学生街は食の宝庫 1 | 若者パワー全快 新村周辺グルメツアー

2012年03月15日

学生街は食の宝庫 1

若者パワー全快 新村周辺グルメツアー

 

新村は、延世大学を中心とし、付近に西江(ソガン)大学・梨花(イファ)女子大学・弘益(ホンイク)大学など、ソウルの名門大学が集まる、若者のパワー溢れる学生街であり、大学付属のランゲージスクールに通う日本人留学生も多く住んでいる。飲食店の他、居酒屋・バー・カフェなどがひしめき合う、夜遅くまで活気が止まない賑やかな場所だ。そんな中、老若男女を問わず絶大な人気を集める韓国料理屋たちを探してみた。

文/櫻井真優美記者

 

★  ゴンルン タッカンマリ (공릉 닭한마리) 

 

공릉 닭한마리-1

タッカンマリとは丸鶏を使用した韓国水炊き鍋のことで韓国では昔から保養食として親しまれている。保養食と言われるだけあり、韓国では鶏肉が様々な料理に使用されている。鶏肉にはコラーゲン成分による美容効果や、たんぱく質が多いことから脳の活動を促進させる効果があるという。他にも、産後に食べる栄養食としても利用され、女性には嬉しい食材だ。日本でも韓流ブームが起こってから韓国のタッカンマリ専門店が急増し、多くの若い女性から人気を集めている。
ここゴンルンタッカンマリでは、国内産の冷凍されていない新鮮な鶏肉だけを使用している、信頼の持てる店だ。 午後7時、ゴンルンタッカンマリの店内に入ると、既に多くのお客さんで店内は活気に満ちていた。新村では有名な店なだけに、学生から年配の方達まで年齢を問わず食事を楽しんでいる。
ここでは大体二人でタッカンマリ(一羽)を頼むのが普通で、人数によっては、バンマリ(半)を追加するのが丁度良い。注文するとすぐに鶏が丸々入った鍋が出され、その場で店員がすぐに食べやすい大きさに切ってくれる。鍋と一緒に、水キムチ、細く切られたキャベツ・玉ねぎ・ニラが合わさった野菜が出される。この野菜は、タデギと呼ばれる韓国の醤油だれに、にんにくと唐辛子が合わさった味付けだれに混ぜて、鶏肉と一緒にいただく。 ここのタデギがまたなんとも言えない美味しさで、タッカンマリには欠かせないものだ。
鍋には鶏肉の他、餅、厚めにスライスされた茸とジャガイモ、そしてねぎが入っている。薄く透き通った黄金色に輝く鶏ガラスープは、あっさりとした薄味なのにとってもコクがある奥深い味わいだ。この鶏ガラスープが素材に染込み、素材本来の甘みをさらに引き立たせる。ゴンルンタッカンマリに多くの人が魅了される理由には、スープ・タレ(タデギ)・水キムチ、この三つの美味しさにあるのだ。鍋の締めで食べる、韓国で楽しめるもう一品といえば、カルグクス(麺)と韓国のりの風味が利いた雑炊だ。ここに来る客は大体、麺も雑炊もどちらも食べるという。
金額は、タッカンマリが18,000ウォン、バンマリ(半)が9,000ウォン、カルグクスが2,000ウォン、雑煮が2,000ウォンとなっている。このボリュームと味なら、この値段が安いと感じてしまうことは間違いないだろう。
ゴンルンタッカンマリは新村駅4番出口から梨大方面に直進し、アトレオン映画館を過ぎ、小さなバッティングセンターの手前の路地を入った場所に位置している。ここでの食事後、新村で飲み屋やカフェに行ったり、梨大に買い物に行ったりと、どちらに行くにも便利な場所だ。

 

Information
■  住所:ソウル市 西大門区大峴洞104-39
■  電話:+82-2-393-9599
■  営業時間:AM10:00~PM12:30

 

 

★  CM’s BOX  (Pizza, Pasta & Caffee)

 

