8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

2014年09月19日

韓日シンポジウム.jpg

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

 最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウルで「日韓観光交流拡大シンポジウム」が開催された。 
 シンポジウムは、韓国文化体育観光部と日本国土交通省観光庁をはじめ、全国経済人連合会、韓国観光協会中央会、韓国旅行業協会、日本経済団体連合会、日本観光振興協会、日本旅行業協会など、両国の観光関連の主要機関が大挙参加した。 
 「日韓人的交流700万人時代のための提言」というテーマで進行した今回のシンポジウムでは、「2015年の日韓国交正常化50周年」を記念する民間レベルの交流協力事業の提案など、両国の観光交流を再び活性化させることができる方案の発表と活発な議論が行われた。 
 挨拶に立った朴三求・全経連観光委員長は、「最近、日韓両国間の懸案問題のため、観光交流が衰えている。このような時に観光を通じた民間交流を活発にしてこそ、疎遠になった両国の国民感情も回復し、内需活性化も成し遂げられる」と明らかにした。 
 発表者として登壇したイ・ギジョン慶熙大教授は「最近の韓流は、大衆文化の中心から、歴史、伝統文化、芸術など韓国文化全般に広がっている。これを活用した日韓間の文化芸術観光を活性化する必要がある」とし、「日韓両国が東アジア文化の共通性を活用した共同観光ルートを開発し、世界的な観光名所に育てていかなければならない」と延べ、スポーツ観光交流の活性化、共同観光人材育成、交通安全システムを強化し、修学旅行の活性化などを提案した。
 韓日観光協力会議に招待人士として出席したキム・ヒボム文化体育観光部次官も「2015年日韓国交正常化50周年を迎え、観光交流を拡大し、両国で開催予定の2018年の平昌冬季オリンピックと2020年東京夏季オリンピックが成功するために協力していこう」と付け加えた。 
 日本側の肯定的な回答も続いた。大塚陸毅・経団連観光委員長は、「最近、歴史認識の違いにより、両国間の観光交流が萎縮している。観光交流の回復のためには、両国が観光客を心から歓迎するというメッセージが配信されるべきである」と指摘しながら、「観光交流の促進が両国間の民間交流の出発点になるよう共に努力しよう」と述べた。 
 日本側からの活性化のための提案も続いた。日本政府観光局(JNTO)松山良一理事長は、「日韓観光交流拡大のために」というタイトルで、双方向の観光交流拡大のための共同協力事業を提案し、日本東北観光推進機構の高橋宏明会長は、東北地方の観光インフラを導入する「東北観光プレゼンテーション」を通して日本の地方観光の魅力を伝えた。 
 一方、両国は「2015年日韓国交正常化50周年」に続き、「2018平昌冬季オリンピック」と「2020東京オリンピック」などの大型イベント開催を控えているため、観光分野での大幅な交流拡大のきっかけになるものだとし、現在の500万人レベルで停止した交流人口を早期に700万人に拡大することに共感、関連する後続対策を両国政府に伝達する計画である。 
文/李相直記者
Pocket

関連する記事はこちら

ソンジュンギ2

俳優ソン・ジュンギ、韓国観光名誉広報大使に委嘱

 文化体育観光部(長官・金鍾徳/以下、文体部)が最近、ドラマ「太陽の末裔」で旋風的な人気を集めている俳優ソン・ジュンギ氏を韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と共に「韓国観光広報モデル」として選定し、「韓国観光名誉広報大使」に委嘱して韓国観光に対する認知度と評価の向上に乗り出す。 文体部…続きを読む

서울역_공항터미널

イースター航空、ソウル駅都心空港ターミナルに入居

 空港鉄道は、12月1日に韓国国籍の格安航空会社であるイースター航空とソウル駅都心空港ターミナルの搭乗手続きサービスを提供するための入居契約を締結したと発表した。 今回の契約により、チェックインシステムの構築が完了する12月20日からソウル駅都心空港ターミナルでイースター航空の搭…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道直通列車、グループ割引を3人以上にまで拡大

自動券売機発券割引と直通列車、地下鉄乗り換え利便性も改善  コレール空港鉄道が外国人個別旅行客の小グループ化に合わせ、ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ運行する直通列車のグループ割引を今までの4人以上から3人以上へと変更する直通列車の運賃割引制度を改編した。 現在、直通列車割引制…続きを読む

코레일_여행플랫폼

コレール、「列車の旅で外国人自由旅行客をキャッチ」

 コレールは鉄道・宿泊・観光地を一度に予約することができる総合旅行プラットフォームである「自分だけの列車の旅づくり」の外国語版である「Explore Korea with your own rail travel plan」の開発を完了し、本格的な外国人観光客の誘致を開始する。 …続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

한국관광기념품

大韓民国観光記念品大賞に「景福宮丹青鉛筆」

 「第21回大韓民国観光記念品公募展」大賞(大統領賞)に「景福宮丹青鉛筆」が選ばれた。大賞作は韓国の伝統建築の丹青の美しさと木材の質感が反映されて装飾性と実用性に優れているという評価を受けた。金賞(国務総理賞)はハングルに対する外国人の関心の高さを反映して、ハングルを簡単に学ぶこ…続きを読む

신라스테이_해운대

新羅ステイ海雲台オープン

 新羅ステイが釜山海雲台に18日にオープンする。新羅ステイ海雲台は「スマーターステイ(Smarter Stay)」をコンセプトに、新羅ホテルの商品やサービスの価値の上に新しい感性を加えたプレミアムビジネスホテルを志向する。地下3階、地上18階規模で407室の客室と132席のモダン…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02