「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

2017年09月21日

발족식-단체사진-3-(2) 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光25選運営協議体を発足した。

「ウェルネス観光」は、健康とヒーリング(治癒)を目的とし、観光にとどまらず、スパやレクリエーション、ビューティー(美容)、ヘルスケア活動などを行うことを意味するが、市場規模が大きく、付加価値の高い観光産業として知られており、全世界的に脚光を浴びている。

文化体育観光部と韓国観光公社は、治療中心の医療観光を超え、健康とヒーリング(治癒)を中核とするウェルネス観光を育成するための第1段階事業として、韓国のウェルネス観光資源の現状の把握を通じて、5月に「ウェルネス観光25選」を選定した。25選に選ばれた企業は大きく▲韓方、▲ヒーリング(治癒)・瞑想、▲ビューティー(美容)・スパ、▲自然・森の癒しの4テーマに分けられ、精神的・肉体的健康増進に役立つプログラムとサービスを提供して、韓国で体験できる差別化されたコンテンツを保有している施設である。

今回発足した運営協議体は、ウェルネス観光25選事業の円滑な推進のために文化体育観光部、観光公社、25選選定業者、自治体間の緊密なコラボレーション体制の構築を目的としている。公社は今後25選の施設を中心にウェルネス観光地の目的地として韓国の認知度を高め、海外広報・マーケティングや観光商品の開発はもちろん、外国人観光客が訪れたときに不便がないように収容環境の改善事業などを推進する計画である。また、運用協議体を通じて、業界のニーズに合致して実質的な観光客の訪問をもたらすことができる、臨場感あふれる事業を積極的に発掘、推進する予定だ。

公社の医療ウェルネスチームのチュ・ソンヒ・チーム長は「これまでの治療中心の『医療観光』のマーケティング活動の成果に支えられ、今後、ヒーリング・ビューティー・健康などを組み合わせた『ウェルネス観光』を新たに育成する計画」とし、「韓国型ウェルネス観光のモデルを確立し、ウェルネス観光地としての韓国のブランドをつくって外国人観光客の誘致拡大を図る計画」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

555

電動キックボードに乗って済州旅行…空港内にレンタルセンターを開所

韓国空港公社済州地域本部が済州観光公社と共に済州国際空港内の「スマートモビリティゾーン」を9月25日から正式運営を行っている。 空港1階にある到着待合室1番ゲート横にあるスマートモビリティゾーンは、空港利用客を対象に、電動自転車や電動キックボードを貸し出しする空間となっている。空…続きを読む

광주디자인비엔날레

芸術に食欲の秋・・・いろんなお祭りでいっぱいの光州に「ワボランケ」

韓国の南西部を代表する光州(クァンジュ)広域市は、ソウルからKTX(高速鉄道)で2時間で到着できる都市。その光州では、9月から10月にかけて、おいしい料理と芸術が堪能できるお祭りがたっぷり準備されている。芸術をとるか食欲をとるか。。。両方が楽しめるお祭りをチェックしよみよう。 ・…続きを読む

서브02_월정사(적광전)

冬季オリンピックの開催地で出会う仏教古刹「月精寺」

2018年全世界が感動した平昌冬季オリンピックの舞台、平昌(ピョンチャン)郡。ここ平昌似位置する仏教古刹「月精寺(ウォルチョンサ)」は韓国5大名山にあげられる五台山(オデサン)に向かう道沿いに位置する、韓国を代表する寺院だ。今から約1400年前となる643年に創建された韓国仏教の…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外…続きを読む

디스커버패스_서울플러스판

外国人観光客専用「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」発売

南怡島・エバーランド・松島セントラルパークなど 観光地96ヵ所をカード一枚で利用  ソウルを訪れた外国人観光客がカード一枚で京畿・仁川まで合計96ヵ所の観光地を利用できる外国人専用観光パス「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」が発売される。 「ディスカバーソウルパス…続きを読む

KakaoTalk_20210318_174411837_01

春をお届け!いちごの故郷「論山市」

韓国のいちご生産量の30%以上を生産する論山市(ノンサン)は、いちごの故郷として有名な場所。毎年春には盛大にいちご祭りも開催され、全国各地から多くの人たちが論山いちごを楽しみに訪問します。2000年代になってからは有益な微生物を利用した親環境(有機栽培・特別栽培)栽培を積極的に行…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence