「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

2017年09月21日

발족식-단체사진-3-(2) 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光25選運営協議体を発足した。

「ウェルネス観光」は、健康とヒーリング(治癒)を目的とし、観光にとどまらず、スパやレクリエーション、ビューティー(美容)、ヘルスケア活動などを行うことを意味するが、市場規模が大きく、付加価値の高い観光産業として知られており、全世界的に脚光を浴びている。

文化体育観光部と韓国観光公社は、治療中心の医療観光を超え、健康とヒーリング(治癒)を中核とするウェルネス観光を育成するための第1段階事業として、韓国のウェルネス観光資源の現状の把握を通じて、5月に「ウェルネス観光25選」を選定した。25選に選ばれた企業は大きく▲韓方、▲ヒーリング(治癒)・瞑想、▲ビューティー(美容)・スパ、▲自然・森の癒しの4テーマに分けられ、精神的・肉体的健康増進に役立つプログラムとサービスを提供して、韓国で体験できる差別化されたコンテンツを保有している施設である。

今回発足した運営協議体は、ウェルネス観光25選事業の円滑な推進のために文化体育観光部、観光公社、25選選定業者、自治体間の緊密なコラボレーション体制の構築を目的としている。公社は今後25選の施設を中心にウェルネス観光地の目的地として韓国の認知度を高め、海外広報・マーケティングや観光商品の開発はもちろん、外国人観光客が訪れたときに不便がないように収容環境の改善事業などを推進する計画である。また、運用協議体を通じて、業界のニーズに合致して実質的な観光客の訪問をもたらすことができる、臨場感あふれる事業を積極的に発掘、推進する予定だ。

公社の医療ウェルネスチームのチュ・ソンヒ・チーム長は「これまでの治療中心の『医療観光』のマーケティング活動の成果に支えられ、今後、ヒーリング・ビューティー・健康などを組み合わせた『ウェルネス観光』を新たに育成する計画」とし、「韓国型ウェルネス観光のモデルを確立し、ウェルネス観光地としての韓国のブランドをつくって外国人観光客の誘致拡大を図る計画」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

tway

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航 大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶ…続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、大阪・成田の2ヵ路線増便

 ティーウェイ航空は5月31日から仁川 – 東京(成田)路線を一日1便運航から1日2便運航に拡大した。スケジュールは毎日仁川を午前7時45分と午後3時に出発し、東京(成田)から毎日昼12時と午後6時30分(曜日別に相違)に仁川へ出発する日程だ。増便したスケジュールは、…続きを読む

신임_관광공사사장

韓国観光公社、安榮培・新社長就任「斬新なアイデアで、観光産業に新しい風起こしたい」

 韓国政府文化体育観光部が、空席だった韓国観光公社社長に安榮培(アン・ヨンベ)・前国政広報処次長を任命、公式業務に入った。新社長の任期は2021年5月16日までの3年間となる。 文化体育観光部は「新任の安榮培社長は、大統領秘書室国政広報秘書官、国政広報処次長を歴任し、政府レベルの…続きを読む

全羅北道バス

全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。 「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村…続きを読む

티웨이항공_제주_도쿄_A

ティーウェイ、済州‐成田9月2日就航

 韓国籍の格安航空会社ティーウェイ航空が、済州‐成田路線を9月2日から新規就航した。就航スケジュールは週4回(火、木、土、日)で、済州国際空港の出発時間は火曜日の午後2時30分、木曜日の午後4時、土曜日の午後1時30分、日曜日の午後4時30分で、成田国際空港まで1時間55分で到着…続きを読む

제주공항_신라면세점_오픈

済州空港国際線ターミナル、新羅免税店オープン

114㎡面積に約60ブランド、 6月に売り場拡大しグランドオープン  ホテル新羅が運営する新羅免税店が3月1日から済州空港国際線で営業を開始した。新羅免税店済州空港店は約114㎡(34坪)の規模で、化粧品や香水、酒、タバコなど60種類のブランドを備え、この日、ソフトオープンした。…続きを読む

今年の観光都市

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」 韓国政府「今年の観光都市」共同宣言式開催、事業突入  韓国観光公社が昨年12月2日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで「2016今年の観光都市堤川・茂朱・統営共同宣言式」を開催し、本格的な事業に突入した。 「今年の観光都市」は広…続きを読む

tway

「東京・福岡から大邱へ直行!」、ティーウェイが9月新規路線を就航

 今年9月から大邱~東京(成田空港)と大邱~福岡空港間の空の道が開かれる。大邱国際空港の開港以来、東京の直行定期路線が就航れるのは今回が初めてだ。 大邱‐成田路線は週7回、毎日往復運航する。大邱を午前11時に出発して午後1時10分に成田に到着。また成田からは午後2時10分に出発し…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02