Yuckyの大邱10味紀行 ③ ぺたんこ餃子

2014年09月22日

Yuckyの大邱10味紀行 ③

ぺたんこ餃子

ぺたんこ餃子

 今回ご紹介するのは「ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ/납작만두)」、大邱の有名な名物の一つです。餃子の皮に、春雨とニラ、ネギ等の野菜を挟んで二つ折り(半月型)にしたもので、その名の通り平べったい餃子です。
 一度蒸してから焼いてあるのでふにゃっと柔らかく、白い餃子に緑のネギと赤い粉唐辛子が彩りを添えて出てきます。餃子自体に味はほとんどついておらず、玉ねぎが入ったお醤油のタレに付けていただきます。具の存在感はほとんどなく、餃子の皮を食べている感じですが、素朴な味わいに玉ねぎのシャリッとした食感が加わり、ついつい箸が進みます。
   ぺたんこ餃子は、食糧難の時代、わずかな食材でお腹を満たすために考え出され、政府が行った粉食奨励運動(米の消費を減らし、その代わりに安価な大麦や小麦の消費を増やそうという食生活改善国民運動)の時に広まったようです。
 そういえば、日本でも戦後「一銭焼き(一銭洋食)」が流行った時代がありました。どちらも少ない材料で食を楽しもうというところが共通してますね。
 その後、「一銭焼き」はお祭りの縁日でしか見かけなくなりましたが、ぺたんこ餃子は、今だに現役!市場だけでなく繁華街では若者からも愛されています。しかも、飽食の時代と言われる今でも、ぺたんこで質素な姿をとどめています。
 ぺたんこ餃子で有名なのは西門市場の「ミソンダン」という屋台、そしてコンジュトッポッキというトッポッキ屋さんの餃子も人気があります。一皿2500ウォン(約250円)という価格も魅力の一つ。市場には持ち帰り用がさらに格安で売られています。でも、焼き方にコツがあるようで、焼くのにとても苦労しました。(結局、固くなってしまい…やっぱり大邱で食べるのが一番!) 数か月前、釜山の南浦洞でホットックの屋台に紛れてぺたんこ餃子の屋台を見つけました。どうやら釜山だけでなくソウルにも進出しているようですね。安価なお値段と手軽さで今やファーストフードの仲間入りをする勢いなのでしょうか? でも、ぺたんこ餃子はやっぱり大邱が本場! 大邱に行ったら「ぺたんこ餃子」、ぜひ食べてみてくださ~い!
 
http://yukiful.exblog.jp
Pocket

関連する記事はこちら

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む

大邱の韓定食

Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁…続きを読む

nothumbnail

ちんぐ母娘のサラン韓国

よろぶん あんにょん。 ちんぐ母娘の二人が韓国の”さらん”することを紹介します。 みなさん韓国料理は何が好きですか? ちんぐ母娘が紹介したいお店があります。そのお店とは、チンソンチッ(진성집)江南近くのサムギョプサルのお店です。日本メジャーデビューした韓国人5人グループのCODE…続きを読む

_B95DE~1

大成記者のグルメ穴場店 | ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」

大成記者のグルメ穴場店 ランチにgood!「モッシドンナ(먹쉬돈나)」       三清洞(北村周辺)でいつも行列ができている「モッシドンナ」。甘辛い独特のソースの「トッポキ」のお店。韓国では、学生が学校帰りに食べたり、小腹が空いた時の代表的なおやつ…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

タロクッパ

Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。 実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。 ところがどっこい釜山のクッパと大邱の…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02