明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

2015年02月24日

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン

BISTRO 74

 

ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898年に建てられた荘厳な聖堂だが、昨年9月、明洞聖堂前の庭園の地下に「明洞聖堂1898広場」というカルチャースペースが新しくオープンした。それに合わせて新しくオープンしたのが、レストラン「BISTRO74」だ。
文/町野山宏記者

bistro74bistro74bistro74

明洞のメインストリートを歩き、明洞芸術劇場の前で左に折れ、ゆるやかな坂を登っていくと左に見えてくるのが明洞大聖堂だ。聖堂の前には明洞の喧騒とは少し雰囲気の違った広い空間が広がっているが、その入り口にあるレンガ造りの建物がファミリアチャペルと名づけられた聖堂だ。ビストロ74はその1階にある。
店内は明るい大理石の壁と、オープンキッチンのカウンターのシンプルなつくりで、明洞の雑多な雰囲気とはまったく違った洗練された空気が漂う。中心街からは少し外れた場所にあり、静かな店内にはジャズのやわらかい旋律が流れ、心を和ませてくれる。もともとビストロ74は清潭洞に本店を持ち、15年間経営してきたが、このたび明洞に新しく店を出したものだ。明洞聖堂にオープンするために新しくつくったという、十字架をあしらったエンブレムもシンプルで美しい。もちろん、聖堂にあるからといってカトリックの信者専用というわけではないし、堅苦しい雰囲気はまったくないので安心できる。右側にはカウンター、左側にはテーブルが並んでおり、奥行きが長い構造だが、テラスがつながっているせいか、まったく狭い感じはしない。
テラスも店内とほぼ同じくらいの広さだろうか。街に面したオープンテラスの気持ちのよい空間だ。冬でなければ外のほうが気持ちよく食事が楽しめるだろう。ウッドデッキと建物の外壁のレンガ、黄色いパラソルというシンプルな空間で、聖堂の前の庭園に面しており、場所によっては聖堂も眺められる。昨年の秋にはミュージシャンを招いてジャズの演奏も行っていたという。暖かくなったらライブも再開する予定だ。
取材に行ったのが冬の期間で、テラスにテーブルは少なかったが、室内で使っている簡素なテーブルはテラスに出し、室内のものはリラックスできるテーブルと椅子に変える予定だという。軽いランチが楽しめる空間と、ゆったりとくつろぎながら食事をする空間を、使い分けられるようになるわけだ。

 

アメリカン・フレンチの気軽なメニューが魅力

料理のほうは、アメリカン・フレンチがコンセプト。いわゆる「フランス料理」という格式ばったものではなく、パスタやサンドイッチなど、ランチとして軽く味わえるメニューだ。清潭洞の本店はイタリアンだが、より多彩なスタイルを好む客層の趣向に合わせたのだという。価格帯も良心的なのもうれしい。清潭洞の本店で長く勤め、明洞店のマネージャーとなったイ・エリムさんは「来てくださる方が負担にならないように価格設定をしています」と語った。それでも素材は天然のものを厳選して使っているため、味はもちろん、健康にもよいメニューだ。
まだメニューの種類はそれほど多くはないが、いくつかの料理を味見してみた。イ・エリム・マネージャーがお勧めメニューとして選んでくれたのは、バインミー+ライスとラタトゥイユパスタ、レンズ豆とタジキソース。オープンしてまだ間もないため、メニューも試行錯誤の最中だが、清潭洞の本店から勤めてきたシェフの自信作として変わらずレパートリーに加えてきた料理だ。
バインミーはベトナムの肉と野菜のサンドイッチとして知られているが、野菜と豚肉をピリ辛のソースで炒めてライスに乗せて食べる。異国的な香辛料の味とチーズの味がよく調和している。そして上に乗せた半熟の目玉焼きが辛さを抑えてよりマイルドな食感を与えてくれる。ボリュームもたっぷりなので、パスタ一皿では物足りない男性にもぴったりだ。
ラタトゥイユのパスタは太めのショートパスタのリガトーニで、シコシコした歯ごたえ。パスタが太めなので、パスタの中にもソースが入り込んでいる。ズッキーニ、パプリカ、なす、たまねぎ、トマトにハーブを入れてとろとろに煮込んだシチューはこの店の特製のものだろう。若干辛めだが、ほどよい刺激を与えてくれる。
メインディッシュのレベルも高いが、サイドメニューもあなどれない。ギリシャ式ヨーグルトのタジキソースにほどよく湯がいたレンズ豆をたっぷりのせ、オリーブオイルをかけた一品は、さわやかな地中海の風を運んでくる。他の料理との相性もいいし、パンやチップスに乗せて食べてもおいしそうだ。
このほかのお勧めメニューを訊いてみた。サンドイッチでは、アイリッシュ・ブレックファスト・サンドイッチが人気だ。ステーキベーコンと卵、オレンジマーマレードをはさんだサンドイッチで、イカ墨を入れた黒いパンを使っているのが特徴だ。また、ひよこ豆を使ったペースト状の中東の料理であるフムスもお勧め。ここではフムスにサツマイモを入れるのが特徴で、チップスに乗せて食べる。
飲み物も充実している。コーヒーやお茶はもちろん、エードやジュースも準備している。アルコールではビールとシャンパン、ワインを各種取り揃えている。
明洞でショッピングをしながら、食事に、あるいはちょっとしたティータイムに立ち寄ってみるのはいかがだろうか。静かで高級感がありながらも、リラックスした時間が楽しめるだろう。

