明洞聖堂の前の気楽なレストラン「BISTRO 74」

2015年02月24日

bistro74

明洞聖堂の前の気楽なレストラン

BISTRO 74

 

ソウル観光の1番地ともいえる場所、明洞。ショッピングのメッカとして、韓国を訪れる観光客ならば1度は行ったことのある場所だろう。その明洞でもう一つ有名なのが、韓国のカトリックの代表的な聖堂である明洞大聖堂だ。1898年に建てられた荘厳な聖堂だが、昨年9月、明洞聖堂前の庭園の地下に「明洞聖堂1898広場」というカルチャースペースが新しくオープンした。それに合わせて新しくオープンしたのが、レストラン「BISTRO74」だ。
文/町野山宏記者

bistro74bistro74bistro74

明洞のメインストリートを歩き、明洞芸術劇場の前で左に折れ、ゆるやかな坂を登っていくと左に見えてくるのが明洞大聖堂だ。聖堂の前には明洞の喧騒とは少し雰囲気の違った広い空間が広がっているが、その入り口にあるレンガ造りの建物がファミリアチャペルと名づけられた聖堂だ。ビストロ74はその1階にある。
店内は明るい大理石の壁と、オープンキッチンのカウンターのシンプルなつくりで、明洞の雑多な雰囲気とはまったく違った洗練された空気が漂う。中心街からは少し外れた場所にあり、静かな店内にはジャズのやわらかい旋律が流れ、心を和ませてくれる。もともとビストロ74は清潭洞に本店を持ち、15年間経営してきたが、このたび明洞に新しく店を出したものだ。明洞聖堂にオープンするために新しくつくったという、十字架をあしらったエンブレムもシンプルで美しい。もちろん、聖堂にあるからといってカトリックの信者専用というわけではないし、堅苦しい雰囲気はまったくないので安心できる。右側にはカウンター、左側にはテーブルが並んでおり、奥行きが長い構造だが、テラスがつながっているせいか、まったく狭い感じはしない。
テラスも店内とほぼ同じくらいの広さだろうか。街に面したオープンテラスの気持ちのよい空間だ。冬でなければ外のほうが気持ちよく食事が楽しめるだろう。ウッドデッキと建物の外壁のレンガ、黄色いパラソルというシンプルな空間で、聖堂の前の庭園に面しており、場所によっては聖堂も眺められる。昨年の秋にはミュージシャンを招いてジャズの演奏も行っていたという。暖かくなったらライブも再開する予定だ。
取材に行ったのが冬の期間で、テラスにテーブルは少なかったが、室内で使っている簡素なテーブルはテラスに出し、室内のものはリラックスできるテーブルと椅子に変える予定だという。軽いランチが楽しめる空間と、ゆったりとくつろぎながら食事をする空間を、使い分けられるようになるわけだ。

 

アメリカン・フレンチの気軽なメニューが魅力

料理のほうは、アメリカン・フレンチがコンセプト。いわゆる「フランス料理」という格式ばったものではなく、パスタやサンドイッチなど、ランチとして軽く味わえるメニューだ。清潭洞の本店はイタリアンだが、より多彩なスタイルを好む客層の趣向に合わせたのだという。価格帯も良心的なのもうれしい。清潭洞の本店で長く勤め、明洞店のマネージャーとなったイ・エリムさんは「来てくださる方が負担にならないように価格設定をしています」と語った。それでも素材は天然のものを厳選して使っているため、味はもちろん、健康にもよいメニューだ。
まだメニューの種類はそれほど多くはないが、いくつかの料理を味見してみた。イ・エリム・マネージャーがお勧めメニューとして選んでくれたのは、バインミー+ライスとラタトゥイユパスタ、レンズ豆とタジキソース。オープンしてまだ間もないため、メニューも試行錯誤の最中だが、清潭洞の本店から勤めてきたシェフの自信作として変わらずレパートリーに加えてきた料理だ。
バインミーはベトナムの肉と野菜のサンドイッチとして知られているが、野菜と豚肉をピリ辛のソースで炒めてライスに乗せて食べる。異国的な香辛料の味とチーズの味がよく調和している。そして上に乗せた半熟の目玉焼きが辛さを抑えてよりマイルドな食感を与えてくれる。ボリュームもたっぷりなので、パスタ一皿では物足りない男性にもぴったりだ。
ラタトゥイユのパスタは太めのショートパスタのリガトーニで、シコシコした歯ごたえ。パスタが太めなので、パスタの中にもソースが入り込んでいる。ズッキーニ、パプリカ、なす、たまねぎ、トマトにハーブを入れてとろとろに煮込んだシチューはこの店の特製のものだろう。若干辛めだが、ほどよい刺激を与えてくれる。
メインディッシュのレベルも高いが、サイドメニューもあなどれない。ギリシャ式ヨーグルトのタジキソースにほどよく湯がいたレンズ豆をたっぷりのせ、オリーブオイルをかけた一品は、さわやかな地中海の風を運んでくる。他の料理との相性もいいし、パンやチップスに乗せて食べてもおいしそうだ。
このほかのお勧めメニューを訊いてみた。サンドイッチでは、アイリッシュ・ブレックファスト・サンドイッチが人気だ。ステーキベーコンと卵、オレンジマーマレードをはさんだサンドイッチで、イカ墨を入れた黒いパンを使っているのが特徴だ。また、ひよこ豆を使ったペースト状の中東の料理であるフムスもお勧め。ここではフムスにサツマイモを入れるのが特徴で、チップスに乗せて食べる。
飲み物も充実している。コーヒーやお茶はもちろん、エードやジュースも準備している。アルコールではビールとシャンパン、ワインを各種取り揃えている。
明洞でショッピングをしながら、食事に、あるいはちょっとしたティータイムに立ち寄ってみるのはいかがだろうか。静かで高級感がありながらも、リラックスした時間が楽しめるだろう。

