2018平昌オリンピック公式モバイルアプリ、日本語の更新

2018年02月07日

평창_공식앱 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、大会を控えて公式モバイルアプリをオリンピックモードに更新した。公式アプリは、昨年11月1日「聖火リレーモード」のバージョンでローンチされ、アップデートを経て、1月29日には試合のスケジュール、競技場紹介などに加え、試合結果とメダル集約、リアルタイムゲームのニュース、選手情報など、大会の重要な情報を提供し、競技場を訪問した観客のための宿泊施設、交通、文化、旅行コンテンツまで含んでいる。また、競技場の3Dプレビュー、ドローン映像など最新の技術を導入し、アプリのユーザーは競技場を直接訪ねたかのような仮想体験ができる。公式アプリケーションは、既存の韓国語、英語の2言語のみでのサービスだったが、今回のアップデートを通じて日本語を新たに追加し、合計5ヵ国語で提供される。

交通専用アプリ「GO平昌」もリリースした。GO平昌は競技場近辺の公共交通機関、組織委員会提供の無料シャトルバスなどの交通情報を提供するだけでなく、入場券のQRコードスキャンによって目的地が自動的に入力され、高速道路案内機能まで提供することが特徴だ。言語は韓国語、英語、中国語、日本語の4ヵ国語を提供する。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

경기관광공사_EG셔틀

京畿道、外国人専用のEGシャトルバス新規コース運行

 京畿道と京畿観光公社が外国人観光客向けのシャトルバスの「EGシャトル」の新規コースを3月15日から運行開始した。EGシャトルは、ソウルに約80%以上集中している訪韓外国人の個人自由旅行を京畿道に誘致するために、昨年から道と公社がローンチした外国人観光客向けのシャトルバス。 正式…続きを読む

코리아투어카드_특별판

オリンピック限定コリアツアーカード特別版発売

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会(以下、平昌五輪)を控えて、文化体育観光部と韓国観光公社、韓国鉄道公社(コレール)、韓国訪問委員会が共同で、観光と交通の恵沢が結合したオリンピック限定コリアツアーカードを発売した。 「コリアツアーカード2018」は、外国人専用の交…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

koreatourcard

交通の利便性と観光恵沢を盛り込んだコリアツアーカード人気

 (財)韓国訪問委員会(委員長・朴三求)が今年1月に発売したコリアツアーカードが発売2ヵ月で1万枚の販売を突破し、外国人観光客から大きな反響を得ている。 コリアツアーカードの販売チャンネル(航空会社、コンビニエンスストア、空港鉄道)ごとの統計によると、今年1月末にコリアツアーカー…続きを読む

코리아그랜드세일

韓国のショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」1月18日に開幕2018平昌冬季オリンピックと連携、42日間、様々な破格のメリットを提供

 韓国訪問委員会(委員長:朴三求)は1月18日(木)から2月28日(水)まで、外国人対象のショッピング文化観光祭り「2018コリアグランドセール(Korea Grand Sale | www.koreagrandsale.co.kr) 」を開催する。 ショッピングを媒介にして、韓…続きを読む

한국방문위원회_설문조사

外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満…続きを読む

이스타항공_취항

イースター航空、鹿児島と宮崎の定期便新規就航

 韓国国籍格安航空会社であるイースター航空が九州地域の鹿児島空港と宮崎空港にそれぞれ定期便を就航する。 仁川‐鹿児島路線は11月1日から12月20日まで週3回(水、金、日)運航し、12月21日から2018年2月28日までは週7回に毎日運航数を増やして、冬のピーク時の顧客の需要に合…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02