Yuckyの大邱10味紀行 ④ タロクッパ

2014年10月24日

タロクッパ

大邱10味紀行、今回ご紹介するのはタロクッパです。クッがお汁でパはご飯、いわゆる「おじや」。

実は、大邱10味の中で一番興味のなかったお料理です。だって、クッパは釜山で何度も食べたし、クッパの本場は釜山でしょ? と勝手に思い込んでいたのです。

ところがどっこい釜山のクッパと大邱のクッパは全くの別物!それもそのはず。釜山は「豚」で大邱は「牛」でできているのです。釜山のスープが、白濁した豚骨なのに対し、大邱のは赤くて半透明。コクはあるけどこってり感はありません。牛の骨や肉を煮込んだスープに、ネギや大根、ニラなどのお野菜に、唐辛子粉とおろしにんにくが入っていて、味はほとんどユッケジャンです。

話は釜山にとびますが、釜山といえばテジクッパ!(テジ=豚)テジクッパ通りもありますし、ガイドブックにも「釜山に行ったらテジクッパを食べよう!」なんて文字が躍っていますよね。

でも、意外なことに釜山出身の友人たちは「クッパなんて食べたことがない!」と口を揃えて言うのです。友人(韓国人)が言うには「豚のいいところはお金持ちが食べて、貧しい人たちが一番最後に残った部位で作ったのがクッパなの。ネクタイをした人や女の人が食べに行くなんてありえないわ」。さらに「ユッキーさんみたいに、女一人でクッパ屋さんに行くなんて、信じられな~い!」のだそうです。(苦笑)

話を大邱に戻しますネ。朝鮮戦争(1950~1953年)の時、大邱には全国から避難民が集まって来ていて、クッパは避難民の間でとても人気がありました。でも気位の高い両班(貴族)たちは、「スープにご飯を混ぜて食べるなんて、はしたない!」と、ご飯とスープを別々(タロタロ)に注文したというのです。これが「タロクッパ」と呼ばれるようになった由来。最近はソウルや釜山でもご飯が別に出てくるお店が多くなりましたが、ご飯とスープを別々に食べるようになったのは大邱が始まりだったのです。

また、大邱のクッパの特徴として、スープの中に「ソンジ」という牛の血の塊が入っています。私が行った食堂では、注文の際「ソンジはどうする?」と聞かれました。「血の塊」と聞いてちょっと躊躇しましたが、思い切ってチャレンジ!

ソンジは、見た目はレバーに似ていて、食感はツルンとしています。これといって味もなく、臭みもほとんどありません。予想に反して食べやすく、鉄分が豊富で貧血に効く、というのでせっせせっせといただきました。(でも、なかなか減りませんで…)お店によっては、大人の拳ほどので~っかいソンジがゴロゴロ入っていますから、ソンジが初めての方は、別にしてもらう方が無難かもしれません。

また、私が行ったお店(ハニル食堂)ではお店のご主人が「カクトゥギ(大根キムチ)の汁をクッパのスープに入れてごらん」と言うので試してみました。冷麺にお酢を入れた時のようにスープの味がキリッとしまり、酸味が加わってスープがサッパリ!この食べ方は有りですヨ!
旅先では体力も使いますし、お酒もついつい進んじゃいます。タロクッパは、貧血防止、滋養強壮、そして酔い覚ましにも最適です! 大邱の朝はぜひタロクッパでスタートしてみてください。

yukiful.exblog.jp

Pocket

関連する記事はこちら

大邱の韓定食

Yuckyのうまうま大邱! ① 安くて美味い韓定食

 コラムのタイトルが変わりました! これまで「Yuckyの大邱10味紀行」で大邱の代表的なグルメをご紹介してきました。そして、最終回の番外編として10味以外の「とっておき」を書いていたのですが、とても一度じゃ書ききれず…「じゃあもうちょっと連載続けません?」という担当者の悪魔の囁…続きを読む

d91e99359df9f3f0959fbaef83592cf0-150x150

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ

Yuckyの大邱10味紀行 ② チムカルビ  大邱の代表的なお料理といえば、何といってもチムカルビ、大邱10味の代表格です。   チムカルビのチム(찜)とは「蒸す」の意味で、牛のカルビを柔らかく蒸して味付けしたお料理です。似たような名前で「カルビチム」がありますが、これはナツメや…続きを読む

29136306_1599357026827358_4340857015808032768_o

Yuckyのうまうま大邱! ⑭ 大邱式ユッケジャンの名店イェッチブシクタン

 大邱で食べていただきたいものの一つにユッケジャンがあります。ユッケジャンとは牛肉と野菜を煮込んだ辛いスープのことで、韓国ではとてもポピュラーなお料理です。ところで「なぜ大邱でユッケジャン?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実はユッケジャンのルーツは大邱と深い関係があり、大邱…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

납작만두

Yuckyのうまうま大邱! ⑰ ぺたんこ餃子の原点、ミソンダン本店

 大邱の名物といえば、ぺたんこ餃子(ナプチャッマンドゥ)。以前「大邱10味紀行」でもご紹介しましたが、春雨とニラがほんの少し入った平べったい餃子で、大邱を代表するB級グルメです。大邱ではとてもポピュラーな食べ物で、スーパーや市場で普通に売られており、粉食屋さんやトッポッキ屋さんに…続きを読む

짜장면

ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう, 仁川の中華料理店

ひとりでもへっちゃら! ブラックデーのためのジャージャー麺のおいしいお店を紹介しよう! 4月14日「ブラックデー(Black day)」バレンタインデーやホワイトデーに異性からキャンディーやチョコレートをもらえなかったシングルたちが「ジャージャー麺」を食べる日だ。 その由来ははっ…続きを読む

돈까스

仁川のすすめるおいしい食べ物豚カツ食堂に来てください

昔の味そのまま! 懐かしの軽洋食 特別な日に家族と外食する場所、または恋人とデートする場所として人気だった洋式レストラン。子どもの頃、父親の給料日に行った、ナイフとフォークを使って食べる唯一の場所だ。 過去と現在が共存する仁川市で思い出の味を訪ねて洋食のおいしいレストランに行って…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02