CM’s BOX  -1

新村の現代百貨店Uplex(ユープレックス)から新村のメイン通りであるミョンムルキルを梨大方面に200m程進んだ所にCM’sBOXがある。新村には、このメイン通りに位置している飲食店だけではなく、細い路地裏にも、隠れ家的なレストランやカフェが多く潜んでいる。 その内の一つがまさにCM’sBOXだ。ここは「すくって食べるピザ」のレストランとして大学生達の間で話題となっている場所だ。若者の街、新村にあるというだけあって、アイディアとユーモア溢れるインテリアが際立つ。店内は工事現場を再現したかのような、コンテナ内を連想させるカジュアルなインテリアが目新しい。隅々にセンス良く飾られた小物たちが、どこかアメリカンな雰囲気までも漂わせる。ランチ・ディナー時間には梨花女子大・延世大・西江大の学生達が多く訪れ、店内には明るい話声や笑い声が飛び交っている。スプーンやフォークで食べやすいよう工夫されたピザは、今までのピザの常識を覆す新しいアイディアだ。チーズがたっぷり入った、「すくって食べるピザ」は全部で11種類。ベーコンポテトピザや、さつまいもクリームピザ、ホットシュリンプピザ、韓国ならではのプルコギピザ、スイーツとして食べられるチョコレートピザまで、様々な味が揃っている。他にも、ボリューム満点の6種類のサラダやクリームパスタ、トマトパスタ、オリーブオイルを使用したパスタ、そしてリゾットなどが数多く用意されている。価格はサラダが6,900ウォン~10,000ウォン、ピザが10,900ウォン~11,900ウォン、パスタが7,900ウォン~10,900ウォンとなっている。単品メニュー以外にも、セットメニューがランチ・ディナー別にあり、学生達はいつでもニーズナブルな価格で様々なメニューが楽しめる。選べるメニューが多いという事がCM’sBOXの大きな魅力ポイントだ。食後にはアイスクリーム・コーヒー・緑茶なども準備されており、お茶をしながらゆっくり出来るという点も学生達から人気を集めている理由だ。店員は韓国人のコッミナム(かっこいい男子)が多く、細かいことろまでしっかりと気が配られたサービスが受けられるという点などが、梨花女子大でも噂となっていえ、女子大生の客層が大半を占めている事が多い。店員の中には日本語を話せる人もいるので、韓国語が全く出来なくても心配はいらない。

 

Information
■  住所:ソウル市 西大門区滄川洞5-63
■  電話:+82-2-312-0833
■  営業時間:AM11:00~PM12:00 

 
★  新村スジェビ (신촌수제비)

 

신촌수제비

新村駅1・2番出口から徒歩5分、現代百貨店のすぐ横に、20年以上の伝統を誇る「新村スジェビ」がある。昼食や夕食時は並ばずに、入るのが難しい有名店だ。スジェビとは、煮干や野菜、牛肉、貝などを使用しダシをとった澄んだスープの中に、やわらかな小麦粉の生地を手で薄く引きちぎりながら落とし入れて煮る韓国の庶民的な食べ物であり、日本でいう‘すいとん’に当てはまるものだ。昔韓国では、スジェビは農家では夏に欠かせない主食であった。長い夏、お米や麦がなくなってしまうと、小麦粉やそば粉と水で作った生地をお湯に落とし、火を通して食べていた。またスジェビは、裕福な家でも夏の珍味として食べられていたと言う。見た目はとっても素朴だが、シンプルだからこそ奥が深い食べ物だ。 ここ新村スジェビは、韓国の学生達だけではなく、外国人留学生たちにも人気の高い場所である。店内には8席、外に4人座りのテーブルが二つ用意されており、寒い日でも外の席で食べる人がいる程、繁盛している店だ。
スジェビの中身は、細切りされたにんじん、玉ねぎ、瓜、じゃがいも、牛肉が入っており、スジェビはもちもちと食感がくせになる美味しさだ。スープもダシの旨みが良く出ていて、最後の一滴まで飲み干してしまう程、コクのある美味しさだ。お好みで唐辛子の粉末を入れ、辛くして食べるのも美味しい 。スジェビと一緒に出されるのがカクテキとたくわん。ここのカクテキがまた格別な味だ。甘めに味付けされたカクテキはスジェビには欠かせない一品だ。台所がオープンになっているので、アジュンマ(おばさん)達がスジェビを作っている姿を間近で見ることが出来る。会話をしながらせっせと働くアジュンマ達の姿は、韓国を強く感じさせる。 メニューはスジェビ4,000ウォン、のり巻き1,500ウォンと、学生街だけあって価格もとても安い。新村スジェビでは体も心も温まるやさしい味が楽しめる。

 

Information
■  住所:ソウル市 西大門区滄川洞30-44
■  電話:+82-2-334-9252
■  営業時間:AM11:30~PM9:00(定休日:日曜)

 

 

★  Choco blossom (Café)

 

