「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

2017年09月21日

발족식-단체사진-3-(2) 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光25選運営協議体を発足した。

「ウェルネス観光」は、健康とヒーリング(治癒)を目的とし、観光にとどまらず、スパやレクリエーション、ビューティー(美容)、ヘルスケア活動などを行うことを意味するが、市場規模が大きく、付加価値の高い観光産業として知られており、全世界的に脚光を浴びている。

文化体育観光部と韓国観光公社は、治療中心の医療観光を超え、健康とヒーリング(治癒)を中核とするウェルネス観光を育成するための第1段階事業として、韓国のウェルネス観光資源の現状の把握を通じて、5月に「ウェルネス観光25選」を選定した。25選に選ばれた企業は大きく▲韓方、▲ヒーリング(治癒)・瞑想、▲ビューティー(美容)・スパ、▲自然・森の癒しの4テーマに分けられ、精神的・肉体的健康増進に役立つプログラムとサービスを提供して、韓国で体験できる差別化されたコンテンツを保有している施設である。

今回発足した運営協議体は、ウェルネス観光25選事業の円滑な推進のために文化体育観光部、観光公社、25選選定業者、自治体間の緊密なコラボレーション体制の構築を目的としている。公社は今後25選の施設を中心にウェルネス観光地の目的地として韓国の認知度を高め、海外広報・マーケティングや観光商品の開発はもちろん、外国人観光客が訪れたときに不便がないように収容環境の改善事業などを推進する計画である。また、運用協議体を通じて、業界のニーズに合致して実質的な観光客の訪問をもたらすことができる、臨場感あふれる事業を積極的に発掘、推進する予定だ。

公社の医療ウェルネスチームのチュ・ソンヒ・チーム長は「これまでの治療中心の『医療観光』のマーケティング活動の成果に支えられ、今後、ヒーリング・ビューティー・健康などを組み合わせた『ウェルネス観光』を新たに育成する計画」とし、「韓国型ウェルネス観光のモデルを確立し、ウェルネス観光地としての韓国のブランドをつくって外国人観光客の誘致拡大を図る計画」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

空港鉄道

空港鉄道ソウル駅と1、4号線の乗り換え通路が開通

空港鉄道ソウル駅と地下鉄1、4号線を接続する乗り換え通路が3月28日に開通した。これにより、空港鉄道と地下鉄1、4号線との乗り換え時間が大幅に短縮されるなど、地下鉄1、4号線を利用した空港アクセスが強化された。 乗り換え通路が開通することによって、空港鉄道ソウル駅から地下鉄4号線…続きを読む

경기관광공사_EG셔틀

京畿道、外国人専用のEGシャトルバス新規コース運行

 京畿道と京畿観光公社が外国人観光客向けのシャトルバスの「EGシャトル」の新規コースを3月15日から運行開始した。EGシャトルは、ソウルに約80%以上集中している訪韓外国人の個人自由旅行を京畿道に誘致するために、昨年から道と公社がローンチした外国人観光客向けのシャトルバス。 正式…続きを読む

백제문화단지_황후의품격_촬영

扶余・百済文化団地でSBSドラマ「皇后の品格」撮影

 百済の建築様式をリアルに再現して百済の歴史と文化を込めた百済テーマパークである百済文化団地(扶余郡所在)でSBSを通じて放送される新ドラマ「皇后の品格」を撮影、次世代の韓流観光地を予感させた。 今年11月21日に初回放送を控えたSBSの新水木ドラマ「皇后の品格」(全48部作)は…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

특별기고_KNTO_권병전

特別寄稿 韓国観光公社観光商品室長 權炳典

  韓国旅行の新しい魅力、 韓方とウェルネス観光にその答えがある 韓国観光公社観光商品室長 權炳典   韓国は日本から最も近い隣国です。民主主義と市場経済の価値を守っていく国として、日本とはさまざまな相互共感できる部分が多いです。また、長い歴史を通じて日韓の文…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

서울역_공항터미널

イースター航空、ソウル駅都心空港ターミナルに入居

 空港鉄道は、12月1日に韓国国籍の格安航空会社であるイースター航空とソウル駅都心空港ターミナルの搭乗手続きサービスを提供するための入居契約を締結したと発表した。 今回の契約により、チェックインシステムの構築が完了する12月20日からソウル駅都心空港ターミナルでイースター航空の搭…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence