2018年韓国観光海外広告、EXOが担当

2018年09月27日

「韓国でこれもやってみた?」がテーマ

엑소_한국관광광고 文化体育観光部と韓国観光公社は、韓国観光の認知度向上を通じた外国人観光客の誘致拡大のために、外国人個別観光客が興味深く体験できる、それぞれの趣向に合わせたコンテンツを盛り込んだ6つのテーマ、21の広告を制作し、海外広報を行なう。

公社は、デジタルメディアを中心に観光情報が流通しているグローバルトレンドと訪韓外来客の個別旅行者の増加傾向に合わせて、様々な体験を中心とした広告映像を製作した。広告のテーマは、「韓国でこれもやってみた?(Korea Asks You、Have you ever?)」で、外国人の目から見た韓国ならではの深みがあってユニークな体験をメインコンテンツとした。

2018年韓国観光広告映像は「歴史・伝統」、「韓国人の日常生活」、「冒険」、「トレンド」、「ヒーリング」、「韓流」の6つのテーマを主題としており、2018年の広告モデルであり、韓国観光名誉広報大使であるEXOのメンバー8人がテーマ別の主演を務め、韓国観光で楽しむことができる様々な体験を身近に表現した。

広告には、DMZ、臨津閣など、韓半島の平和観光コンテンツはもちろん、ナイトマーケット・屋台・チムジルバン・韓方スパなどの日常体験と、美術館・ミュージカル・国立国楽院などの興味深い芸術素材が活用される。また、保寧マッドフェスティバル、順天湾の干潟、統営リュージュ体験、済州の海女、ヨット体験など、さまざまな地方観光コンテンツを中心とした生活密着型体験素材を活用して、海外の消費者の興味を誘発する予定だ。これは、これまでの映像が主に韓国の観光名所のイメージを収めたのとは差別化されたもので、海外の消費者の訪韓欲求をより強く引き出すことができるものと期待される。

今回の広告は、8月のティーザー広告を皮切りに年末まで海外のテレビはもちろん、ユーチューブ、フェイスブックなどのデジタルチャンネルを通じて全世界に紹介される予定だ。この映像は、韓国観光公社公式ユーチューブサイト(www.youtube.com/imagineyourkorea)を通じて視聴できる。今後、公社は海外支社を活用して国内の広告撮影地の観光商品化など、海外現地観光マーケティングを集中展開する計画だ。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

코리아투어카드_특별판

オリンピック限定コリアツアーカード特別版発売

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会(以下、平昌五輪)を控えて、文化体育観光部と韓国観光公社、韓国鉄道公社(コレール)、韓国訪問委員会が共同で、観光と交通の恵沢が結合したオリンピック限定コリアツアーカードを発売した。 「コリアツアーカード2018」は、外国人専用の交…続きを読む

nothumbnail

「片道5万ウォン」仁川空港発定額型タクシー検討中

韓国政府が輸送事業法の改正を通じて、メーターに出た料金に依存せず、運行区間と時間に応じて定額料金で利用できるタクシーの運行を検討中だ。 改正された輸送事業法に基づいて、これまでメーターの基準でのみ運営することができたタクシーの運行を、特定区間と時間定額運賃による運営が可能となり、…続きを読む

산청동의보감촌

慶尚南道、アンチエイジング・ウェルネスプログラムで日本人観光客誘致

 慶尚南道がアンチエイジング・ウェルネス観光コンテンツをベースにした日本人観光客観光プログラムを通して、5月20日から23日まで日本人観光客の団体40人を誘致し、本格的なアンチエイジング・ウェルネス観光の活性化に乗り出す。 韓国旅行の専門家であり、日本の人気女優の黒田福美さんと4…続きを読む

エア釜山

エアプサン、日オリコンチャートで「2016年LCC顧客満足度」1位

 一歩先立つエアプサンの顧客満足サービスが、日本人の心を捕らえた。釜山を基盤とする地域航空会社エアプサンは、日本の権威ある3大評価機関であるオリコンチャートが実施した「2016年LCC航空会社顧客満足度調査国際線部門」で総合1位に選定されたと9日明らかにした。オリコンチャートは音…続きを読む

에어서울_다카마쓰요나고_증편

エアソウル、高松・米子路線増便へ

 エアソウルが今年10月28日から高松路線を週5回から7回、米子路線を週5回から6回に増便する。今回の増便により、高松路線は開設26年ぶりに日本の地方路線のうちでは初めての1日1便、毎日運航となった。 仁川‐高松路線はアシアナ航空が1992から運航しており、2016年から新たに発…続きを読む

水陸両用バス

水陸両用バスに乗って京仁アラベッキルへ

  韓国初の観光水陸両用バスが運行された。アクア観光コリア(株)は、4月水陸両用バスの試験運行を終え、5月15日から水陸両用バス2台を正式に京仁アラベッキルに投入、商業運転を開始した。 仁川西区梧柳洞の西海とソウル江西区の漢江上流の14.2㎞区間をつなぐ人工水路、京仁アラベッキル…続きを読む

nothumbnail

コレール、ソウル駅乗り換え通路に荷物コンベアベルト設置

鉄道‐地下鉄間の乗り換え通路に韓国初導入   コレールがソウル駅の「鉄道‐地下鉄(1・4号線)の間の乗り換え通路」に荷物専用の電動コンベアベルトを設置し、乗客の荷物を楽に移動することができるように改善したと発表した。 列車利用客乗り換え通路に荷物を運ぶコンベアが設置され…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02