5月から龍山‐大田区間もITX‐青春利用

2017年05月17日

新道林・鷺梁津駅も停車、5月1日から1日に12回運行

 

경부선_ITX コレールが、5月1日(月)から京釜龍山(ヨンサン)‐大田(テジョン)区間にIXT‐青春の運行を開始した。運行回数は平日基準1日12回運行(片道6回)で、龍山駅から大田駅までの平均運行時間は1時間55分。この列車はセマウル号に準じて鷺梁津(ノリャンジン)、新道林(シンドリム)、水原(スウォン)、平澤(ピョンテク)、天安(チョナン)、鳥致院(チョチウォン)に停車する。

特に、一般列車では初めて広域電鉄の乗換駅である新道林駅(1・2号線)と鷺梁津駅(1・9号線)に停車し、列車を利用した通勤がより便利になる見通しだ。運賃はセマウル号と同じように策定されて龍山‐天安9000ウォン、龍山‐大田15700ウォンだ。

また、江南圏の京釜線列車に乗る時に永登浦駅や龍山、ソウル駅に行かなくても、2号線や9号線を利用して新道林駅や鷺梁津駅から列車に乗れるようになり、地方旅行がより便利になる見通しだ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

DMZ_평화관광

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売

韓国観光公社、江原道・自治体共同DMZ平和観光商品を新規発売 6月から春川駅発、華川、楊口一帯DMZ循環シャトルツアー運営    韓国観光公社が江原道、春川市、華川、楊口、第7師団と共同で江原地域経済の活性化とDMZ観光客訪問の増大のために「DMZ平和観光商品」を新規リ…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

水陸両用バス

水陸両用バスに乗って京仁アラベッキルへ

  韓国初の観光水陸両用バスが運行された。アクア観光コリア(株)は、4月水陸両用バスの試験運行を終え、5月15日から水陸両用バス2台を正式に京仁アラベッキルに投入、商業運転を開始した。 仁川西区梧柳洞の西海とソウル江西区の漢江上流の14.2㎞区間をつなぐ人工水路、京仁アラベッキル…続きを読む

欲張り釜山キャンペーン

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で 九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施    韓国観光公社福岡支社は、福岡‐釜山間の航路路線の活性化と訪韓観光誘致拡大のために、代表的な定期路線であるJR九州の「ビートル」、「ニューかめりあ」と共同で、12月27日まで「欲張り釜山キ…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

コリアツアーカード

「韓国旅行をもっとやさしく快適に」外国人専用コリアツアーカード発売開始

交通カード機能にショッピング割引及び観光、 エンターテイメントのメリット加え  (財)韓国訪問委員会が韓国を訪れる個人観光客対象の外国人専用交通観光カードである「コリアツアーカード」(Korea Tour Card)を発売した。「コリアツアーカード」は韓国訪問委員会と(株)韓国ス…続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

롯데월드_협약

マスターカードで決済するとロッテワールドアドベンチャー、ソウルスカイ割引

マスターカード、ロッテワールドと外国人観光客の誘致業務協約  マスターカードは、ロッテワールドと外国人観光客の積極的な誘致のための業務協約(MOU)を締結したと発表した。今回の協約に基づいて、マスターカードを使用している外国人観光客は、ロッテワールドアドベンチャー利用時、1日フリ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02