Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

2014年10月24日

タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。

実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。

ところがどっこい釜山のクッパと大邱のクッパは全くの別物!それもそのはず。釜山は「豚」で大邱は「牛」でできているのです。釜山のスープが、白濁した豚骨なのに対し、大邱のは赤くて半透明。コクはあるけどこってり感はありません。牛の骨や肉を煮込んだスープに、ネギや大根、ニラなどのお野菜に、唐辛子粉とおろしにんにくが入っていて、味はほとんどユッケジャンです。

話は釜山にとびますが、釜山といえばテジクッパ!(テジ=豚)テジクッパ通りもありますし、ガイドブックにも「釜山に行ったらテジクッパを食べよう!」なんて文字が躍っていますよね。

でも、意外なことに釜山出身の友人たちは「クッパなんて食べたことがない!」と口を揃えて言うのです。友人(韓国人)が言うには「豚のいいところはお金持ちが食べて、貧しい人たちが一番最後に残った部位で作ったのがクッパなの。ネクタイをした人や女の人が食べに行くなんてありえないわ」。さらに「ユッキーさんみたいに、女一人でクッパ屋さんに行くなんて、信じられな~い!」のだそうです。(苦笑)

話を大邱に戻しますネ。朝鮮戦争(1950~1953年)の時、大邱には全国から避難民が集まって来ていて、クッパは避難民の間でとても人気がありました。でも気位の高い両班(貴族)たちは、「スープにご飯を混ぜて食べるなんて、はしたない!」と、ご飯とスープを別々(タロタロ)に注文したというのです。これが「タロクッパ」と呼ばれるようになった由来。最近はソウルや釜山でもご飯が別に出てくるお店が多くなりましたが、ご飯とスープを別々に食べるようになったのは大邱が始まりだったのです。

また、大邱のクッパの特徴として、スープの中に「ソンジ」という牛の血の塊が入っています。私が行った食堂では、注文の際「ソンジはどうする?」と聞かれました。「血の塊」と聞いてちょっと躊躇しましたが、思い切ってチャレンジ!

ソンジは、見た目はレバーに似ていて、食感はツルンとしています。これといって味もなく、臭みもほとんどありません。予想に反して食べやすく、鉄分が豊富で貧血に効く、というのでせっせせっせといただきました。(でも、なかなか減りませんで…)お店によっては、大人の拳ほどので~っかいソンジがゴロゴロ入っていますから、ソンジが初めての方は、別にしてもらう方が無難かもしれません。

また、私が行ったお店(ハニル食堂)ではお店のご主人が「カクトゥギ(大根キムチ)の汁をクッパのスープに入れてごらん」と言うので試してみました。冷麺にお酢を入れた時のようにスープの味がキリッとしまり、酸味が加わってスープがサッパリ!この食べ方は有りですヨ!
旅先では体力も使いますし、お酒もついつい進んじゃいます。タロクッパは、貧血防止、滋養強壮、そして酔い覚ましにも最適です! 大邱の朝はぜひタロクッパでスタートしてみてください。

yukiful.exblog.jp

Pocket

関連する記事はこちら

ムンティギ

Yuckyの大邱10味紀行 ⑥ ムンティギ

 大邱10味紀行、今回は「ムンティギ(뭉티기)」をご紹介したいと思います。 ムンティギとは、一言でいうと牛のお刺身のことで、韓国らしくニンニクと粉唐辛子の入ったゴマ油をつけていただきます。「ムントンムントン(뭉텅뭉텅、日本語ではサクサク)と切った肉の塊」という意味の言葉が、慶尚道…続きを読む

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行

おいしいものはビビンバだけじゃない! テイクアウトおやつの天国「全州」グルメ紀行 韓国の人たちに「料理のおいしい地域は?」と聞くと、そのほとんどが「全羅道」と答えるほど、自他共に認める食の町、全羅道。日本人も韓国料理と聞くとまず思い浮かべる「ビビンバ」もここ、全羅北道にある「全州…続きを読む

고기1

仁川に行ったら必ず寄るべき, グルメスポット

仁川に行ったら必ず寄るべき 仁川のグルメスポット 仁川市は鶏肉の辛味揚げ、辛だれ太麺、冷麺などで全国的に有名な都市だ。 その中から仁川市民おすすめのグルメスポットを紹介しよう。 チョンシルホンシル 「チョンシルホンシル」は仁川市における蕎麦の歴史と言っても過言ではない「レジェンド…続きを読む

003

若者が集うにぎやかな町 弘大(ホンデ) ベスト8

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック)の駅を出るとそこにはにぎやかな弘大の町が広がります。洋服店、アクセサリー店、ネイルアート店などがひしめき、明洞とはまた違った活気を持つ弘大の町。とにかく飲食店がいっぱいなのでおいしい店もたくさんあります。またアートの町でもあり、学生が制作したか…続きを読む

nothumbnail

ちんぐ母娘のサラン韓国

よろぶん あんにょん。 ちんぐ母娘の二人が韓国の”さらん”することを紹介します。 みなさん韓国料理は何が好きですか? ちんぐ母娘が紹介したいお店があります。そのお店とは、チンソンチッ(진성집)江南近くのサムギョプサルのお店です。日本メジャーデビューした韓国人5人グループのCODE…続きを読む

珈琲名家

Yuckyのうまうま大邱! ⑥ 大邱のカフェとコーヒー 

大邱旅行の楽しみの一つにカフェ巡りがあります。吹き抜けのモダンなカフェ、山小屋風のカフェ、屋上カフェ、韓屋のカフェ、そして昔の日本家屋や倉庫をリノベーションしたカフェ。大邱には個性的なカフェがたくさんあります。 「カフェ通り」もあちこちにあり、スウィーツが充実した東城路(トンソン…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02