 

Information

bistro74BISTRO74は地下鉄4号線明洞駅、あるいは2号線乙支路入口駅から徒歩8分。明洞聖堂の前庭の右側にあるレンガ造りの建物の1階。営業時間は午前10時~午後10時。年中無休。メニューの価格帯は8千~2万ウォン程度。Tel:02-777-7401~2、住所:ソウル市中区明洞ギル74

 

 

Pocket

関連する記事はこちら

%B8%C0%C1%FD1_(2)

ソウルで必ず行きたいグルメ通りは?

  ソウルで必ず行きたいグルメ通りは? 観光地を見て歩くのは楽しいけれど、食事は現地の人が普段行くお店に行きたいという方、結構いらっしゃるのでは?そんな方のために今日は、ソウルのベストグルメ通り人気のお店のいくつかをご紹介します。   まず最初に「麻浦豚カルビ…続きを読む

ノンメギメウンタン

Yuckyの大邱10味紀行 ⑦ ノンメギメウンタン

今回ご紹介するのは、ノンメギメウンタンです。ノンは田んぼ、メギはナマズ、メウンタンは辛いスープのことで、「田ナマズのピリ辛鍋」といったところでしょうか。自然豊かな大邱ならではのグルメの一つです。 さて、このナマズ鍋、大邱10味に選ばれてはいるのですが、大邱に住む私の友人(20~4…続きを読む

sunde

Yuckyのうまうま大邱! ⑩ マクチャンスンデ

  大邱を食べ歩くようになって5年ほど経ちますが、大邱にはまだまだ美味しいものが潜んでいるようです。今年の初め、「おお、これは!!」というものにまたまた出逢ってしまいました。 それはマクチャンスンデです。スンデは赤黒いソーセージみたいな物で、市場や屋台でとぐろを巻いたス…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

サンジュ食堂

Yuckyのうまうま大邱! ⑦ チュオタンの専門店サンジュ食堂

  「大邱の明洞」といわれる東城路(トンソンノ)は、オシャレなショップやレストランが建ち並ぶ賑やかな繁華街です。そんな東城路の一角に、大邱で最も古いチュオタン(ドジョウ汁)の専門店、サンジュ食堂があります。 初めて行った時、繁華街のビルの谷間に突然古い韓屋が現れ、本当に…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

ヌルンククス

Yuckyの大邱10味紀行 ⑤ ヌルンククス

以前ご紹介したぺちゃんこ餃子と並び、市場でよく食べられているもう一つのグルメに「うどん」があります。韓国ではうどんのことをカルグクス(カル=切る、ククス=麺)と呼ぶのが一般的ですが、大邱では「ヌルンククス」と呼ばれています。生地を押して(ヌルン)作ることからその名がついたようです…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence