2016年江原道公式日本語ブログ 「名誉外信記者団」が発足

2016年03月17日

江原道名誉外信記者団 2018年冬季オリンピックの舞台として、世界中から注目を集める平昌(ピョンチャン)がある江原道(カンウォンド)。韓国国内では、避暑地として、また大自然が楽しめるヒーリング旅行地として良く知られているものの、日本ではソウルや釜山に比べ知名度が低いのが実情だった。そこで、昨年の下半期より江原道公式日本語ブログが運営されているが、今年度からはその規模を拡大し、日本人の目線からの情報発信を行う「名誉外信記者」10名を選抜し、3月から本格的な活動を始めている。

この外信記者たちは毎月1回、江原道を訪問し、代表的なお祭りや、平昌オリンピックに代表されるような、大自然を生かしたアウトドアスポーツ情報、江原道の特産品やグルメ、そして季節にふさわしい観光地など、それぞれの観点から捉えた「旬の江原道」を取材し、日本人により身近に江原道を感じてもらえるよう活動を行う予定だ。

また、日本人にもよく知られている観光名所の春川(チュンチョン)や、江陸(カンヌン)だけでなく、江原道内の18市・郡にも幅広い取材を行うことから、隠された名所や名物料理、特別な体験等を江原道ブログを通じて出会うことができる。

3月9日の正午、ソウルで行われた名誉外信記者発足式には韓国在住のブロガーたちが参加し、今後の活動についての方針や、名誉外信記者としての活動に対する質疑応答、そして正式名刺の贈呈などが行われた。

この外信記者として活動するブロガーの中には、日本在住の人たちによる募集もあり、その中から3名が記者として活躍することとなるなど、江原道に対する関心の高さも感じられた。

この日、発足式に参加した江原道庁代弁人室のユン・ホジョン海外広報主査は、「知れば知るほど魅力あふれる江原道に直接訪問できない人たちにも、10名の記者たちによる生き生きとした記事を通じて、その魅力を感じることができるだろう」とし、「平昌オリンピックの開催で、交通インフラも充実してきており、外信記者が発信する情報を通して江原道へ気軽に訪問してほしい」と語った。

今後、江原道への旅行商品が当るオンラインイベント等が準備されていることから、随時ブログをチェックする必要がありそうだ。

ameblo.jp/yokosogangwondo/

Pocket

関連する記事はこちら

空港鉄道

空港鉄道ソウル駅と1、4号線の乗り換え通路が開通

空港鉄道ソウル駅と地下鉄1、4号線を接続する乗り換え通路が3月28日に開通した。これにより、空港鉄道と地下鉄1、4号線との乗り換え時間が大幅に短縮されるなど、地下鉄1、4号線を利用した空港アクセスが強化された。 乗り換え通路が開通することによって、空港鉄道ソウル駅から地下鉄4号線…続きを読む

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

717411_307799_1831

「オリンピック入場券を購入し、多彩な特典を」

 平昌オリンピックの入場券の販売率が50%を突破して順調な販売を続ける中で、組織委員会がオリンピックの入場券で享受することができるさまざまなメリットを公開した。 入場券所持者の主な恵沢としては、オリンピック文化イベントの観覧はもちろん、KTX早期前売り・割引、高速道路通行料の免除…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

신라스테이_해운대

新羅ステイ海雲台オープン

 新羅ステイが釜山海雲台に18日にオープンする。新羅ステイ海雲台は「スマーターステイ(Smarter Stay)」をコンセプトに、新羅ホテルの商品やサービスの価値の上に新しい感性を加えたプレミアムビジネスホテルを志向する。地下3階、地上18階規模で407室の客室と132席のモダン…続きを読む

한국방문위원회_설문조사

外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満…続きを読む

Visitkorea

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン デザイン全面改編、個別観光客の利便機能拡充し、コンテンツをアップグレード  韓国観光公社が運営する韓国観光海外広報サイト(visitkorea.or.kr)の英語、日本語、中国語サイトがユーザー中心の便利なインターフェースと様々な便利な機…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02