両国間の観光交流が絶えず続く年になりますように」 コリアトラベル新聞の読者の皆様、日本の旅行業界関係者の皆様、新年明けましておめでとうございます。 2020年は、多産と豊かさ、知恵を象徴するネズミの年、庚子年です。 旅行業界にとって、昨年の夏から日韓両国間は厳しい時期を過ご…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

Image19

世界40カ国が参加、「2020平昌平和フォーラム」閉幕

  – 韓国戦争終戦宣言と南北共同観光区域開発など、平和実践決議案採択 グローバル平和プラットフォームである2020平昌(ピョンチャン)平和フォーラムが韓国戦争終戦宣言と平和条約締結、東海線とユーラシア鉄道の接続対策など7つの議題を盛り込んだ2020平昌平和…続きを読む

DMZ_평화관광

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売 6月から春川駅発、華川、楊口一帯DMZ循環シャトルツアー運営    韓国観光公社が江原道、春川市、華川、楊口、第7師団と共同で江原地域経済の活性化とDMZ観光客訪問の増大のために「DMZ平和観光商品」を新規リ…続きを読む

방한외국인관광객_증가

訪韓外国人観光客1534万人記録、15%増加

 昨年2018年に韓国を訪れた外国人観光客が約1534万人で、前年より15%増えたと暫定集計された。中国のTHAAD報復措置の影響を受けた2017年の1333万5758人と比較すると15・1%増えたもので、「訪韓外来客1500万」線を再び回復した。 2018年の外国人観光客の数値…続きを読む

광장시장_한복체험

新羅免税店、広蔵市場で外国人韓服体験運営

 新羅免税店が毎週土曜日に広蔵市場で外国人観光客のための韓服体験ブースを運営する。 新羅免税店はソウル広蔵市場を訪れた外国人たちに楽しみを提供するために、毎週土曜日の午前10時から午後4時30分まで広蔵市場北2門と出会いの広場で韓服体験ブースを運営すると明らかにした。運営期間は1…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02