8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

2014年09月19日

韓日シンポジウム.jpg

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

 最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウルで「日韓観光交流拡大シンポジウム」が開催された。 
 シンポジウムは、韓国文化体育観光部と日本国土交通省観光庁をはじめ、全国経済人連合会、韓国観光協会中央会、韓国旅行業協会、日本経済団体連合会、日本観光振興協会、日本旅行業協会など、両国の観光関連の主要機関が大挙参加した。 
 「日韓人的交流700万人時代のための提言」というテーマで進行した今回のシンポジウムでは、「2015年の日韓国交正常化50周年」を記念する民間レベルの交流協力事業の提案など、両国の観光交流を再び活性化させることができる方案の発表と活発な議論が行われた。 
 挨拶に立った朴三求・全経連観光委員長は、「最近、日韓両国間の懸案問題のため、観光交流が衰えている。このような時に観光を通じた民間交流を活発にしてこそ、疎遠になった両国の国民感情も回復し、内需活性化も成し遂げられる」と明らかにした。 
 発表者として登壇したイ・ギジョン慶熙大教授は「最近の韓流は、大衆文化の中心から、歴史、伝統文化、芸術など韓国文化全般に広がっている。これを活用した日韓間の文化芸術観光を活性化する必要がある」とし、「日韓両国が東アジア文化の共通性を活用した共同観光ルートを開発し、世界的な観光名所に育てていかなければならない」と延べ、スポーツ観光交流の活性化、共同観光人材育成、交通安全システムを強化し、修学旅行の活性化などを提案した。
 韓日観光協力会議に招待人士として出席したキム・ヒボム文化体育観光部次官も「2015年日韓国交正常化50周年を迎え、観光交流を拡大し、両国で開催予定の2018年の平昌冬季オリンピックと2020年東京夏季オリンピックが成功するために協力していこう」と付け加えた。 
 日本側の肯定的な回答も続いた。大塚陸毅・経団連観光委員長は、「最近、歴史認識の違いにより、両国間の観光交流が萎縮している。観光交流の回復のためには、両国が観光客を心から歓迎するというメッセージが配信されるべきである」と指摘しながら、「観光交流の促進が両国間の民間交流の出発点になるよう共に努力しよう」と述べた。 
 日本側からの活性化のための提案も続いた。日本政府観光局(JNTO)松山良一理事長は、「日韓観光交流拡大のために」というタイトルで、双方向の観光交流拡大のための共同協力事業を提案し、日本東北観光推進機構の高橋宏明会長は、東北地方の観光インフラを導入する「東北観光プレゼンテーション」を通して日本の地方観光の魅力を伝えた。 
 一方、両国は「2015年日韓国交正常化50周年」に続き、「2018平昌冬季オリンピック」と「2020東京オリンピック」などの大型イベント開催を控えているため、観光分野での大幅な交流拡大のきっかけになるものだとし、現在の500万人レベルで停止した交流人口を早期に700万人に拡大することに共感、関連する後続対策を両国政府に伝達する計画である。 
文/李相直記者
Pocket

関連する記事はこちら

tway

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航 大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶ…続きを読む

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外…続きを読む

Kドラマフェスタ平昌

「平昌へお越しください!」冬季オリンピックブームアッププロモーション等相次ぎ開催

K‐ドラマフェスタin平昌など、 オリンピックマーケティングを本格化  文化体育観光部と韓国観光公社が江原道・京畿道・ソウル市と共同で、今年2月18日、龍平リゾートで2018平昌冬季オリンピックの国内外のブームアップを通した成功的な開催を祈願する「K‐ドラマフェスタ in 平昌」…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

인천시티투어_개편

仁川観光公社、仁川シティツアーを改編、「日本語案内に無料Wi‐Fiもサービス」

仁川空港第2旅客ターミナル、沿岸埠頭バス停の新設などリニューアル    本格的な春を迎え、仁川観光公社が今月からシティツアー路線を全面改編、仁川を訪れる国内外の観光客の利便性と満足度を一層高める。 仁川観光公社によると、既存の松島〜月尾・開港場を循環する「島ライン」コー…続きを読む

롯데면세점_월드터워_확장오픈

「ロッテ免税店ワールドタワー」韓国最大規模で誕生

 ロッテ免税店がソウル蚕室ワールドタワー店を大々的に拡充、オープンしてグローバル1位の免税店としての跳躍に乗り出した。ロッテ免税店は、面積を拡大した蚕室ロッテワールドタワー内のタワー棟とアベニュエルド棟など蚕室ワールドタワー店全体の店舗を6月30日にグランドオープンし、営業に入っ…続きを読む

ロッテワールドアクアリウム

「ロッテワールドアクアリウム」再オープン

ソウル都心最大の水族館 「ロッテワールドアクアリウム」再オープン 新築中のロッテワールドタワー低層部の商業施設であるロッテワールドモールにある水族館「ロッテワールドアクアリウム」が5月12日から新たな姿で再オープンした。ロッテワールドアクアリウムは昨年10月16日にオープンしたも…続きを読む

경기관광공사_EG셔틀

京畿道、外国人専用のEGシャトルバス新規コース運行

 京畿道と京畿観光公社が外国人観光客向けのシャトルバスの「EGシャトル」の新規コースを3月15日から運行開始した。EGシャトルは、ソウルに約80%以上集中している訪韓外国人の個人自由旅行を京畿道に誘致するために、昨年から道と公社がローンチした外国人観光客向けのシャトルバス。 正式…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02