韓国訪問委員会、「2016〜2018韓国訪問の年」宣言

2015年12月02日

韓国訪問の年

韓国訪問委員会、「2016〜2018韓国訪問の年」宣言

朴槿恵大統領など千人余りが参加、外国人観光客2千万人誘致目標

(財)韓国訪問委員会(委員長・朴三求)が11月6日、ソウル景福宮興礼門広場で「2016〜2018韓国訪問の年」宣布式行事を開催した。この日の行事には、朴槿恵大統領をはじめ、金鍾徳・文化体育観光部長官、朴三求・韓国訪問委員会委員長や各自治体、在各国大使、観光業界の従事者、外国人観光客など千人余りが参加した。

イベントは、朴三求委員長の「2016〜2018韓国訪問の年」宣言に続き、朴槿恵大統領の祝辞、韓流スターのイ・ミンホとガールグループAOAのソルヒョンの「2016〜2018韓国訪問の年」広報大使委嘱の順に進行した。

韓国訪問委員会は、宣言式を契機として「世界の人々がもう一度訪ねるコリア」というビジョンの下、外国人観光客2千万人誘致の早期達成とそれに応じた質的発展を目指して様々な事業を推進する。

▲特別インセンティブおよびプロモーションを通じた個別観光客誘致▲ディテールが強い訪問サービスの改善を通じた外来客の再訪問誘導▲「2018平昌冬季オリンピック」などのメガイベントの開催成功を通じた地域観光のアップグレード▲民間の参加と官民協力を通じた汎国家的観光キャンペーンの展開を4大推進戦略として「SMARTourism(スマツーリズム)」を推進する方針だ。

SMARTourismとは、Smile(スマイル):汎国民親切キャンペーンであるKスマイルキャンペーン、Memorable(忘れられない):観光客に忘れられない感動を与える特別なインセンティブやプロモーション(コリアグランドセール、韓国国際トラベルマート、韓国訪問優待カードなど)、Awesome(驚くべき):平昌冬季オリンピックと連携した多彩でエキサイティングな文化イベント(冬季オリンピックスター活用イベント、Kカルチャーフェスティバル、アート平昌プロジェクトなど)、Reliable(信頼できる):韓国旅行を安全かつ便利にしてくれる信頼できる旅行サービス(Kトラベルバス、Kツアーカード、ハンズフリーサービスなど)を主な内容としている。

また、この日、韓国訪問委員会は、「2016〜2018韓国訪問の年」のエンブレムと「Kスマイルキャンペーン」のエンブレム、スローガンを発表した。

韓国訪問の年のエンブレムは、過去「2010〜2012韓国訪問の年」のエンブレムによって築かれた認知度を活用しながら、シルエットをよりシンプルにし、韓国を象徴するKを、「韓国をプレゼントする」という意味をリボンの形で表した。

また、「Kスマイルキャンペーン」のロゴと「韓国が笑えば世界が笑います」というスローガンを公開した。Kスマイルキャンペーンは、親切と笑顔で外国人観光客を迎えて再訪したくなる大韓民国を作るための汎国民親切キャンペーンで、宿泊、交通、グルメ、ショッピングなどの観光接点でのサービス教育と受け入れ態勢の改善を行い、ホスピタリティ意識を高揚させて汎国民的な親切文化を定着させることで、2016〜2018韓国訪問の年」と「2018平昌冬季オリンピック」を成功的に推進するために展開する。

委員会は、宣布式と連携して「Kスマイルキャンペーン」をオン・オフラインメディアを通じて一斉に広報し、韓国訪問の年公式サイトやSNSを通じて内・外国人を対象にしたさまざまなイベントを進行中である。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

장근석_성화봉송

チャン・グンソク、江原道春川での聖火リレー「五輪成功開催祈願」

 「2018平昌冬季オリンピック」、「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使チャン・グンソクが聖火リレーの江原道春川区間のラストを飾った。 1月29日、江原道春川で開かれた「2018平昌冬季オリンピック」聖火リレー行事に参加したチャン・グンソクは、江原道庁一帯…続きを読む

김포공항_트래블센터

空港鉄道、金浦空港駅トラベルセンター運営

 空港鉄道(AREX)は金浦空港を通じて入・出国する内・外国人を対象に、ワンストップのサービスを提供するために、新年1月1日に「金浦空港駅トラベルセンター」の運営を開始した。 空港鉄道側は「昨年、285万3700人の外国人が空港鉄道を利用しており、ソウルの都心と空港を結ぶ代表的な…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

서브01_전철여행3선(인천개항장)

1,150ウォンの切符1枚で行く地下鉄・電車の旅3選

1,150ウォンの切符1枚で行く地下鉄・電車の旅3選 韓国にも「灯台もと暗し」ということわざがある。探しているものが目の前にあるのに、遠くばかりを探す愚を諭した言葉だ。これは韓国旅行にも当てはまる。本当に価値ある旅行地に安くて便利な地下鉄や電車に乗って訪ねることができるのに、ぶ厚…続きを読む

エア釜山

エアプサン、日オリコンチャートで「2016年LCC顧客満足度」1位

 一歩先立つエアプサンの顧客満足サービスが、日本人の心を捕らえた。釜山を基盤とする地域航空会社エアプサンは、日本の権威ある3大評価機関であるオリコンチャートが実施した「2016年LCC航空会社顧客満足度調査国際線部門」で総合1位に選定されたと9日明らかにした。オリコンチャートは音…続きを読む

lovelybuyeo

扶余観光「4色シティツアー」運行

 世界文化遺産百済遺跡地区の中心都市である忠南扶余郡が4つのテーマの2017年度の新規シティツアーバス商品である「4色シティツアー」の正式運行に入った。 シティツアーは、文化観光解説士の深みのある解説と共にユネスコ世界遺産である百済歴史遺跡地区と扶余の観光名所を体験する4つのコー…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02