2016年ベニキア優秀ホテルベスト5選定

2017年01月23日

2016年ベニキア優秀ホテルベスト5選定

1位に慶州「ベニキアスイスローゼンホテル」

benikea_best5 韓国観光公社が昨年12月15日、慶尚北道慶州市ベニキアスイスローゼンホテルにおいて、文化体育観光部と韓国観光公社関係者、ベニキアホテルチェーンの社員など90人余りが参加する中で「2016年ベニキア優秀ホテルベスト5授賞式」を開催した。

受賞したホテルは、1位・ベニキアスイスローゼンホテル(慶北・慶州市)、2位・ベニキア彩石江スターヒルスホテル(全北・扶安郡)、3位・ベニキアアイジンホテル(済州・済州市)、4位・ベニキアホテルデリム(大田広域市) 、5位・ベニキアシースターホテル(仁川広域市)がそれぞれ選ばれた。

今回選ばれた5つのホテルは潜行サービスモニタリングの結果と顧客満足度の点数などを総合して、得点順で選定された。この日の授賞式に続いてワークショップを開き、今後の共同発展方案を確立するための熱を帯びた討論も行われる。現在、ベニキアホテルチェーンの数は55ヵ所で、多数のホテルと新規加入協議中である。

観光公社のイ・ジェソン国内観光産業本部長は「韓国の中低価格ホテルの対内外競争力強化のために、2009年から本格的に始まったベニキアホテルチェーン事業は、体系的なブランド広報とマーケティングサポート、厳格な品質管理とサービス教育を通じて着実に成長しており、今後も加盟ホテルに実質的な助けになるようにサポートを続けていきたい」と明らかにした。

ベニキアは韓国型ビジネスホテル級チェーンブランドで、ビジネスクラスの観光ホテルの拡充とホテルサービスの競争力向上のため、2009年から韓国観光公社が運営している。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

Print

2018 江原道 PyeongChang Olympic Winter Games

  オリンピックまで あと1年となりました オリンピック(Olympic) 2018.2.9 – 2.25 (17days) パラリンピック (Paralympic) 2018.3.9 – 3.18 (10days) 実際に行われるオリンピック施…続きを読む

산청동의보감촌

慶尚南道、アンチエイジング・ウェルネスプログラムで日本人観光客誘致

 慶尚南道がアンチエイジング・ウェルネス観光コンテンツをベースにした日本人観光客観光プログラムを通して、5月20日から23日まで日本人観光客の団体40人を誘致し、本格的なアンチエイジング・ウェルネス観光の活性化に乗り出す。 韓国旅行の専門家であり、日本の人気女優の黒田福美さんと4…続きを読む

평창올림픽3

PyeongChang 2018 オリンピック Winter Games

    1.Passion. Connected. ひとつとなった情熱! 2.2018年には江原道(平昌、江陵、旌善)で第23回冬季オリンピックと、第12    回冬季パラリンピックが開催されます。 3.2018平昌冬季オリンピック ○ 大会期間:2018. …続きを読む

올해의관광도시2018_BI

江華郡・公州市「今年の観光都市」選定

江華郡500万人誘致目標、公州市は世界遺産の都市ブランド強化  文化体育観光部が推進する「2018年今年の観光都市」に選定された江華郡と公州市が今年1年間、韓国観光の中核として浮上する見通しだ。「今年の観光都市」事業は、観光の可能性が大きい中小都市を毎年選定し、観光コンテンツの開…続きを読む

nothumbnail

釜山市、優秀観光商品公募展の結果、6つの商品選定

 釜山市は今年3月、地域のインバウンド旅行業者を対象に「優秀観光商品認定制度」の公募を実施し、その結果、旅行会社7社が参加し、最終審査を経て、3社からの6つの商品を選定したと発表した。  「優秀観光商品認定制度」は、低価格な観光商品を止揚し、品質のよい観光商品の発掘・開発を通じて…続きを読む

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパーク、7月1日新たにオープン!

陜川映像テーマパークが7月1日から、大統領府セット場の再開場と共に新しい姿でオープンする予定だ。 「陜川郡映像テーマパーク運営条例」の改正に伴い、青瓦台セット場が映像テーマパークの運営範囲に含まれて統合運営される。 入場料は大人3千ウォンから5千ウォンに引き上げられる。 青瓦台セ…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02