特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

2017年05月17日

특별기고_KNTO_권병전

 

韓国旅行の新しい魅力、
韓方とウェルネス観光にその答えがある

韓国観光公社観光商品室長 權炳典

 

韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文化的交流も活発に行われてきて、飛躍的な産業の発展を遂げながら、経済分野をはじめ多岐にわたった緊密な協力関係も形成されています。

最近、韓国で国内外の観光客から大きく注目を浴びている分野は、医療とビューティー(美容)分野です。「健康な時に健康を守る」という言葉があるように、精神的、肉体的な健康を維持して健康な生活を営むことは非常に重要であり、特に、人間の寿命が長くなった今日、このような健康管理の重要性はますます高まっています。特に、病気を事前に予防する努力は非常に重要であり、医療分野においても「治療」中心から「予防」中心のトレンドが高まっています。

 

「韓国伝統医学『韓方』、癒しをテーマに
日本人観光客に特化したジャンル」

韓国の医療技術は世界的に認めるほど優れ、費用は比較的安価です。韓国では、「韓方医学」という伝統的な医学が長い歴史の中で脈々と受け継がれながら、国民の健康維持に寄与してきました。一般的に「韓方」と呼ばれる伝統医学は、韓医科学大学を卒業し、国家医師免許試験に合格した医師が診療を担当する通常の医学分野です。全国には韓方病院や医院が運営されています。
このような韓方医療機関では、健康診断、スキンケア、頭皮管理、肥満管理、抗老化、慢性疲労、心身衰弱など、さまざまな病気の診療を担当しており、日本の観光客を中心とした外国人観光客の利用が大幅に増加しています。

世界の人々の健康への関心が増加しながら「ウェルネス(wellness)」が大きく注目を浴びていますが、韓国の場合、ウェルネス観光の魅力がたくさんあり、外国人観光客の関心も増加しています。韓方は、これらのウェルネス観光と密接な関連性がある代表的な分野です。

ウェルネスは非常に分野が広く、多様です。代表的な分野としては、スパ(SPA)があり、韓国伝統の高麗人参を使った健康スパも人気があります。そして、老若男女誰もが安心して簡単に利用できる韓国伝統のチムジルバンは、その効能はもちろん、コミュニケーション空間として韓国ならではの特徴をよく表しています。水治療、森林治療も新たに注目されており、韓国の全国各地の名刹で行われるテンプルステイは、忙しい現代人が日常を忘れて、精神的な安定とリフレッシュを得ることができる韓国ならではの独特な施設です。このように、首都であるソウルと各地方にはまだ知られていない多くの隠れた魅力があります。

 

「健康のためのウェルネスツアー、
韓国旅行リピーターに新しい楽しみになる見通し」

また、韓国の主要な魅力の一つは、ビューティー(美容)分野です。ビューティー分野の代表は、化粧品で、世界的に大きく脚光を浴びています。

ビューティー分野において健康的な食生活と適切な運動、休養などが総合的に行われるとき、スキンケアなどに、より効果があるのではと思います。

韓国の気候と自然風土は穏やかな方で、四季のはっきりした特徴を持っており、野菜、果物をはじめとする多彩で質の良い食材を基にした「旬」の食文化が発達してきました。また、料理の調理法の歴史性と多様性は世界的に遜色がないと考えており、特に料理の調理法は、健康を土台にしているため、韓国料理は基本的に健康食であるといっても過言ではありません。

韓国を何度も訪問する日本人観光客も多いですが、ウェルネス観光やヘルスケア分野での魅力的な体験が、今まではあまり活発ではありませんでした。今後、韓国で新しい健康管理のための体験と四季の味覚を通じ、健康で美しい生活に役立つことを願っています。皆さんの韓国訪問をお待ちしております。

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売

日本人観光客シャトルバスで全州へ 日本人の個人旅行者対象「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売  韓国観光公社と全州市が共同で、11月9日までの毎週金・土・日曜日にソウル‐全州を往復する有料シャトルバス商品を運行する。   全州シャトルバスは、ソウルに集中している日本人観…続きを読む

신임_관광공사사장

韓国観光公社、安榮培・新社長就任「斬新なアイデアで、観光産業に新しい風起こしたい」

 韓国政府文化体育観光部が、空席だった韓国観光公社社長に安榮培(アン・ヨンベ)・前国政広報処次長を任命、公式業務に入った。新社長の任期は2021年5月16日までの3年間となる。 文化体育観光部は「新任の安榮培社長は、大統領秘書室国政広報秘書官、国政広報処次長を歴任し、政府レベルの…続きを読む

평창_공식앱

2018平昌オリンピック公式モバイルアプリ、日本語の更新

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、大会を控えて公式モバイルアプリをオリンピックモードに更新した。公式アプリは、昨年11月1日「聖火リレーモード」のバージョンでローンチされ、アップデートを経て、1月29日には試合のスケジュール、競技場紹介などに加え、試…続きを読む

コリアグランドセール

2015コリアグランドセール終了、参加業者の売り上げが102%増加

 昨年12月1日から始まった2015コリアグランドセールが135業者2万6914ヵ業者が参加して2015年2月22日まで84日間にわたる大事業を終えた。 今年で5回目を迎えたコリアグランドセールは、2011年に始まって以来、業者の参加規模が57ヵ業者1万4053ヵ店舗から135業…続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州‐日本に新規路線

 済州と大阪を行き来する新規の空の道が開かれる。済州特別自治道は6月30日から、格安航空会社ティーウェイ航空が済州と大阪を行き来する直行便を就航する予定であると16日に明らかにした。 ティーウェイ航空は、済州‐大阪路線を毎日就航することに決定し、今月中にホームページに運賃を告知し…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

티웨이_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州 – 大阪路線就航、日本人観光客呼ぶ

 韓国格安航空会社で日韓路線に多数就航しているティーウェイ航空が済州‐大阪間の定期路線を6月30日に開設し、正式運航に入った。済州を訪れる日本人観光客が大幅に減少して低迷局面が続く中で、格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が済州‐大阪路線に就航し、日本市場の攻略に再び活力を吹き…続きを読む

세계유산_한국의산사_법주사

韓国山寺7ヵ所、ユネスコ世界遺産登録

 ユネスコ世界遺産委員会(WHC)は6月30日(現地時間)、バーレーンの首都マナーマで開かれた第42回会議で韓国の山寺7ヵ所を世界遺産の文化遺産に登録した。韓国で13番目のユネスコ世界遺産となる。 韓国がユネスコ世界遺産に申請した「山寺、韓国の山地僧院(Sansa、Buddhis…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02