江原道、コリアン・フード・コラムニスト八田靖史氏を招待し、江原道グルメ紹介

2019年09月05日

江原道の8ヵ都市を探訪、代表グルメをSNS・ユーチューブで発信

2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック開催都市として名を知らしめた韓国を代表する観光都市・江原道が日本人観光客に対する江原道観光広報のためにコリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏を招待し、7月14日から16日までの3日間、江原道の主要都市のグルメと見どころを探訪する取材支援事業を行った。

今回の事業は、日本国内で韓国料理に関しては圧倒的な影響力を持つ八田氏を通じて、江原道でなければ味わえない郷土料理と訪問都市の観光スポットを紹介、八田氏のファンや韓国に関心がある多くの人々を対象に江原道の魅力を広報することを目的として企画され、取材の3日間、束草、江陵、太白、旌善、平昌、横城、原州、寧越の江原道内の8ヵ都市を巡る日程で行われた。

 

コリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏

コリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏

 

取材を通じて、アザミの葉のごはん(旌善)と韓牛(太白)、干しダラ焼き魚定食(平昌)などの代表的な江原道グルメに加え、参鶏湯ベースにアワビ、ホンゲ(ベニズワイガニ)、タコなどの江原道を代表する海産物を入れた「海鶏湯(ヘゲタン/江陵)」や、韓国のコーヒー愛好家に人気のあるカフェ「テラロサ」(江陵)、スープたっぷりの異色タッカルビの「ムルタッカルビ」(太白)、100%炭で焼き上げる炭焼き窯のサムギョプサル(原州)など、最近注目されている江原道グルメ10数所を紹介し、溟州郡王陵(カンヌン)、石炭博物館(太白)、雉岳山炭焼き窯サウナ(原州)などの江原道の注目観光地も巡った。

 

旌善オルムチ・カフェを訪ねる八田靖史氏

旌善オルムチ・カフェを訪ねる八田靖史氏

 

14日、江陵を訪れて、サムゲタンにさまざまな魚介類を入れた名物「海鶏湯」を味わった八田氏は「あわびとホンゲ、タコ、ムール貝など江原道の海で獲れた魚介類が、食べ慣れた参鶏湯に加わった、江原道の港町らしい贅沢な鍋」と絶賛した。また、16日には炭鉱の村で栄えた都市・太白らしく、練炭で韓牛を焼いて楽しむ「テソン実費食堂」を訪ね、「炭鉱で働いていた鉱夫たちが味わった方式そのままの、昔ながらの練炭で韓牛を焼いて楽しむスタイルが、江原道でなければ味わえない格別さを残している」と江原道ならでは料理を高く評価した。

今回、八田氏の取材内容は、「江原道の料理」というタイトルで、本人のYouTubeチャンネル「八田靖史の韓食動画」やブログ「韓食生活(http://www.kansyoku-life.com/)」を通してシリーズで発信される予定だ。

 

炭焼き窯のサムギョプサルを取材する八田靖史氏

炭焼き窯のサムギョプサルを取材する八田靖史氏

 

イベントを主催した江原道庁代弁人室は「江原道ならではの競争力であり強みである名物料理を、日本の有名フードコラムニストを通して日本に広報し、平昌冬季オリンピック・パラリンピックを通じて高まった江原道の知名度をさらに拡散させ、グルメをを通じて日本人観光客が江原道を訪れるきっかけをつくろうとイベントを企画した」とし、「江原道を訪れてこそ味わえる本場料理を通じて江原道の魅力が日本国内に拡大される契機になってほしい」と語った。
一方、江原道は日本に江原道の地域紹介や観光の魅力などを紹介する江原道庁公式日本語ブログ(https://ameblo.jp/yokosogangwondo/)とフェイスブック(https://business.facebook.com/yokosogangwondo/)を運営、日本への広報に力を入れている。

Pocket

関連する記事はこちら

신임_관광공사사장

韓国観光公社、安榮培・新社長就任「斬新なアイデアで、観光産業に新しい風起こしたい」

 韓国政府文化体育観光部が、空席だった韓国観光公社社長に安榮培(アン・ヨンベ)・前国政広報処次長を任命、公式業務に入った。新社長の任期は2021年5月16日までの3年間となる。 文化体育観光部は「新任の安榮培社長は、大統領秘書室国政広報秘書官、国政広報処次長を歴任し、政府レベルの…続きを読む

포커스84

「韓服を着て、新年の景福宮へお出かけ」

凍えるような寒さの中、ソウルにある景福宮の勤政殿の前で、美しい韓服を着てポーズをとる観光客たち。最近韓服を着て韓国の古宮を訪れ、写真撮影等を楽しむ文化体験が人気となっており、季節を問わず韓服を着て古宮やソウル都心の旅を楽しむ観光客が大幅に増加している。2020年の新年にもインスタ…続きを読む

KATA_회장_취임식

韓国旅行業協会第10代オ・チャンフィ会長就任

韓国内の旅行業界を総括する団体である韓国旅行業協会(KATA)の第10代会長にオ・チャンフィ・セバン旅行社代表が公式就任した。 3月6日、ソウル・プレジデントホテルで開催された役員の就任式に参加したオ・チャンフィ新会長は「任期初年度を旅行業界和合と相生の元年に定め、インバウンド市…続きを読む

서브02_함양휴양밸리(모노레일)

ヒーリング旅行の目的地、咸陽大鳳山休養バレー

慶尚南道(キョンサンナムド)に位置する咸陽(ハミャン)郡は全体面積のうち78%が山からなっている。そんな地形を生かし、山で楽しむヒーリング旅行先として注目されているのが、咸陽大鳳山休養バレーだ。 大鳳山(テボンサン)の地形を生かし、大自然の中で楽しむ宿泊施設やキャンプ場、そして健…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

청주국제공항_에어로K

清州国際空港、韓国観光の新関門に

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化    清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。 エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

2019_올해의관광도시

今年の観光都市選定3都市、国内外の観光客誘致始動

「2019年韓国旅行、康津・安山・蔚山市中区に来てください!」  「2019年度今年の観光都市」に選定された全羅南道・康津郡、京畿道・安山市、蔚山広域市中区の3都市が、本格的な国内外の観光客を迎える準備に入った。 「今年の観光都市」事業は、韓国政府が毎年、観光の可能性がある基礎自…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence