KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

2016年07月27日

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問

KATA_会長 韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を派遣する。

KATAの梁武承会長は「旅行業界の従業員とメディアで構成した応援団を派遣することは、4月に発生した熊本地震の被害現場を訪問して被害者を慰労し、復旧状況などを確認して韓国人観光客が九州を再訪問するようにすることこそが、韓国の旅行業界が九州のためにできる真の応援であるため」と語った。また、「今回の応援団を通して、困難な時に助けてくれる友が真の友であるという真理を実践することにより、韓日観光の人的交流の持続的な発展のための基盤を固めるためのもの」と述べた。

KATAは東日本大震災以降、困難を経験している日本の東北地域に、昨年、旅行業界、メディア、消費者団体などで構成された400人の大規模な友好交流団を派遣し、今年6月にも250人の「日本の東北観光交流促進団」を送るなど、日韓観光交流を促進するための継続的な努力を傾けている。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

세계유산_한국의산사_법주사

韓国山寺7ヵ所、ユネスコ世界遺産登録

 ユネスコ世界遺産委員会(WHC)は6月30日(現地時間)、バーレーンの首都マナーマで開かれた第42回会議で韓国の山寺7ヵ所を世界遺産の文化遺産に登録した。韓国で13番目のユネスコ世界遺産となる。 韓国がユネスコ世界遺産に申請した「山寺、韓国の山地僧院(Sansa、Buddhis…続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

인천공항_제2여객터미널

仁川空港第2ターミナル、来年1月18日にオープン

 仁川国際空港第2旅客ターミナルが1月18日にオープンする。韓国政府国土交通省と仁川国際空港公社は「平昌冬季オリンピックを約3週間後に控えた来年1月18日、仁川空港第2旅客ターミナルを公式オープンすることを決定した」と明らかにした。 平昌冬季オリンピックは2018年2月9日に開幕…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

평창올림픽3

PyeongChang 2018 オリンピック Winter Games

    1.Passion. Connected. ひとつとなった情熱! 2.2018年には江原道(平昌、江陵、旌善)で第23回冬季オリンピックと、第12    回冬季パラリンピックが開催されます。 3.2018平昌冬季オリンピック ○ 大会期間:2018. …続きを読む

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

코리아투어카드_특별판

オリンピック限定コリアツアーカード特別版発売

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会(以下、平昌五輪)を控えて、文化体育観光部と韓国観光公社、韓国鉄道公社(コレール)、韓国訪問委員会が共同で、観光と交通の恵沢が結合したオリンピック限定コリアツアーカードを発売した。 「コリアツアーカード2018」は、外国人専用の交…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02