ファッションタウン東大門を支える町の素顔に触れる | 縫製歴史館「イウムピウム」

2018年06月12日

ファッションタウン
東大門を支える町の素顔に触れる
縫製歴史館「イウムピウム」

ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「昌信洞」にまつわる魅力的なエピソードを、展示館を訪問して探ってみた。
文/町野山宏記者

 

IMG_5871

 

「ファッションタウン」東大門。ソウルに来る目的の一つが東大門でショッピングをすることという人も少なくないだろう。安いだけでなくデザインも優秀な韓国のファッションの人気はさめることを知らない。それでは、東大門のファッションアイテムはどこから来るのかと考えたことはあるだろうか?それは東大門からほど近い昌信洞(チャンシンドン)という町。町のあちこちからミシンの音が聞こえ、スチームの湯気が立ち上る縫製の町だ。その昌信洞に縫製の過去と現在、未来を見ることができる縫製歴史館が誕生した。

縫製の町・昌信洞は興仁之門(東大門)に接し、洛山の山すそにびっしりとレンガ造りの家が並ぶところ。地下鉄東大門駅から出て丘を登っていくと、そこには活気付いた素顔のソウルがある。少し上ると道の両側からミシンの音が聞こえてくる。ひっきりなしに道路を行きかうバイクの荷台には長い生地のロールや完成した服の包みが積まれている。目的地の縫製歴史館に至る路地にも縫製工場が並んでいるが、縫製関係のイベントの看板がところどころに見られる。数十年の歴史を持つ縫製の町に新しい風が吹き始めている様子を示す洗練されたデザインの看板だ。そんな坂道を上っていくと、路地の奥に新築の建物がある。4月11日にオープンしたばかりの縫製歴史館だ。

この歴史館には「イウムピウム」という別名がある。「つなげる」という意味の「イウム」と、「花咲く」という意味の「ピウム」という二つの言葉を合わせたもの。布を縫い合わせることで花咲かせた縫製の文化を意味すると共に、縫製の過去と現在を「つなげる」ことで未来を「花咲かせよう」という願いが込められている。

1階から入ると最初に迎えるのは昌信洞の職人たちの紹介動画。長年この町でこの仕事を営んできた42人の職人のインタビューしたダイジェスト映像と、彼らを代表する9人のインタビューの詳細映像を見ることができる。自分にとって縫製とは何かを語る彼らの言葉は、「人生」、「生活」、「夢」とさまざまだが、一人ひとりから真摯さを感じられ、こだわりと愛着が感じられる。今まで記者が勝手に持っていた「たいへんな労働を強いられるかわいそうな人たち」というイメージががらがらと崩れ去った。長年経歴を積んできた40~50代の方が多いが、この仕事に自分の未来を掛けた青年も少なくなく登場することにも驚いた。

プロローグとなる映像を見て、いよいよ展示を観覧。エレベータで2階に上がると、壁に掲げられた大きなボタンが目に入る。ここではボタンを販売している。カラフルなボタンの中から気に入ったボタンを買って、持ってきた服につけることもできる。また、昌信洞のマスターたちがつくった服を購入することもできる。

隣の展示室は、壁一面に四角や楕円形の額が並んでいる。額の中にはカテゴリーに分けられて縫製の歴史や技術、文化などについて説明している。テキストだけではなく、写真やイラストなどで分かりやすくなっており、ビジュアルだけでも充分楽しめる。特に展示室の奥にあるレトロチックなミシンは、ハンドルを回すと画面にワイシャツを作る過程が映像で映し出される。シンプルにつくられた映像が興味深い。

 

IMG_5873

 

この展示室では世界と韓国の縫製の歴史を知ることができる。スタッフに簡単に説明してもらったが、産業革命によって機械化された縫製産業が韓国で本格的に始まったのは60年代のこと。60~70年代は国家主導で外貨獲得の手段として縫製産業が発展した。それによって女性の社会進出の機会となったが、反面、劣悪な環境で女工たちは低賃金で長時間労働を強いられた。それを社会に訴えようと、チョン・テイルという青年が焼身自殺を図るなど事件が起こることによって、政府による労働条件の改善の努力がなされた。それでも取締りの目を逃れた業者は昌信洞に移って営業を続けたという。もう一つの問題としては、物価がどんどん上がっている中でも20年前と変わらない価格でしか卸せていない状況だ。この歴史館がつくられたのは、そのような状況を打開し、製品の価値を高めることにある。