Choco blossom -1

細い路地裏に隠れ家のようにひっそりと看板が見えるチョコレートカフェ、地下に位置したChoco blossom(チョコブロッサム)。CM’s BOXから程近い場所にあるこのカフェは、知る人ぞ知る穴場のチョコレート専門カフェだ。店内は1階にテーブル席が8席あり、2階にはソファー席が3席、テーブル席1席がある。デートコースにもおススメのスポットである。
Choco blossomで提供しているメニューは全て自家製のものだ。ベルギー産の有名チョコレートであるルコラードチョコレートを使用して作られるホットチョコは、カカオパーセントが表示されており、マイルドチョコレート(24%)、ブロッサムチョコレート(55%)、ビターチョコレート(72%)と、その日の気分や、自分の好みに合わせてチョイスすることが出来る。
様々なテイストと香りが加味されたシナモン・ミント・ベイリーズホットチョコは、カカオ含有量55%でつくられており、マイルドなコーヒーはロースティンしてから2週間までの、新鮮な豆だけを使用している。リピーター達が愛してやまないメニューには 「BEST」と表示がされてあるため、初めて訪れた人でも注文しやすいだろう。特に、レモンをお店で直接漬けて熟成させ作ったブロッサムレモンティーとレモネードは、チョコレート飲料と同様、ブロッサムの代表メニューだ。レモネードはレモンの自然な味が最大限に生かせれており、甘さもしつこくなく、すっぱさもない。一度飲んだら忘れられない味だ。紅茶をその場で抽出したミルクティーや、粉末ではない生のヨーグルトで作ったシャーベット、スムージー、ブロッサムならではのチョコレートビンス(カキ氷)などのアイスメニューも季節を問わず1年中楽しむことが出来る。ブラウニーやデニッシュなどのデザート類も、お店で直接焼き上げた手作りである。ここで一番人気のデザートは、新鮮なバナナと生クリームが、サクッと食感の良いデニッシュにはさまれ、メープルシロップとチョコレートがかけられた「バナナチョコデニッシュ」だ。食後には多少重いと感じるかもしれないが、食感の軽いデニッシュはいくらでも食べれてしまう。価格は3,000ウォン~8,000ウォンと、これもまたリーズナブルな価格で楽しめる。 オーナーもとても親切で、メニューについてや美味しい飲み方・食べ方に関する事まで丁寧に説明してくれる。一品一品にこだわりを持ち、心をこめて作られているという事が伝わってくる素敵なカフェだ。

 

Information
■  住所:ソウル市西大門区滄川洞
■  電話:+82-2-365-1050
■  営業時間:AM12:00~PM11:00

Pocket

関連する記事はこちら

noodle1

韓国グルメ探訪 IN 西村マウル

韓国グルメ探訪  IN  西村マウル   少女時代も食べた、選べて楽しいちょっと変わった!? ラーメン屋   ラーメンチョムッパン       景福宮2番出口を出てすぐの世宗マウル飲食文化通りをまっすぐ進むと、左に赤い小さな店が見えてくる。そこが今回紹介するラーメン屋「ラーメンチ…続きを読む

大邱のB級グルメ

10味では足りない! 厳選・大邱のB級グルメ

  韓国第3の都市・大邱市。たくさんの魅力が詰まった都市ということで「カラフル大邱」と呼ばれるが、大邱市の魅力に取り付かれた人に一番の魅力を尋ねると、異口同音に「食」と答える。「大邱10味」もあるほど食においてもカラフルな大邱だが、10味では足りないほどのグルメがあると…続きを読む

中華冷-02

Yuckyのうまうま大邱! ⑮ 中和飯店の中華式冷麺

 夏といえば冷麺! 暑さの厳しい大邱に、冷麺は欠かせません。大邱三大冷麺(大洞麺屋、釜山安麺屋、江山麺屋)をはじめ、冷麺の美味しいお店はいくつもあるのですが、その中で大邱のリピーター(私の友人、知人たち)の間で大人気の冷麺があります。今回は一度食べると病みつきになる大邱の中国式冷…続きを読む

쫄면

仁川 元祖グルメ 新浦洞へ行こう!

元祖グルメ 新浦洞へ行こう! シコシコした麺での食欲をそそるチョルミョン! チョルミョンが仁川で誕生したということをご存知でしたか。 仁川は1920年代から中国人村の中華料理と共に冷麺が有名であった。 沓洞聖堂の隣に「寺町屋(サジョンオク)」という冷麺の店は自転車の出前で有名だっ…続きを読む

메인01_통인시장

見て、買って、味見して、ソウル伝統市場散歩

   世界の多くの国を巡る旅行マニアが欠かさず訪問する場所のうちの一つが「伝統市場(在来市場)」だ。都心の有名百貨店やショッピングモールなどと違い、昔の雰囲気が残っていて、粗悪なものが懐かしく感じられ、その物を売り買い人の体臭に人情を感じる。その上、それぞれの物が秘めて…続きを読む

マクチャン

Yuckyのうまうま大邱! ⑧ マクチャン焼きならウヤジマクチャン

  私は一度気に入ると飽きるまで食べ続ける質(たち)でして、「お母さん、また食べるの?」と子どもから呆れられながら、アボカドや豚足を毎日食べ続けたことがあります。 そんな私が最近ヘビロテしているもの。それはマクチャン焼きです。マクチャンとは豚の腸の先端のことで、コプチャ…続きを読む

momo01

Yuckyのうまうま大邱! ⑨ 行列のできるカフェモモサンジョム

  近頃は、レストランやカフェを探すのにインスタが大流行りですね。今回ご紹介するモモサンジョム(モモ商店)は、まさにインスタから人気に火がついたお店です。「インスタ映えする」って言葉がありますが、モモサンジョムのパッピンスはまさにそれ! 初めてインスタで写真を見た時、心…続きを読む

タクトンチプ

Yuckyのうまうま大邱! ③ 大邱とチキン

 今年の韓国の夏は異常な暑さでしたが、大邱は韓国の中でもひときわ暑さが厳しいといわれています。盆地という土地柄のせいか、今年(2016年)は体感温度が40度という猛暑が続いたようです。 そんな中、大邱ではチメクフェスティバルというお祭りが毎年開かれています。チキンの「チ」とメクチ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02