2014忠清圏緑の国体験写真コンテスト

2014年06月16日

9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団で受付

녹색나라체험사진공모전.jpg

 韓国観光公社忠清協力団は「緑の幸せに染まる」というテーマで、忠清圏の4つの市・道(大田市、忠清南道、忠清北道、世宗市)農村体験村を旅行・訪問する体験客を対象に体験写真コンテストを開催する。

 公募展は、韓国内の農村体験学習のブームアップ(boom-up)を造成するための目的で行われ、忠清圏農村体験村を訪問する体験客であれば、国籍を問わず誰でも応募することができ、楽しく、エキサイティングな体験の様子を写した写真と共に簡単なエピソードを作成して提出する。
 応募作品は、5月26日から9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団カフェ(http://cafe.naver.com/ktocc)で受け付けており、10月24日に当選作を発表する予定だ。
 応募作品は、厳正な外部審査を経て、大賞(韓国観光公社社長賞)、特別賞(忠清各市・道別1点、合計4点)を授与する計画だ。加えて、最優秀賞、優秀賞など80人余りに賞状および副賞が授与される予定である。
 緑の国体験写真コンテストの詳細についての問い合わせは、忠清協力団(070-7119-9974)まで。
文/金鍾奎記者
Pocket

関連する記事はこちら

今年の観光都市

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」 韓国政府「今年の観光都市」共同宣言式開催、事業突入  韓国観光公社が昨年12月2日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで「2016今年の観光都市堤川・茂朱・統営共同宣言式」を開催し、本格的な事業に突入した。 「今年の観光都市」は広…続きを読む

benikea_best5

2016年ベニキア優秀ホテルベスト5選定

2016年ベニキア優秀ホテルベスト5選定 1位に慶州「ベニキアスイスローゼンホテル」  韓国観光公社が昨年12月15日、慶尚北道慶州市ベニキアスイスローゼンホテルにおいて、文化体育観光部と韓国観光公社関係者、ベニキアホテルチェーンの社員など90人余りが参加する中で「2016年ベニ…続きを読む

1330_무료화

韓国代表観光通訳案内電話1330、全世界どこからでも無料

 韓国観光公社が今月3月19日より、全世界のどこからでも電話料金の負担なく利用できる1330観光通訳案内電話無料通話サービスを実施する。 1330は年中無休、24時間、8ヵ国の言語にて韓国観光案内サービスを提供している名実共なる韓国代表観光通訳案内電話だ。しかし、今まではユーザー…続きを読む

에어서울_롯데연계프로모션

エアソウル、ロッテワールドタワー連携旅行商品企画

 アシアナ航空系列の格安航空会社(LCC)エアソウルが、ソウルロッテワールドタワーの公式オープンに伴い、日本の旅行客の誘致に乗り出す。 エアソウルは現在就航中の各日本就航地の旅行会社と協力してロッテワールドタワーを活用した多彩な観光特価商品を構成した。広島‐仁川路線では、エアソウ…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

慶尚北道プロモーション

「慶尚北道へようこそ」 東京で観光プロモーション開催

 慶尚北道観光公社(社長・金大祐)は、慶尚北道と共同で8月25日から4日間、日本人観光客誘致に向けた観光広報キャンペーンを実施し、注目を集めた。 今回の広報キャンペーンは、9月1日から始まったティーウェイ航空による成田空港・大邱空港間の定期路線就航を控えた日本人観光客の慶北誘致の…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02