この展示室の一角は3階まで吹き抜けになっており、額が並ぶその上を、昌信洞の「マスター」たちの作品が回っている。展示室内の階段で3階に上がると、そこにはソウル市の公募で選ばれた10人のマスターの写真と彼らの使う鋏などの道具が展示されている。彼らの笑顔には自分たちの技術に対する自信が感じられ、使いこなされた道具からは経歴が感じられる。マスターたちの作品は東大門で販売されているということで、ショッピングをする時の見方も変わってくるようだ。

3階の展示を見終わると、順路は外の階段へ続いている。4階は「裁縫カフェ」。山の斜面に形成された昌信洞の町が見渡せる空間では無料のコーヒーでくつろげるようになっている。この町のどこかで縫製職人たちが今も布を裁断し、ミシンを踏み、ボタンを掛けているのだと思うと感慨深い。

地下1階の縫製作業室では簡単な服を作る体験コースや、その場でできる簡単なコースも準備されており、実際に体験で楽しめる。

 

縫製歴史館「イウムピウム」

http://iumpium.com
Tel: +82-2-747-6471~2
観覧時間:火~日、AM10:00~PM06:00
休館日:毎週月曜日、公休日

Pocket

関連する記事はこちら

공항철도

仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記

<撮れ立てレポート> 「ソウル駅で荷物を預け気軽に空港へ出発!」 仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記   ソウル駅から仁川国際空港をつなぐ仁川空港鉄道が去る12月28日に開通式を行い、全区間運行に入った。 以前開通した1段階区間の仁川空港-金浦空港路…続きを読む

펜타포트

仁川の世界的な有名な PentaPortRock Festival 見に行かないですか。

PentaPortRock Festival * 行事期間 : 毎年 8月中 * 住所 : 仁川広域市延寿区セントラルで 350 (松都洞) * 行事場所 : 仁川松都月明り祭り公園 (PENTA PARK) * Web site : http://pentaportrock.c…続きを読む

月精寺

山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅

心身が癒されるとっておきの冬の韓国旅行 山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅    日常の悩みから離れて地上と断絶した山の中の寺院に向かう。都市の喧騒は消え、神秘的で霊験あらたかな空気に体と心が自然と癒されていく。伝統的な仏の教えはこれまで気づかなかった人生の意味ま…続きを読む

경기도1

京畿道が選定した‘2017年京畿道の10大祭り’

12月になり今年も残りわずかとなりました。桜祭りが真っ盛りだった春がつい一昨日のことのように思えるのに、今や年末の冬祭りが大盛況です。 京畿道では、四季折々の個性満点の31ヶ所の市・郡のすべてが祭りを多く開催するということで噂されています。来るべき2017年を迎え、京畿道が201…続きを読む

精進料理体験館01

尼さんから学ぶ韓国の精進料理「韓国寺刹飲食文化体験館」

韓国旅行での大きな楽しみの一つが「食」だろう。さまざまなおいしい料理があふれているが、その中でも最近注目を浴びているのが韓国の寺院に古くから伝わる精進料理だ。伝統を継承しながらよりおいしく、栄養価の高い料理を提供するために発展を続けてきた。そのような精進料理を紹介する「韓国寺刹飲…続きを読む

또 오해영

仁川の韓国ドラマ「また?!オヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」のロケ地

カーネルワークにまたオセヨン! 「また?!オヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」のロケ地 20~30代の女性から絶大な支持を得たドラマ「また?!オヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」 未来が見える男パク・ドギョン(エリック/SHINHWA)と同姓同名の女性二人-それぞれ「普通」と…続きを読む

1

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展 -5月 29日まで、青磁象嵌唐草文盌など111点公開 高麗王室と貴族が使用した最上級の高麗青磁を展示する「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展が5月29日まで、国立中央博物館常設展示室の彫刻工芸館の青磁室にて開催される。 …続きを読む

서울스카이_메인A

韓国の新しいランドマーク、ソウルスカイ

  今年4月3日にオープンしたロッテワールドタワー展望台「ソウルスカイ」が、8月の入場者65万6千人を超え、韓国観光の新名所として急浮上している。開場1ヵ月あまりで15万人入場という記録を打ち立てたのに続き、オープン100日にして50万人、そして4ヵ月で65万人の入場者…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02