5月から龍山‐大田区間もITX‐青春利用

2017年05月17日

新道林・鷺梁津駅も停車、5月1日から1日に12回運行

 

경부선_ITX コレールが、5月1日(月)から京釜龍山(ヨンサン)‐大田(テジョン)区間にIXT‐青春の運行を開始した。運行回数は平日基準1日12回運行(片道6回)で、龍山駅から大田駅までの平均運行時間は1時間55分。この列車はセマウル号に準じて鷺梁津(ノリャンジン)、新道林(シンドリム)、水原(スウォン)、平澤(ピョンテク)、天安(チョナン)、鳥致院(チョチウォン)に停車する。

特に、一般列車では初めて広域電鉄の乗換駅である新道林駅(1・2号線)と鷺梁津駅(1・9号線)に停車し、列車を利用した通勤がより便利になる見通しだ。運賃はセマウル号と同じように策定されて龍山‐天安9000ウォン、龍山‐大田15700ウォンだ。

また、江南圏の京釜線列車に乗る時に永登浦駅や龍山、ソウル駅に行かなくても、2号線や9号線を利用して新道林駅や鷺梁津駅から列車に乗れるようになり、地方旅行がより便利になる見通しだ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

논산_선샤인랜드

論山「サンシャインランド」が人気

 イ・ビョンホンとキム・テリ主演のドラマ話題作「ミスターサンシャイン」のロケ地である「論山サンシャインランド」が韓流観光の新名所として人気を集めている。ドラマ「ミスターサンシャイン」は「トッケビ」、「太陽の末裔」をつくったキム・ウンスク作家の作品で、1871年江華島韓米戦争当時、…続きを読む

코레일패스

「コレールパス」リニューアル9月発売

 韓国鉄道コレールが8月1日から一定期間、コレールが運営する全ての列車を自由に利用できる外国人専用鉄道周遊券「コレールパス(Korail Pass)」を全面改編したと発表した。今まで入国期間に応じて区分販売してきた外国人対象パスの種類を一つに統合運営し、別途手続きなく購入後すぐに…続きを読む

大邱タヨバス

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で 大邱都心を楽しもう 大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題  大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博し…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

VR技術を利用して、実際にボブスレーの競技をしているような体験ができる

仁川空港に平昌冬季五輪広報のためのICTラウンジがオープン

聖火が仁川空港に到着して韓国内での聖火リレーがスタートした11月1日、仁川空港の空港鉄道入口前に仁川空港ICTラウンジがオープンした。ICTラウンジは、ICT(情報通信技術)を利用して、冬季オリンピックに関連したさまざまな体験ができる場所。VR(仮想現実)でオリンピックの種目を体…続きを読む

서울역_공항터미널

イースター航空、ソウル駅都心空港ターミナルに入居

 空港鉄道は、12月1日に韓国国籍の格安航空会社であるイースター航空とソウル駅都心空港ターミナルの搭乗手続きサービスを提供するための入居契約を締結したと発表した。 今回の契約により、チェックインシステムの構築が完了する12月20日からソウル駅都心空港ターミナルでイースター航空の搭…続きを読む

평창_공식앱

2018平昌オリンピック公式モバイルアプリ、日本語の更新

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、大会を控えて公式モバイルアプリをオリンピックモードに更新した。公式アプリは、昨年11月1日「聖火リレーモード」のバージョンでローンチされ、アップデートを経て、1月29日には試合のスケジュール、競技場紹介などに加え、試…続きを読む

원아시아페스티벌2017

「2017釜山ワンアジアフェスティバル」開催

 10月にK‐POPのトップスターが釜山で全世界の韓流ファンと集う。釜山広域市主催、釜山観光公社主管の下でアジアナンバーワン韓流フェスティバル「2017釜山ワンアジアフェスティバル」(以下、BOF)が開催される。 「BOF」は釜山が有する文化・観光のインフラと韓流コンテンツ及びア…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02