 

Information

bistro74BISTRO74は地下鉄4号線明洞駅、あるいは2号線乙支路入口駅から徒歩8分。明洞聖堂の前庭の右側にあるレンガ造りの建物の1階。営業時間は午前10時~午後10時。年中無休。メニューの価格帯は8千~2万ウォン程度。Tel:02-777-7401~2、住所:ソウル市中区明洞ギル74

 

 

Pocket

関連する記事はこちら

짜장면

ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう, 仁川の中華料理店

ひとりでもへっちゃら! ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう! 4月14日「ブラックデー(Black day)」バレンタインデーやホワイトデーに異性からキャンディーやチョコレートをもらえなかったシングルたちが「ジャージャー麺」を食べる日だ。 その由来ははっ…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

nothumbnail

ちんぐ母娘のサラン韓国

よろぶん あんにょん。 ちんぐ母娘の二人が韓国の”さらん”することを紹介します。 みなさん韓国料理は何が好きですか? ちんぐ母娘が紹介したいお店があります。そのお店とは、チンソンチッ(진성집)江南近くのサムギョプサルのお店です。日本メジャーデビューした韓国人5人グループのCODE…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

マクチャン焼き

Yuckyの大邱10味紀行 ⑧ マクチャン焼き

大邱10味紀行、今回ご紹介するのは、マクチャン焼き。いわゆるホルモン焼きのことで、チムカルビと並び大邱のグルメの代表格です。 大邱のホルモンはマクチャンと呼ばれ、豚の大腸の最後の(肛門に近い)部分のことで、豚1匹から約250g(約40㎝)ほどしかとれず、高タンパク、低脂肪、カルシ…続きを読む

チャプサルスジェビ

Yuckyのうまうま大邱! ⑤ チャプサルスジェビ

最近、大邱でハマっている食べ物がありまして…もう何度食べに行ったことでしょう。それはチャプサルスジェビというお料理で、一言でいうと白玉団子の入ったワカメスープです。ソウル在住の友人に話すと「知らない」というので調べたところ、大邱、及び慶尚北道の郷土料理ということが分かりました。 …続きを読む

ゆで豚(左)とアカエイの和え物(右)

韓国郷土料理「トヤンコル」

  伝統家屋で楽しむ韓国オモニの味 韓国郷土料理「トヤンコル」    景福宮の西側の地域である通称「西村」が脚光を浴びているが、西村から大通りを渡った地域、ソウル地方警察庁の隣の地域も、路地に入り込むと伝統的な韓屋がたくさん残った地域だ。観光客はあまり足を踏み…続きを読む

中華冷-02

Yuckyのうまうま大邱! ⑮ 中和飯店の中華式冷麺

 夏といえば冷麺! 暑さの厳しい大邱に、冷麺は欠かせません。大邱三大冷麺(大洞麺屋、釜山安麺屋、江山麺屋)をはじめ、冷麺の美味しいお店はいくつもあるのですが、その中で大邱のリピーター(私の友人、知人たち)の間で大人気の冷麺があります。今回は一度食べると病みつきになる大邱の中国式冷…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02