韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売

2017年05月17日

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売

6月から春川駅発、華川、楊口一帯DMZ循環シャトルツアー運営

 

DMZ_평화관광 韓国観光公社が江原道、春川市、華川、楊口、第7師団と共同で江原地域経済の活性化とDMZ観光客訪問の増大のために「DMZ平和観光商品」を新規リリースすると発表した。

今回のDMZ平和観光商品は、江原道の優秀なDMZ観光資源や観光客の移動利便性の提供を結合して、観光客のニーズに合った商品を発売したのが核心で、5月の試験運営を経て、6月から本格的に運営する計画だ。

同商品は、春川駅を出発して華川の七星展望台、平和のダム、破虜湖(パロホ)を見学する日帰りコース(毎週土)と龍山からITX青春列車に乗って春川駅で下車した後、ツアーバスに乗って華川と楊口の朴寿根(パクスグン)美術館、頭陀淵(トゥタヨン)、乙支展望台、パンチボールなどを見学する1泊2日コース(毎週金~土)で構成されている。ソウルからITX青春列車、電車や車を利用して、春川駅発のDMZ平和観光バスに乗れば、DMZ観光商品をより便利に利用できるようになった。日帰りの商品は、江原道観光協会の推薦によって春川所在の旅行会社を選定して運営し、1泊2日の商品はコレール観光開発で専門運営する計画だ。

韓国観光公社と江原道は、今回発売されるDMZ平和観光商品の事前広報のために5月3日から5月13日まで、ジャーナリスト・旅行代理店の代表者、DMZの専門家、SNS記者団、関係機関、外国人留学生など多様な階層を対象に計4回にわたって(合計200人)招待ツアーを行い、6月の報勲の月を迎えて報勲団体と外国人を対象にファムツアーを開催してDMZ平和商品を積極的に広報する方針だ。

パク・ビョンジク韓国観光公社江原支社長は「春川駅を拠点としたDMZ平和観光商品の発売によって江原圏DMZ接境地域の観光活性化のきっかけをつくりだし、今後、平昌冬季オリンピックとDMZ連携商品、歴史・文化、生態、レジャースポーツ、ダークツーリズム、修学旅行、ITX連携商品など、さまざまな種類の観光商品として拡大発展させ、江原道鉄原、華川、楊口、高城など拠点別のDMZ連携観光を開発することによって、DMZが世界的な観光地となるように積極的に広報する計画だ」と明らかにした。

今回のDMZ平和観光商品のリリースは、最近、日本において韓半島情勢不安に対する日本人観光客の心配を解消するためにも有効なメッセージ伝達となる見通しだ。北朝鮮の軍事訓練と米朝関係悪化などの理由によって日本での韓国旅行に対する不安を懸念する世論が沸き上がっている状況で、韓国観光公社を中心として韓半島平和をテーマにした安保観光の積極的な広報がなされることによって、日本での世論の喚起の効果的な契機となることが期待されている。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

대전방문의해_선포식

「観光客500万人誘致」、大田訪問の年宣布式開催

大田ナイトマーケット、K‐POPコンサートなど楽しみ満載  韓国中部圏に位置する教育と科学の都市・大田広域市が12月10日、ソウル光化門広場一帯とフォーシーズンズホテルにて2019大田訪問の年の成功的な開催のための宣布式を開催した。 「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年…続きを読む

강원도_SNS기자단

江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。 今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイ…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

모바일코리아투어패스

スマートフォン一つで韓国旅行!「モバイルコリアツアーカード」

外国人観光客の恵沢、便利なサービス拡大  外国人観光客の韓国観光の必須アイテム「コリアツアーカード」が利便性とメリットを最大化して「モバイル」として新たに生まれ変わる。アンドロイドOSプラットフォームの「モバイルコリアツアーカード」は、Tマネーを基盤にした交通カード機能と外国人が…続きを読む

korea grand sale 2017

ショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」開幕

ショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」開幕 1月20日(金)から2月28日(火)まで歴代最大規模にてセール開催    (財)韓国訪問委員会(委員長 朴三求)は、今月1月20日(金)から2月28日(火)まで冬季外来観光客誘致と消費支出の増大にむけた外国人…続きを読む

KATA九州応援団

KATA九州応援団、 地震の被害を受けた熊本を訪問し応援

 韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)が熊本大震災で被害を受けた九州地域を応援するために、8月26日から28日まで、200人余りの韓国内の旅行業界関係者を同伴して九州地域を訪問し、応援のメッセージを送った。韓国旅行業協会と九州観光推進機構が共同主催し、日本政府観光局(JNTO…続きを読む

영주시_와이파이

栄州市、主要な観光地3ヵ所に無料Wi‐Fiを構築

 慶尚北道栄州市が地域の主要観光地である紹修書院をはじめ、観光地3ヵ所に無料のWi‐Fi(Public WiFi)の構築を完了した。このたびの栄州市無料Wi‐Fiサービスは、文化体育観光部が主管する「2018無料Wi‐Fi構築公募事業」で浮石寺、紹修書院、ソンビ村(写真)の3ヵ所…続きを読む

2018관광도시_선포식

仁川江華郡・忠南公州市「2018今年の観光都市」共同宣布式開催

 「2018今年の観光都市」に選ばれた仁川江華郡と忠清南道公州市が3月4日、ソウルCOEXで開催された「私の国旅行博覧会」会場で共同宣布式を開催した。イベントには、イ・サンボク江華郡守、オ・シドク公州市長、韓国観光協会中央会キム・ホンジュ会長、観光業界や自治体関係者などが参加し、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02